TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

オーナーズブログ

BRITPART



英国一 ドデカイ! パーツサプライヤー、それがブリットパートです。

大きく分けて 英国には ランドローバーパーツサプライヤーは3社。

その中でも群を抜いて大きなサプライヤー ブリットパート。


今回、ロンドンから約4時間かけて 訪問してきました。

2016031001.jpg
入口のセキリティも

かなりのもの。

ゲートがあり、誰に訪問か?

電話で確認を取らないと

入れてくれない。

当たり前?かもしれないけど

他のサプライヤーは何時も事務所の

前に車を止めてが・・・普通です。





2016031002.jpg
この倉庫、ほんの一部です。

こんなのが5カ所程あるのです。


中に入れば、パーツがギッシリです

EU圏全土をカバーしており、常時

国内だけでも 30台程のトラックで

回っているそうです。








2016031004.jpg
この倉庫は

EU以外に送り出すだけの倉庫。

直接、アジアや北米などには

輸出専門の会社を別途、設けて

輸出するらしい・・・

純正パーツだけの倉庫も維持して

とにかく、何でもある!ってな感じです。







2016031005.jpg
どのくらいの在庫金額か聞いたけど

ケタが違う為、訳せない(笑)

エンジン、ミッション、トランスファ、何でもある。

こんなにあっても無いと言われるのは

ホントに無いんだな。











2016031006.jpg
お金、取るからね!と

言ってたけど、このエリアには

ミシンが6基ある 女子、男子

関係なくミシンを使いこなす。


シートやキャビーボックスも

このセクションで製作している

外注かと思ったが違うんだね。






強度試験場もあった。

検査を重ねてから商品化にしているそうだが、それでもトラブルは出るそうだ。

やはり 世界基準レベルとは 環境や使用する人間のモラルによってもクルマに

化せられる状況は違う・・・ハイレベルな検査に進化して行くのだろう。



ジャグワーのEタイプのレストアをしているセクションもあった。

やはり、ランドローバーだけで無く ジャグワーのレストア、修理など極小人数で行うセクションもきちんと用意してある。

パーツだけでは無い情熱とジャグワーパーツの取り扱いにも力を入れている事、行ってみて始めて分かったよ。



どこも一緒だが、仕事を楽しんでいるんだね。

トップの役員さんと各エリアを回ったが、みんな緊張する事なくフレンドリーだった。


2016031003.jpg

3月1日から稼働する

新しい倉庫だ。

ここも見せてもらった。

中には1971年式の

クラシックレンジがあった。

案内をしてくれた

ポールのクルマらしい。







さすが、役員! この広さに1台だけのガレージ(笑)




ディフェンダーも残り数台の在庫になりました。

ひとケタとなり、寂しい限りです。


でもこの世界にはまだまだ、小生のテンションを上げてくれるクルマがあると思う。

楽しみ 無くして 仕事する程、諦めてはいない メンテナンスも 書きはしないが ありがたい程、入庫して頂いて・・・



次のギヤーは小生にとって 何速にシフトするのか? ディフェンダー無き後、それでも 探し、極上の中古を本国から。

それも また 新しい楽しみのひとつにして行こう。



ブリットパートには 日本の代理店としてもっと頑張って欲しい!って言われています。

こんなの見せられたら 終われないよね?

ランドローバーライフを!。




















2013120101.jpg

昨日、届きました。

 

1年に1度しか 出ない 雑誌

 

ゲンロク SUV。

 

今回の内容は レンジローバーの逆襲が

題材となっている。

 

レンジ好きには 最高にたまらない内容です。

 

 

2013120202.jpg少し 薄くなった気もしますが、

 

やはり内容は 自動車馬鹿って感じで

 

最高でした。

 

再度、レンジローバーは 4駆のロールスと

認識できる内容の記事も載っております。

 

 

 

 

 

2013120103.jpg小生も 2ページ の取材を受けました。

 

小生が提案するのは 乗りやすいカスタム。

 

そして、新しいスタイルの提案です。

 

正直、受け入れられるかどうかは分かりませんが

何もしないで、専門店です!と言っているのも、

どうかと思う  専門店です!と言い切る為に

一歩を踏み出す ディフェンダーで挑戦します!

 

そんな内容の記事を書いて頂きました。

 

 

自動車を どう楽しむかは 個人の自由です。 ファンションで乗るのもアリ だし

ラット な雰囲気で乗るのもアリ です。

 

でも、 つるし で 乗れる人は クルマにお金をかける人を どう、見えているのか 気になります。 

ゲンロク SUV の記事の中に 人と違う乗り物が好き! だから納車と同時に全塗装をしてオリジナルカラーで乗ります!

そんな記事がありました  そう言う記事を読んで お金が有り余っているから・・・としか   思わないのかなぁ・・・ 

 

 

でも、ひとつ だけ 共通して言える事があります。

 

 

とことん、改造しても 結構ですが! 乗りにくくなるクルマだけは 作ってはいけません。

つるし と同じ感覚で 1日中 乗り回せる クルマに仕上げて下さい。

 

 

ゲンロク・・・

今年1年 継続して 広告を 入れてきた。

もう少し 全国に ランドローバーを 好きになってくれる ユーザー を増やす為に

力を貸してほしい・・・ 無条件に クルマ が好き! そう言うユーザーに 教えてあげてほしい。

 

 

SUV としての 文化&歴史を築いたのは レンジローバーであり ランドローバーだと 言う事を。

 

 

 

来年は ポルシェマカンで イヴォークに追従するつもりで 挑んできます。

SUVの戦国時代に 来年は突入です。

 

ジャグアーもSUV マセラティもSUV ランボルギーニもSUV

 

来年も 楽しくさせる クルマたちが 登場しそうですね。 

 

 

 

 

 

 


円安と電気料金。

最近のニュースでちょっと考える事がある。

 

まずは円安。

 

これは小生も予想していない出来事。

もともと自民党ではダメ!という事で民主党にチェンジしたはずの政権がまた自民党に戻ったくらいで

こんな短期間に円安とは・・・想像できなかった。

輸入事業をやっている為 つねに為替レートと経済ニュースに耳を傾けていたが、年末にこれほど

円安になるなんて誰も言っていなかったと思うなぁ・・・ 今じゃ石油製品は軒並み値上がり、ガソリン価格も

毎週値上がり傾向です 勢いを増す会社が出てくれば景気回復もありえるだろうが、やっと景気が動き出すぞ!と

思いたいけど すべてが値上げ続きで、テンションもあまり上がらない・・

 

そんな時 東北電力が一般家庭に置いても11%程度の値上げを政府に申請した。

さすがに、このタイミングだと、ついつい輸入原油の輸送コストと円安による為替の影響か?と思ってしまう。

でも、東北の発電所の70%は 石炭である ほとんどが原油ではないのです。 

石炭についても確かに輸入によるものでありますが

原油の輸送コストと比べても安く、しかも原油より格安燃料です。やはり震災の影響による

修復費用の大きな負担も値上げ原因の一部でもあるかも・・。

 

小生が考える程度ですので、もっと複雑な問題があるかもしれませんが でも これだけは確信があります。

24時間、又は12時間 フルに工場を回している会社は500kw以上の契約ですと、

今の電気代より¥1,500,000-程 光熱費が変わる計算です。

その¥1,500,000- 上がる光熱費は 商品に負担をかけるか、収益の中で消化するか ふたつにひとつ です。

 

確実に商品単価は上がるでしょうし、すぐには雇用も増えないでしょう。

 

本当に経済効果が出てくるのは6月過ぎ・・・? (あくまで小生の意見ですが)

 

小生ではあまり詳しく上手に説明する程の頭はありませんが、ガソリン高騰となると またエコカーに視線が集まり

燃費の悪いガソリン車は非国民のような目で見られるのがつらい・・

 

じゃぁ みんなで ヂーゼルに乗ろうよ、だって日本は精製した軽油を輸出しているじゃないか!

国内需要を増やす為にも、マツダと競い合いながら クリーンヂーゼルを円安に負ける事なく輸入してやる!

 

 

 

 

ヂーゼル、ヂーゼル 言うな!ディーゼルだろうっ!いやいやヂーゼルでしょ?マツダさん。

小生、タイタンにヂーゼルエンジン って書いてあるステッカー見た事あるよ。

 

今年のマツダは ルマンに クリーンディーゼルで参戦するらしい。

出来れば クリーンヂーゼルにこだわってほしいなぁ~。

 

 

どうでもいいか、そんな事

円安と電気料金。 には関係ないや。

 

 

 

 

 

 

 

 


希少車。

クルマを購入するときに

そのクルマは リセールがあるか、無いか、などは普通 考えないだろう。

日本車の場合、限定車イコール 希少 とはならないが、海外では 限定車イコール 台数限定 が基本です。

 

日本は良くモデルチェンジ前にプラットホーム上にある車輌に付加価値を追加する。

 

外国車は?うん、似たようなものかもしれない でも外国車の方か得した感じが強く出ていると感じるのは小生だけであろうか。

 

簡単に言うと リセールが出る車輌は 今では作ることの出来ないエンジンやボディデザイン、そして付加価値。

この3点がスパイラル状に絡んだ時にリセールが出るのだと思う。 車輌を購入する決め手の多くは実用性だろうが、

以外に価値の出るものは、実用的なのは 二の次 って事のほうが多い。

 

とても高額な車輌は別として

レンジローバークラシックにも もの凄い 限定車が存在いたします。

 

2013010603.jpgこの車輌を3台所有しているショップオーナーのクライアントは

英国芸能人やスポーツ選手が多いと 言っておりました。

このレンジローバー、特に 変わった所は無いように見える

でも、この車輌 世界で1台しか作らなかった車輌です。

200台の限定車の中に1台のみ 左ハンドルを製作した

車輌です。

 

 

 

 

 

20130106.jpgドアヒンジが特徴な CSK。

クラシックレンジを数多くレストアし、この日本に排出している

ショップなら、1台は ほしい車輌ではないでしょうか?

小生も一度は 真剣にこの車輌の購入を考えたが

ついつい、ディフェンダー購入に資金を使ってしまった。

 

 

そう、年式なんか何の意味もない!今ではディフェンダーの

新車価格以上する。199台は右ハンドル生産、

1台は左ハンドル 200台の限定車。

 

 

もちろん英国車だけでは無く、ドイツ、イタリア、フランスにも 存在するだろう・・限定車。

 

一生乗るからリセールなんて気にしないよ、 というユーザーは少なくないが、せっかく手に入れたものに価値があるなら

正直 うれしいと思うし、古くなったら なんでも鑑定団に出せたらいいなぁって(笑)冗談で言っているのもまた楽しい。

 

 

小生が写りこんでいる写真ですみません。

後ろに見える真っ赤なマセラッティ。 防弾ガラス仕様で 燃費は1L、1MILだそうです。

マセって言うところが納得です。

 

 

捨てない文化は日本にも必要な文化です。

いいものは捨てずに直してみませんか? 

クルマも人間関係も?。

 


Kahn Design.

今回の訪英は5日間

フルに気になるカンパニーを訪問し、新しいものを見つける事が目的です。

(正直 1月はいつも暇な時期でもあるので、色々な所にアポ取りをしております。)

 

まだまだ、日本に直接入って来ていない部品がたくさん存在します これだけインターネットが普及しているので

情報と映像だけが先行して、実際 手にとり、目にする、なんて どうでもいいくらいの時代ですけど、

やはり行って見てくるものは 別格にすばらしいと思う。

今から行き先を全部ご紹介する訳にはいきませんが 

Kahn をここでご紹介いたします。

2013012602.jpg去年から製作していた事は分かっておりましたが

ようやく、目的を達成したらしくストックリストにアップした。

90XS をベースに作り上げた DEFENDER です。

この車輌の購入をしようと考えております。

もちろん、他にも購入を考えている車輌が

ございますが、それは後ほど。

 

 

 

 

 

2013012601.jpg今が旬のダイヤステッチ。まだまだ無心に作り続ける

バイエルンクラフトマンには負けるかもしれないが

かなりショーカークオリティに近づいてきている。

外装は見ての通り、ワイドフェンダーボディ。

サイドダクトの意味なんてないけど

シルエットスカイラインのようなフェンダーが

たまらない。

 

 

 

2013012603.jpgこちらのホイールの取り扱いは開始しております。

18inchをベースに輸入しております。

間もなく、オートモーティブが輸入している、

カーンスタイルの ラングラーも出来上がります。

ラングラーの場合は20inchをベースに仕上がる予定で、

ヨーロッパの味付けをし、かなり上品な仕上がりを

目指しておりますので、ご期待ください。

 

 

日本にもディフェンダーショップはありますが 本国に比べたら、覚えられる程度です。

その覚えられる程度の中でも、タイプの違いがあります。

 

外装にこだわるとか、足回りにこだわるとか、4WDにこだわるとか、

 

小生が考えている ディフェンダーショップは オリジナルです。

自分が気に入ったものを自分が納得できるスタイルにし、

自分が購入するなら、この価格かな?って考える。

 

正直、2年前の今頃は自分ひとりの力で輸入すらまともにできなかった。

排ガス試験や、ブレーキテスト、加速騒音試験など・・人任せだった小生。

 

これでは、自分が思う適正価格で輸入し、販売する事ができなかった。

 

でも、人は必ず進化します! 誰でもです ちょっとしたきっかけと努力をもってすれば、

必ず、進化することができます。

 

現在、信頼できる人で作り上げたチームが完成し、すべてを自社にてクリヤーしております。

去年の今頃のオートモーティブと比べても 違いがあります。

 

円安は進んでおりますが

もう少し、小生が購入する条件の 安定と価格、そしてサービスを

継続するつもりでございます。

 

 

写真のクルマなど、乗ってみたい方がおりましたら ご相談ください

 

必ず、力になります。

 

 

 

 

 

 

 


今年の終わり。VOL.3

WAN.JPG

英国の犬です。

これだけじゃ 分からないけど。

ペットも不景気の影響を受けたのは間違いない。小生の家でも 猫が2匹いるのだが、クリスマスプレゼントはちょっといつもより高い 缶詰だけで終わりです。もともと小生は若いうちからあまりクリスマスのイベントは好きではない為ほとんど家にいるのが毎年の事。

 

 

ペットブーム。もそろそろ終息傾向ですよね。みんな不景気だから・・・と言って

ペットを一人ぼっちなんかしてはダメですよ。みんなは分かっていると思うけど。

この話も 今年の終わりに関係するんだけど ブームって必ず毎年ある。

もちろんブームに乗るひとも居るだろうがブームと無関係と言うひとも居る。

クルマにもブームがあった。あのポルシェでさえSUVに手を出し、スポーツカーのイメージを残しながらも

だだの流行車を作った。早いのがポルシェでは無い、ポルシェが造るSUVに意味がある。などいい

小生には良く意味が分からなかった。小生にとってはコンパクトなエンジンで最高のトルクとハイスピードが、

ポルシェだと思っていたから、正直 ちょっと 発売した時は がっかりしたのを 思い出してしまう。

 

流行に乗るな!とは言わないが、定番と言われるものこそが 必要ではないか?

ペットは必ず小生より先に 死ぬ。 分かっているのに 亡くなった後でもまた飼う。

全く似てない話です。だから比較する。壊れるけどまた乗りたくなる、不景気とは

全く別物。不景気だから、売れないから、流行ってないから、そんなカテゴリーでは

輸入車は乗れない。 ただ純粋に好きなだけ・・それでいい。いやそうであるべき。

 

不景気でもペットはかわいい。そう聞いたら、不景気と関係ないでしょ!思うでしょ。

輸入車も 小生にとっては 同じ なんだ と 再確認した1年であった。

 

 

 


SWAP MEET EUROPE.

suwap.jpg

この写真は今年9月に開催したショーの一部です。(これから少しづつですが、アップして行きますのでお楽しみに!)

日本では、こんなのすべてゴミにしか見えないでしょうが、海外では立派な部品です。こうやってみんなが環境を考えて エコ しているとも言えるであろう。掘り出しものが見つかりそうな気がして楽しい。日本でもアメリカ車が主役となって行う、ショーに足を延ばして見に行くとここまでは行かないけどやってますよね。

このショーは年に2回 行う。来年も、もちろんやりますので、興味のある方は、是非 ご一緒に行きましょう!・・でも 仙台からだと、移動時間だけで21時間程かかるけど。

 

suwap 2.jpg 

これこそが、 本当の エコ  。

捨てるものなんか 無いと言う位、みんなが目を子供のように 光らせる きっと 楽しくてしょうがないのだろう。もち、歳なんか何の意味さえ持たない。小生はいつも このブログで伝えているが、新しいものは 快適である事は 当然。 でも歴史に残さなければならないクルマとは また別問題。でも、希少車では手が届かなかったりするんだよ。

だから、スワップミートに出かけて、何か無いかと探す 自分だけのカスタム パーツに出会う為。もちろん カスタムだけでは無いだろうけど・・。

 

カスタムは 自分自身のこだわりと比例する。

自分が身につける装飾品だったり、洋服だったりと、

クロが好きな人は、全身クロ服を着たり ゴールドが好きな人は、ゴールドを身にまとう。

古着が好きと言う人だって少なくは無い。 それでいい・・個性とセンスは別だしね。

 

自分自身が欲しいと思うものこそ 宝物 となる。

他人には ゴミ でも。

それで、いいんだと思う。

0001_8.JPG 

  

それとも、今、みんなが欲しがっている

でんきじどうしゃで満足するかい?

 

 


時間という時代。

0002_5.JPG もうじき、走りやすい季節が終わろうとしております。

東北は 一ヶ月もしないうちに雪が降るかもしれません。

本当ならスタットレスタイヤなどの紹介をすべき時期でもありますが、ブログは相変わらず、個人的ネタと感じた事が主軸となりそうです。でも、何とか、皆様のおかげでこの不況中

経営し続けている事実を改めて思いながら季節の移り変わりも同時に感じております。突然何を言い出すのかい

と、思うユーザーもいるだろうが、やはりしみじみと、クルマ好きが減ってきたと感じている!クルマや単車が趣味?・・

 

現在、色々な楽しみ方があり、趣味趣向もアナログからデジタルまである時代。

この間、TV を観ていたら、TV-CM ベスト3をやっていたんだけど、その、

コメントが、もう今の時代には2度と来ないCM だと言っていたことが気になった。

 

新幹線で人を待つ、ただそれだけのCM だが、どの列車で来るか、それとも

到着に間に合うか、すれ違ったら・・と色々な想像が飛び交う、今は携帯電話

や携帯メールがあるので事前に連絡は当然のこと、だから何時来るか分からず

待つなどありえない。待ち合わせの間に時間つぶしのように携帯を使う時代、

 

時代はデジタルが進み、生活はとても楽になり、情報も自宅にパソコンがあれば、

何でも知る事ができる・・・そんな時代で今、小生が言う、特化した付加価値

は、現代人には伝わるのかが、多少心配になる。みんなと同じクルマ・・みんな

と同じ、趣味・・それが現代人の共通している事であるならば小生はこの時間

 

には、乗れない。

 

もうじき、使い捨ての時代は 終わる と感じている。

そう思いたい、思っていなきゃ、修理工場は消滅する。


AUTO LOGIC AIR WAY BILL.

logic1.JPGようやく、一段落してきたので、テスター関連の続きをお話しましょうか?

今、凄い車輌が入庫中なのだが、先に中途半端になっているテスターの

報告だ!何時だろう、2週間程前にukからダイレクトに到着した、ロジック。

このテスターを来週、九州(福岡)にお届けしてきます、きっと待ってるだろなぁ、約1ヶ月程費やしたからね、もう少しの我慢だね8月5、6日でみっちり講習してあげますから。と言う事で小生は来週、出張となりました!

 

スペックなどは、以前軽く説明したから、多くは語らないけど、インターネットも追い風なり、身近に感じる 海外製品ではあるが。

仙台に居ながら、確実にデリバリーしてくれる時代と、人とのつながりには、何か感動と同じ気持ちになるよ、お金払えば?

当たり前。そうじゃないよね、デポジット払っても来ない話はホント多い、だから、小生は必ず、足を運ぶようにしているんだ。

 

わざわざ、行かなくても、メールと電話で 十分じゃないの?

今は、スピードの時代だよ、きっと、そう言う人の方が多い?

 

小生は、電話が苦手だ、上手に伝える事が、できない・・

だから、気軽に来店してください、社長何て 名ばかりで

普段は ツナギを着て作業やら、洗車やら、何でもしている

 

そんな、ちょっと古い人間だよ、小生は。

 

p.s

このロジック社、イギリスのオックスフォードシャーにあるんだけど、

行ってきたよ、地球の反対側に住んでる日本人が、何しにきたの?

あっ、ちょんまげして無いんだ!バリのジョークでお出迎えだったなぁ

今度行ったら、こちらから何か言ってやろう!と今から練習している

小生でした。

logic.JPGのサムネール画像 

 

 

 


地下鉄。

underground1.jpg

英国では、アンダーグランド。米国ではサブウェイであろ。

英国が多分 地下鉄の元祖だと思うが、どうかな

第二次世界大戦中は、もう使用していたのだから

確実に日本や米国なんかは目じゃないだろう・・。

 

右横に見える電話ボックスだけど、このデザインは、

何から採ったか 分かるかい?

何かに似てないか、そう、墓石

日本では棺おけに似てるかな。

  

2008_09eng002.jpg

この、かまぼこのような電車が英国の地下鉄です。

大柄なイメージがあるが、中はホント狭い、だってトンネル

自体が小さいのだからしょうがないか、当時は鉱山

貨物列車として使われていたようではあるが・・・・。

それにしても小さい電車だったなぁ。(かわいいけど)

 

  

どんな物にも、必ず意味がある  小さく造る意味。

墓石のデザインである電話ボックス これにも意味が。

 

意味ある事を する。

意味ある行動をする。

その車を、選ぶ意味。

 

意味の無い、車選び

 

この写真を撮った意味。

 

必ず意味を持て、必ず。

こだわる事は大事な事。

 


LONDON EYES.

2008_09eng056.jpgのサムネール画像

小生、最近はヤフー先生でニュースを読む事が非常に多い。ほかはどうですか?

今日のニュースではロンドンの観光名所であるビックベンが150年間、時を刻む。と

書いてありました。すごいね、実は小生も観光してきました(その時の写真)

しかも、向かい側にロンドンアイ という大きな観覧車があってそこからの眺めは、

最高!って言うか、ロンドン市内を一目で見渡せる乗物でした。(かなり大きい)

 

それにしても、凄いね150年。 日本の150年前って何があるのやら・・すべての市民が利用できる建造物 しかも時間を知らせる。

時間かぁ、最近は体内時計も加速している、とにかく1日が早い、加速というよりワープだね!自分の歳を 本気で忘れる時があるよ

 

 

2008_09eng061.jpg

左の写真これがロンドンアイです。ロンドン観光をする際は絶対乗るべきものです。

やっぱり、2階建てバスを使って、好きな場所で降りて、また好きな場所で乗る

博物館をみたり、寺院をみたり、歴史ある街は楽しい、時間がホント足りない。

時間は目に映らないもの、真っ暗な部屋では時間の流れは分からないだろ?

電気もそう、目に映るものでは無い、だからどちらも大事に使う、絶対必要な物

 

 

今日は朝から雨です。今も降ったりやんだり、時間が少しいつもより流れが遅い感じがする。でも時の刻み方は毎日いっしょなんだ

最近は良く工場閉鎖や、支店統合、ワークシュアリング、自動車レンタル改正、とすべてを合理的 かつ、シンプルになりつつある世の中です。

ロンドンだって例外ではない。それを150年以上 ずーと 上から観ている目。自分は何も変わらないが廻りは変化する。でも最近は

ちがうかも。

自分は変わりたくないが、廻りが変えようとする。古くて何が悪い、何故、新しいものがいい、誰が決める、ハイブリッドだけじゃさ、

環境なんて何も変わらないよ、だって物を作る事態、エコではないからね 工場が閉鎖で誰が困る、それは自分たちだろうさ・・・。

エンジンを整備して爆死した話はゼロではないだろうが、ハイブリッドで感電死した話もゼロでは無いどちらも時代にあったリスクがある。

 

 

だからこそ、もう少し人も物も大事にしたい、今日はそんな心境の小生であった。

 

もっと、世界を知るべきだ、日本の政治家達。

もう、アジアのトップではいられない時間(とき)

 

 

 

 

 

 

 


旅。

europe.jpg

旅。みなさんは旅が好きですか?小生は孤独でいる事があまり好きでは無い

でも、人に気を使って旅するのも嫌である しかも団体って何処かカッコが悪い。

この写真は初めて一人でヨーロッパの電車に乗った時に写したのですが真っ暗。

飛行機は遅れるし、電車の乗り方も知らないし、降りる場所、間違えないように

と気は使うし・・でホトホト疲れた時に撮った写真です。でも降りる駅は終点でした

 

終点でよかった!って思ったけど、日本では あまり終点を見る機会が ないなぁ?、。

新幹線で 東京行く事は あるけど終点は見たことないし、仙台沿線を 利用する限り、

この写真のような光景には会わないと思う。STOP  END!  DANGER!・・・・・・・・・・。

寂しいく感じるな、終点を見るってさ、やはり終わりは見たくない、それが旅の途中でも。

 

始まりがあれば、終わりもある。

旅をし続ける事にも限界がある。

限界が見えているのなら、挑戦もしない。

挑戦しなければ、結果だって分からない。

 

先が分からないから旅を楽しめるのかもしれない、終点があればその先もあるのだから、限界も無ければ、END も無い。

旅、。必ず一度は、一人旅をするべきかな?自分のポテンシャルとキャパシティが見えてくる そう、自分知る事はとても大事だ。

 

ところで、

みなさんは飛行機派、それとも電車派、はたまた豪華客船派。

小生の場合、エンジンさえ付いていれば、何でもいい派!・・・・? 


DECARE.

2008_09eng018.jpgデカールの山、デカールという言葉はフランス語らしいがとにかく凄い量なのだ!

これは ランドローバーに、関係があるデカールですが、今日は珍しくランドの話。

でも、結局はBMネタにはなってしまう、本日 ご契約いただいた車輌ですが

BMW製のエンジンが装着されている レンジローバーです。しかも純正装着車輌

この所 弊社はディーゼルに力を入れている。クリーンだし、安いし、燃費もいい。

 

そして、安心のBMW製エンジン!ここがとても引かれる点だ。BMWジャパンが設立されてからは、一台も正規輸入されていないが。

まさにプロショップでしか取り扱いが出来ない車輌なのだ、エンジンモデルナンバーは M51 となる。エンジンモデルは弊社のような専門店が良く使う専門用語であり通常は2.5Lディーゼルインタークーラー付ターボエンジンと説明すればとても分かりやすいでしょうか!BMの場合、奇数がディーゼルで偶数がガソリンエンジンとなる良くM52とかM56とかアルミ製がどうの、とかの話をショップ&専門誌でするのはエンジンの事

 

車輌型式とは違う。

 

小生、これからはディーゼルをもっと知ってもらう為、輸入を続けて行こうと思う。

次は、X?5のディーゼルなども考えております、昔のようにガラガラしないしね。

最近では、アウディがルマンで使用した実績だってある、もちろん、小生の場合、

カスタマイズも同時に考えているまずはパワーアップからかな、大型インタークーラーとか

大型タービンとか・・あ?色々考えているとまた楽しくなってきてしまうなぁ・・・・。

 

こんな事考えるのは日本人だけか?いや、世界は凄いマニアがもっといるよ。

 

 

 

 


JAPAN MADE.

2008_09eng006.jpg

最近、UKの話が多くて、飽きてきた頃ではあるが、

今回も 歴史的にも 変化して行く 話しをしたい。

 

この写真 良くみるよね?(TVとか旅行パンフとかで)

これは、ピカデリーサーカス ロンドンでも かなり有名な

観光スポットである!

サーカスと言うが、サークルの事、ちょうど交差点の中心

に位置している、 ここに日本でおなじみの看板が

ある事に気づいたでしょうか?気づくよね。

上から、TDK この会社は 秋田県に工場があり、秋田の雇用を支えてきた メーカー、下は、 これも

有名な 電気メーカー  サンヨー  です。

秋田は同じ東北にありますが以外に仙台から遠いのです、車でも電車で、行っても 変わりません。

でも、秋田で唯一 世界進出を果たし、ここに マーク を 残した、その会社がかなり生産を減らし

今は全盛期から40%近く落ち込んでいる。 

次に サンヨーだが もともとパナソニックの いとこ って知ってる方も多いかな? そう、親戚同士である。

こちらも世界進出を果たし ここに マーク を残してきたメーカーです、それがパナソニックに吸収されてしまう

 

サンヨーはパナソニックには出来ない、独自の発想と開発を今日まで頑張ってきた、TDKも、雪深い土地

の中で、天候に左右されない テープ の開発などに今日まで続けてきて現在ではディスクに変わった

 

CDではちょっと出遅れ感があったような・・

 

日本は世界が認めてきた 手の器用な 国 です。日本の製品クオリティは今だに、凄いと思う・・でも

全国の工場が悲鳴を上げているよ、もう世界が買ってくれないのかい? ここ、ロンドン に看板を出す

意味があるのかい?そんなふうに感じながら、この看板を眺めていたのを 思い出してしまったのだ。

 

時代と言う乗り物。 早いことに 気づく。

でも、早すぎて、方向転換が できない。

それでは、 流されて  終わってしまう。 

 やっぱり、体力が、 ものを言うのかい?

そんな 日本に 誰がしたのやら・・・・・。

 

 


世界一長い名前の駅。

uk-4.JPG

この写真も、以前 紹介いたしました、英国に住んでいる ビジネスパートナーから 送っていただいたもの。写真を送ってくれた本人の写真は一切無いのが残念。

でも、とてもまっすぐでいつも 感じがいい人、やはり

住んでる環境って性格にも影響するのかもしれない。

 

 

この写真を見て、なんて読むの?と 即、メール、。!

その質問の返事を読んでやはりこの人まっすぐだなぁ!

  

などと、関心してしまった。しかも、読みやすいカタカナ英語で教えて!と聞いたので、ホント分かりやすく

説明してくれた、でもカタカナなのに小生、うまく読めなかった!ほんと難しいんだって、英語圏なのに・・・・

では、 パートナーメールを少しだけ添付しちゃいます!ほんと、むずい、口がゆがむ感じって言えば分かる?

 

 

 "ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ"

です。Llaのような、Llがつく音は実際ラではなく、口の両脇から空気が出るような音で、chはあまり美しくはない、例えばフランス語の『r』にちょっと似ている、のどの奥から息を勢い良く出すような音です。因みに、聖ティシリオ洞窟前の渦巻く早瀬のそばにある白いハシバミの木の近くの窪みにある聖メアリ教会、と言う意味らしいです(^^)観光客を集める目的で、いつかの女王さまだかがつけた名前と聞いています。

 

 

 ホント丁寧だよね、でも、うまく友人にも駅の名前教えてあげられない自分が居たりするんだよね・・

だって、絶対こんな長い名前の駅で待ち合わせなんて出来ないし、今、何処?って聞かれたくない。

 

もし、この駅に行く機会がある方は 是非、小生に連絡を!今、何処って聞かせてくる?絶対笑えると思うんだけど。

日本人はシッポマデア?ン?って言うと フランス語に聞こえたりする人種だからね!(笑)。(たい焼きの話だよ)

 

なんか、世界一になる、価値 の話をしたかったんだけど、方向性が変わってしまってすみません。

でも、とてもきれいな写真でしょ、また パートナーから珍しい写真などが着ましたら時々紹介します。

 

 

P.S

 駅の説明してくれた ひと。すごい目標をもっている ひと 

後悔なんかしない  ひと。 なんかじゃ終わらない ひと 

 

 

小生、 は語らないようにしている、 夢 で終わりたくないから

だから 目標って 言い換える、目標 であれば達成できるだろ?

あとは、レベルの問題か?いや、違う 低い高いは問題じゃない、

 

あきらめることこそが問題なんだ。小生もこの不況な自動車社会

で、あきらめる事無く、続けていきたい。

だって、走る歓びを知りたいから。!