TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
J&L
AMD
MLA

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

オーナーズブログ



ブリディッシュレーベルはローバーミニも

強い!って知っていましたか?


ミニは、今の時代を快調に走らせたい!ならレストアが必要な車です。

錆びる、腐れる、エンジンが止まる、水が漏れる、クーラーが効かない

どんなに新車から乗られていても経年劣化をモロにうけちゃう車です!



20180529001.jpg
関東のお客様から依頼を受けました

オールペイントや腐れの張替えなど

細かい仕上げをするなら駐車場の

事情や物価を考えて東北が一番!

元色はレッドですが、見えるところ

などは全て色を入れております。








201805290004.jpg
N様、もう少しですね!

バーフェンも純正より張り出します。

燃料タンクも下ろしクッションも替えてます

もちろん、3重構造のトランクの腐れなども

キレイ さっぱり、張り替えました!(笑)。










20180529005.jpg
良くここ、腐れますよね?

しっかり、治して下から覗かれても

自信をもって見せてあげてください!。

ミニはランドローバーに比べ、とにかく

部品がある。そこが救いなんですよ!

治したくても部品が無いのは一番心が

苦しくなってしまいますから。






201805290002.jpg
ガラスモール、エンブレム、ストライプ

すべてオール新品交換が出来ます。

ついでにエアバックも外して

モトリタなど入れちゃいます


予算も決めてレストアをする

事も弊社では、可能です。







小さなお店です

ブリディッシュレーベルは。

でもね、知識と経験と人脈はどこよりもあると小生は思っております。

大きい店では無いけど (やれること)多いお店です。



関東圏は日帰りできます。

英国車のレストアなど ブリディッシュレーベル今野にご相談下さいませ。

小生の趣味?センスも少しは入ってしまうかも知れません(笑)が

納得な物を予算に合わせてご相談に乗ります。



"レストア"

エンジン単体のオーバーホールも可能です。

エンジン、取りに行きますよ!(笑)。



そこまで自社で出来なきゃ

レストアが出来るよ!なんて

口に出しちゃダメだよね??




自信もって弊社は言います

ローバーミニの"レストア"出来ます。


















AMDワークショップとJ&Lとで開発及び通信販売を行っております。

これは、売れる!商品開発ではありませんが こう言う作業が出来るんだ!?とか

これをヒントに自分が乗っている車の加工もお願い出来るかな?など考えて下さい。


20180528006.jpg
NISSAN NAVARAのアームレスト

パンチングレザーをセンターに入れる

ステッチは純正と合わせてコーディネート














20180528008.jpg
サイドブレーキレバーグリップ。

ステッチはヨーロッパステッチで

縫い目をあえて上に向けております

これも、レッドレザーのパンチング












20180528007.jpg
ここまできたら、ここは鉄板でしょ?

レザーシフトもツートンレザーです

細かい仕事ですよね?小さい所まで

気を配ること。 

3Dプリンターでは造れないしパソコン

でもダメ・・ザ・手先職人の技術です








3点セットであれば ¥60,000-でご提供できます これにハンドルをプラスすれば

全く違う雰囲気で これまた、乗る楽しみがマシマシになりますね。



ハイラックスやナバラ、BENZのXなどのピックアップが、ドンドン増えてくる事を想像しながら!

日々開発をしております。現在は3インチリフトアップキットとボディリフトキットを国内開発

しております 少しナバラはリヤが弱い点など改善し、粘り強い足回りに仕上げていきます!




東北は大きな災害を何度も経験しております、2年連続で河の氾濫が続いたり、震災や土砂崩れ

など・・山が多いからしょうがないよ!と言えばそれまでだけど・・・泥だらけになった犬や猫、

そのまま乗せてあげられたら・・など、色々考えさせられた経験をもとにピックアップやケータ

リングなどの提供をする事を決めた、その結果がワークショップというショップの始まりです。


売っているものでは 対応出来ない とか

もう少し運びたいけど、トレーラーが とか


取り扱いが少ない東北だけど

経験を力に変え、続けて

生(行)きたいですね。








どんどん、取り残されそうな小生・・

理解して行こうと必死に日々、勉強中です。





20180528001.jpg
こちらは、現行のメルセデスにある

コマンドオンライン無しの7インチ

モニターです。

コマンドオンライン?って

思っている人達はもう、

取り残されていますよ








コンマンドオンラインが入るとモニターサイズもアップし、MBアプリをダウンロードし、

スマホでキーレスしたり、窓を開けたり・・色々イジれちゃうのだが、こちらはその機能は無い

しかも、これは新型Xクラス(ピックアップトラック)なので正規輸入もされて無くすべてが手探りです。



20180528002.jpg
なるべく、純正の美観を崩さないように

と考えた結果インターフェイス&ミラー

リンクでオーディオ&ビジュアルを

日本対応に変更してみました

いかがでしょうか?

(余っているのはETC用です)








アームレストの下にはSDカード、USB1、USB2、そして車輌同期に"Bluetooth"のデバイスがある。

みなさん、知っていますか?今どきはAUXなんて存在しないんですよ?グレードを下げればあるの

かも知れないけどUSBにも2.03.0があるしね、車側は音の認識は無くなってメモリーとして音を

処理している感じです。後つけ地デジも もはや少なく、ナビを付けると言う感覚からTVを見たい

からナビを付ける!そんな逆転型の現代になって、後から地デジ?何それ?ってな事が現状。


そんなこんなで、Xクラスのオーディオ&ビジュアルは下記の通りで設定する事になりました!

① インターフェイス&ミラーリンクユニットに地デジチューナーを追加するタイプ

②パナソニックオンダッシュナビを純正モニターごと外し全てを入れ替えるタイプ



20180528003.jpg
地デジチューナーのアナログ音声を

デジタルコンバーターでUSB2.0に変換。

純正のデバイスで音を聞く!これ結構アリです

最近のMBは数年前から音にもこだわりを出して

きており、純正オーディオの音が

かなり良くなっております。








レンジローバーや、ジャグワーだけでは無いのです

でも、レンジローバーのスピーカーバランスは最高だけどね~。



20180528004.jpg
次はミラーリンクです。

これはスマホを使ってナビします。

スマホですからGPSアンテナの取り付けや

バック線、車速線などの取り付けは無くなる

ポータブルナビでほぼ、問題ない!と言う人

達はこのミラーリンクをお薦め致します!。








20180528005.jpg
YouTubeをスマホにダウンロードして

HDMI方式で映像を純正モニターに送り

音はアナログ変換するか、"Bluetooth"

で音を飛ばすかになります。

ちなみにミラーリンクユニットにはアナログ

変換したRCAが付いております。

"Bluetooth"は音が切れる・・とか

思っている人、アナログに変換がお薦め。




小生が言っている 意味が分かりますか?

ミラーリンクするならMHL方式が内臓されているスマホじゃなきゃ対応できませんけどね!

面倒ですので すべてセットにして提供致します 是非、ピックアップに憧れていた方達!

実用性があるか?ないか?では無く

何処にでも行ける

何でも乗せられる

これからはピックアップも大人が楽しむアイテムのひとつになると思います。

使いづらい事など無いよう、きちんとリカバリー致しますのでご相談下さい。




上記についての相談はブリディッシュレーベルでは無く

AMDワークショップの今野が担当致します。

英国車以外でも対応できる小生に ぜひ!

ご連絡頂ければと思います。




Xクラスの購入については?

モーターロジックカンパニーが取り扱っております。

まずはカーセンサーでお店を確認して下さいませ!

宜しくお願い致します。



































2年前から 社外アラウンドビューに力を入れてきました。初めはNISSANの特許?

なのかな・・と思うほど社外品は無く全く手に入れられない商品と諦めていたんだ

それが、いまっ!

最初はデータシステムのマルチスプレッターからヒントをもらい、TAIPEI AMPAで

色々と相談しながら研究し、2年の月日がかかってしまいました そうして完成した


弊社用語では "ゴッドアイ"(神の目) と呼ぶ 死角無しの優れものです

2018052503.jpg
今、2種類のゴッドアイがある。

1種類は普通乗用車用(5m未満)

もうひとつは中型&大型車に適応

の2種類があります。

もちろん、お客様(取り扱い車種)

に合わせた中心部車輌。それも

選択可能です。






20180525022.jpg
こちらは中型&大型車用の

フロントカメラです。

配線は完全に隠さないといけないのがルール

ハードケースにインサートしカメラの

回りにはLEDを埋め込んで

夜間撮影が鮮明になるよう

工夫したデザインです。






2018052504.jpg
かなり大きいのがわかる。

画素数も通常の2倍に設定。

中型と言うより大型にも使えるよう

幅をもたせてあります。












2018052502.jpg
こちらが画像。

180°や360°は切り替えで使う

ウィンカーにも連動可能で!

左右分割して確認出来ます

真ん中の車種は変更可能!

通常の種類に弊社が輸入してる

車種を追加プログラムしてある。






キャリブレーションも可能で、トラックなどは長さがまちまち、そこも自分で調整可能です。


時代はドンドン進化します 快適に さらに快適に!

どこまで加速するのか、分かりませんが

多少は時代の流れも取り入れながら

これからも開発して行きます。




P.S

今日はXクラスのインターフェース&ミラーリンクについて

スタッフ3人でお勉強をしました インターフェースにミラーリンクして・・

音はUSBでデバイスをそのつど 設定すれば・・地デジもスマートも・・とか言ってます。

でもね、基本は忘れちゃダメです 音にはアナログとデジタルがある事を。そこ、大事です。


自動車のモニターが巨大化してきておりますが、表示だけ大きくて解像度だけ多くてもダメ・・!

大事なのは発信&再生側との同期なんです!すべてをスマートホンでこなせる人達には理解が出来るのかな?


こんな勉強も今だけ?になるのかも知れないね

もうすぐ、クルマはスマートホン化する。 

本当は奥が深い話なんだけどな~

小生も頑張ってLINE?ヤルかな。

(爆笑) いま?さら?




















取り扱い開始。



只今、取り扱いを開始する為に準備をしております。

小生は英国車が担当でして、仕入れから仕上げまで全てに口を挟んでおります

007好きなら(笑)最後はここに行き着く気がしてました!と言うか、目標にしておりました。



ドイツ車が苦手?そんな事は無いし、嫌いな訳でも無いが いつも何処かヘソ曲がりでしてね・・

取り扱いディーラーが極端に少なくて、町工場ではどうにもならない程、情報が入らない車種!。

そういう悪条件を耳すると 益々何とかしたくなるのが小生 それが アストンマーティンだ!。



2018051306.jpg
とことん調べて、とことん、

コストパフォーマンスなど、

考えて・・

英国に相談しながら

準備しております。










2018051304.jpg
伝統のサイドベント。

2022年にフェラーリでさえ

全車ハイブリッド化を完了!

ドイツはディーゼルエンジン

の都心進入制限が始まるし!

英国では2040年には完全に

ディーゼル車の生産を終える

など、宣言しております。




2018051305.jpg
現在のガソリン車は低排気量プラス

ターボやチャージャーが主流です。

NAエンジンを楽しむのも、ここ3年

位で、ガラッと変化すると思うんだ

だからこそ、今なのかな?

NAを楽しむチャンスを

逃さないで下さいね。







安心して 乗れる体制を整えた時

一般修理&販売スタート致します

一般修理の受付はMLA又は小生にご連絡ください(今野)

販売店はブリディッシュレーベルでは無く モーターロジックカンパニーとなります。


さすがに外展示じゃ、英国車は部分的に弱るとこあるからねぇ(笑)。


繊細な車と言えばそうだが、革や天井の内張りなど

剥がれやすいのはランドローバーと全く変りませんね(苦笑)。



燃費向上と排ガスを抑える為だけにATを8速や9速まで増やし・・急加速は制限され、

ギヤを2速も落とさないと走れない・・車重が3tonあっても大排気量は要らなく

3リッター台程度の排気量で十分な現代です。





だからこそ、NAに心震えてみるのも違った

車の楽しみ方と言えますよ。





でもね、最高速を出す為にATギヤを増やしてる

認識は間違っているからね、そこは重要じゃぁ無い。






























RANGE ROVER。




ランドローバーの取り扱いを始めて何年になるだろう・・

修理を受付するようになって・・15年程になるのかな。

正直、初期の頃はかなりデタラメで・・と言うか何の資料も無いのに手探りで無我夢中で始めた。

ただひとつ、言わせてもらうなら、弊社はオープンから輸入車のみを取り扱ってきてます。そう言う点では

触りやすかった!と言うか、全くの素人では無いところが救われている気がしました そんな思いが蘇る。




2018051302.jpg
今、在庫である TD-V8です。

ところどころにブラックカラーを

施し今までの取り扱い実績を元に

展示前から対策整備をし、完璧な

状態にして展示販売をしている!

シートリペアや外装仕上げは当然

だがナンバーベースを日本仕様に

変更し細かい場所にも配慮します




2018051301.jpg
なるべくリスクを減らす為、走行は

少なめの物を限られた時間の中で

英国内で探し出しております。


色々な実績を積み重ねて

今まで来ました。









2018051303.jpg
これからも、継続をしながら

英国より輸入して行きます。
















レンジローバー・・。

ビスポークと言う言葉が似合うクルマ。

オプション設定を選択できるシステムを確立したのはランドローバーからだとも言われております。

それ、ズルいよ!と言われた時もありましたが1000万円定価のポルシェがオプションを含めると

1650万円にもなるのが普通の時代 "インディビジアル" と言えばそれまで!ですけどね。



ランドローバーが大好きなスタッフで仕上げております。

なぜこのモデルを一押しするか?のウンチクなど

一度、ご来店して頂き、聴きに来て下さい!



楽しい会話をしながらカーライフを

楽しみましょう。



片道2000キロを 明日から行ってみる?

そんな事ができるクルマ "RANGE ROVER" トルク、パワー、経済性、装備

すべてが同期して 走る楽しみを味わえる 全天候型 SUV。

雨だって、雪だって楽しめる。天気予報を必要としない SUV。


小生、お薦めします。