TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

オーナーズブログ

これが無いと・・・。




普段から 一般のお客様より 色々なカスタムを頼まれている日々。

英国車をメインに輸入し、販売している ブリディッシュレーベルですので

部品なんかも 同時に輸入したりするんだけど・・・全てがパーフェクトな輸入部品とは限らない。

同じ国のパーツメーカーなのに 全く意味をなさないものがあったり、こんな部品で納得なんて?

そう思える部品も少なくは無いのだ!でも、この日本には小生と同じ事を感じている人達がいる。

こんな部品があればなぁ・・・と思うと意外に日本の専門店が製作していたりと ホント、さすがです





2016102801.jpg
この部品は?と言うと

リフトアップには絶対に

必要となるものです。

モトレージさんから

購入致しました。


これじゃないとダメなんです!

イヤ、これしかダメです!。






今、2インチリフトアップをコイルスプリングとショックで上げる作業中です もちろん スプリングサポートや

リヤ用のコーンは最低限取り付けますが・・・でも、スタビライザーを下げなきゃ!って考える人が少ない・・・

ただ上がれば良いではダメです・・・テラファーマやブリットパートでもスタビ用のゲタ(小生語)は出てますが

全く意味の無いものでただのブロックに通し穴が開いているだけのものです ペラシャフトに当たるしっ!!




2016102802.jpg
90用と110用の設定があります。

もちろん、前後用を出しております

モトレージさん、

ありがとうございます。

小生、これが欲しかったんです。

この絶妙な角度が必要なんです

イギリスパーツサプライヤーでは

売っていませんし!(笑)。





リフトアップをしたいなら、最低限、このブロックが必要だと考えます。

ヨークの向きやジョイントの角度など、気にし始めたらキリは無いが 

ピンで考えてもこの部品は外せないな 小生の場合は。




2インチリフトアップ程度なら スプリングだけで十分だよ!なんて言うクライアントは弊社には居ないと

思っておりますが もし、その程度で十分!と考えている人は危険ですよ スプリングのみは止めよう



ちなみに、弊社デモカーにも付いております!

何処に付くのさ?って思う方、

是非、オートサロンで

確認してみて。





日本人の"心"が、ちびっと感じるよ!。

そう言う日本人がまだまだ居るんだな


小生もそう言う人達に

救われてる。



















本日、オートサロン出展についての正式な案内が届いた。

来年で4度目となる オートサロン。


毎回言っているが次は無い・・・次は無い・・・と

言いながら4度目となるとは・・・(笑)。


これで、本気で製作準備に入らせてもらえるって事だよね!

でも、間に合うのか? ちょっと不安ではあるが

頑張るしかない。


今回は2台、出展します 出展車輌は ディフェンダー110 アルティメット4(今年展示した車輌)をOFFからONに、

雰囲気を変えて出す!  もちろん!弊社オリジナルBRL20Inchを装着するが、タイヤ&ホイールだけで終わらないよ

もう1台はOFF寄りだけど、遊び心、満載の90です こちらも弊社オリジナルBRL20Inchを装着しての出展となります


ディフェンダーの生産終了から もうじき 1年です 去年6月9日でオーダーを打ち切り・・・あっと言う間の1年でした

デッドストックな新車や試乗車など 継続して探してはいるが,価格がかなり高騰してきております その中で出展する

意味が問われそうな"ディフェンダー"ですが"アルティメット5"と言って恥ずかしくない!自社にて製作をすると言う、

本来の形で望む所存でおります! カスタムを楽しむ! 原点に戻るような車輌をあと2ヶ月で何とかします、必ず



話は変わりますが?

"エンジン" について反響がありましたので 次回は弊社が輸入するエンジン&ビークルについて

もう少し話をしますね 来年、輸入する車輌の ウンチクも交えながら話をしたいと思う!





カスタムは ギャップがあってこそ! カスタム!

日本人が造るディフェンダー・・・変だよね?って

思われたら 小生の勝ちだよ

自社製作を誇りに

造りま~す。








意外と奥が深い タイヤ。

エンジンオイルの次に奥が深いかもしれない。

タイヤのデザインでクルマの見た目も変わるし、扁平率やワイド化にすれば、走行性能+さらなる見た目が変わる。

でも、メーカーによって同じ太さなのに幅が違ったり、フロントが良くてもリヤがダメ!だったりと 結構なノウハウが

必要とするところなので、専門ショップの腕の見せ所でもあります カスタムの入り口に位置してるタイヤではあるが

路面と命を支えている重要な場所とも言える、あまり簡単に考えても・・・。タイヤだって カスタムだ! って事だよ。



今回、弊社より、アルミホイールを発売する (12月1日発売です)

ディフェンダー専用になります (数量限定となります)


TD-5 と TDCI を兼用できるよう、絶妙なオフセットと幅での製品だ!。

そう、フロントに関しては TD-5とTDCIではトレッドがほんの少し違います。

多分、小生も自分でホイールを製作しなければ気づかないかも。

だから、タイヤの出幅を同じにするなら、厳密には

オフセット変更が必要なんだ。

2016102301.jpg
今回、3種類のタイヤでマッチングを取った。

メーカーも別々に2本づつにて手配してみた。

フェンダーから下げ振りでチュックをしながら

細かく作業を行う 扁平や太さなど変えたり

フェンダーからの クリアランスだけでは 無く、

真横から見た時の フェンダーアーチの 隙間

なども、細かくチェックをするのだが? やはり

メーカーによって大きくタイヤの見え方が変る




2016102302.jpg

タイヤでそのクルマの印象は大きく変ります!

そのショップがどんな物がお薦めか?

自分はどっちが好みか?(ON&OFF)

ちなみに、上のタイヤなら

最大で295までいけるけど もちろん、

純正フェンダーで!でも、何度も言うが

メーカーで太さが同じサイズでも変って

きますからね!お気をつけくださいまし。




2016102303.jpg
このタイヤはマッドなんで、ゴツくていいが

完全にハミ出ます!3cmは出るかな?

出るだけなら、簡単な事で対処できるが

ラジアスアームにもろに当たってしまう、

と言う事は今以上に外に出さなきゃ・・・

そうやって、そのショップが持つ

ノウハウは進化していくのだ。









タイヤ&ホイールは 簡単に聞こえるが、軽い問題では無いし

どのメーカーが細身かどうかはデーター取りをしてみないと・・・。


良く、タイヤサイズを聞かれます! 何を履けばって!

申し訳ないが 企業秘密です!(暴)。

専門店でご購入した方が

かしこいですよ。

















エンジン。




当たり前過ぎて 気にしてなかったが

高速道路を普通車同様に軽自動車や二輪車が走っております。

高速道路の制限速度は? 普通車なら100キロ、軽二輪なら80キロ?と思いきや

2000年(平成12年)からとっくに軽二輪も、100キロ制限に変更されておりました!



ダウンサイジング!と良く言っておりますが660CC100キロ速度巡航できると言う事になります!

最近のニュースでも 期間と区間限定で、試験的に110キロ制限にし、どのように変化するかモニターを

して行くと言う・・・東北では花巻北(岩手)から先の約40キロ区間と新東名の一部区間だそうだが、聞いた

話によると、最終的に問題なければ、区間限定になると思うが120キロまで引き伸ばす事を検討している

話をしてた。 確かに東北で言わせて頂ければ、一関を 越えたあたりから突然、走行車輌も減り、高低さも

感じなくなり、スピードを出してもさほど、緊張感が増えたりしない 全国にそう言う道路がもっとあるのかも



小生は年に2度、海外へ買い付けや訪問に行く、 出かける限り 買って帰りたい!と、言う想いはあるが

何も考えず 買う事はない。輸入車は整備、メンテナンスが大事!と良く耳にすると思うが・・・でも、以前に

比べたら 大分優秀になっていると思う、しかし専用テスターが必要不可欠だったりで輸入する側のメンテ

&設備投資も以前に比べれば負担増加傾向! 何か・・話が外れてきましたね、エンジンと言う題名から



その年2回の買い付け時期に合わせ輸入するモデルとエンジンを勉強している 。もちろん、ランドローバー

だけではなく、メルセデスやNISSANなども頭に入れながらだ!今年はレンジローバーやNV&NPなど・・・



今、小生の一押しは 国内では現実的ではない 5000CCクラスの見直し(国内に限りです)

排気量の大きさとパワー、トルクが全く意味を成さないクルマをダウンサイジングし、輸入する。

最近のディーゼルは本当に良い!パワーバランスがマッチしていると、乗れば誰もが感じるし。



今、ランドローバーで言えばTD-V8!このエンジン通常日本仕様だと5000CCV8だが

小生が輸入しているのは 3600CCV8 ツインターボ エンジン。 272馬力である。

もちろん、本国にはその上の4400CCのディーゼルも存在するのだが、パワーウエイトで

考えれば、こちらの3600CCの方が有利であるのとランニングコストがかなり変わってくる



小生の狙いは2007年~2011年までを輸入、少ない低走行車を足で稼ぎ、買い付けてる

クライアントに対してもなるべくリスクを減らし、新車時のようなパフォーマンスを楽しんで

もらえるよう 考えております、それが小生が思う ダウンサイジングです!燃費?これは

小生の場合は二の次ですが、今の燃料価格を考えれば、ディーゼルと言うだけで低燃費

では無いのかな? うんちくは長くなるので、この辺で一旦、"エンジン"は止めときますね



来年輸入するモデルと"エンジン"は決まっております 小生が現地で試乗し、これは!?

と言うものを輸入します もちろん、経済的にもイニシアルコストだけではなくランニングも

考えてだよ、多分2012年以降を輸入する 価格もどう抑えるかも課題になりそうだけどね




2016101801.jpg
これは来年出展予定?のデモカー

ディフェンダー用フロントバンパーです。

LEDのフォグランプをセンターに埋め込んでみた。

車検?正直 分かりません・・・持ち込んでみてから

ダメ!なら外せば良い、フォグの面積や位置なども

持ち込む事によって自分達の勉強になりますしね。








2016101802.jpg
そろそろ、オートサロンに向けて!

内定の連絡が入り、各出展会社は

"エンジン" が かかっている頃?。

弊社はやっとバンパーが出来た(笑)。

もともと、地味なランドローバーだから

目立つ事は考えて無いが、

ヨーロッパとジャパンの融合が感じる

デモカーを製作します!




アルティメット"5"と言う名前でね。












BARDAHL KIWAMI R40




2016101101.jpg
今回はエンジンオイルのご紹介です。

このバーダルオイル"KIWAMI" は、

弊社の熱い要望にて輸入して

頂いた スペシャルオイルです。













エンジンオイルは 本当に奥が深く、ショップの個性やエンジンへのこだわりがハッキリ見えてくる物です。

どこも言われている成分、配合、は バーダルに言わせれば当たり前の事。

パッケージにあるように エクストリームパフォーマンスオイル!どうしてもこれが

今のクルマには必要と判断し、半年以上も前から

オファーをし、やっと入れてもらった。




20161011022.jpg
常に在庫しております。

ナノテク は当たり前に

配合されております。


ガソリンエンジンのみの対応です

適応車種はかなり限定されますが

SUVに入れてダメ!と言う分けでは

ありません。






このオイルについては通販は出来ません(マッチングと説明が必要だから)。



価格も今まで扱っていたバーダルの中で一番高級なオイルです(それでもAMG指定オイルなんかよりお安いです)

必ず体感できるエンジンオイルになります このパフォーマンスを是非、試してみてくださいませ。

スポット輸入ではありませんが、何時まで小生のわがままを聞いてもらえるか・・・

もし、ハイブリッド(アイドリングストップ)車であれば、スイッチをOFFして!

アクセルを踏んでください。








7月の空と10月の海。



7月にツーリングをしてきた。

しばらく、休みを取らずにいたので連休を頂いた(7月の話だよ)

もともと、バイクは休む事(降りる事)なく、34年 趣味としている。

34年も乗っていれば、北海道は数回・・・と言いたいがこの歳まで1度も行った事が無かった。

何時かは?いつかは?と思っていたが 今年ようやく願いが叶い、スタッフにも了解してもらって

1200キロ程、走ってきた(1泊2日で!)




20161010033.jpg
7月の空

7月の雲

良く海外に行く話をするが

日本は本当にいい国です。

四季もあるし、季節の色が

はっきりしている。




20161010024.jpg
これは先週、納車に行った途中

パーキングエリアでパチリ!です。

日本海の海。

10月とは思えないほど暖かく

雲が高く、海が輝く。






20161010049.jpg
しゃれた事は書けませんが、

まだまだ知らない日本が沢山あります。

前に友人が話していたが、毎日の自分

が、どれだけ動いているか?を見れる

アプリがあると。






日々の自分は物凄く小さなフィールドで生きている事が良く分かるそうだ。

たまに、ロングドライブやツーリングをして、人生の行動範囲を記録してみるのも面白いかも。

日本だって、まだまだ いいところはあるし、ビックリ!するような技術や伝統が生きている。



日本は大きく変わるところにきている・・・と言われております。

でも、景色を見ていると、どうでもよくなります。

たぶん、100年前も、この土地に立った人は 

この景色をみて 同じ事を考えたと思う。





たまに無駄に走ってみてください。

おいしいものを食べ、五感を使う。

人にはとても大事な事だと思います。





今日の仙台は数日ぶりの秋晴れです。




久しぶりにヴァンキッシュで遠廻りして帰ろうかな。

DSCN402333.jpg












996 の悲劇。



このブログを始めた頃は

ランドローバーに限らず、入庫したクルマは良く書きました。

今回は久しぶりにポルシェネタです・・・預かったのは英国に行く前だったか・・・

症状は高速道路にてフロント?ブレーキ廻りから煙が出た・・・から始まったトラブルシュートでした。

ホイールの内側はオイルが飛び散った跡が・・・下回りをのぞくとステアリングラックがオイルまみれになっていた。

当初はパワステ? (エンジンはリヤだし、オイル漏れするならそこだけ?) としか考えておりませんでした。



2016101001.jpg
結果はそんな簡単な問題では

なかった。

デフからのオーバーフロー??

だった。

なんだ?オーバーフローって?

そんな事があるのか?

やっぱり、まだまだ

経験不足でした。




2016101003.jpg
フロントデフは ゲトラグ製品です。

ド真ん中にあるのにホイールまで

飛び散る程です。


始めに言い忘れたが車輌スペックは

996ターボになります。









2016101002.jpg
このサイドベアリングが破損していた

サイドシールを傷つけ、ドライブシャフトの

フランジよりオイル漏れを起こしたのだ

もちろん、デフも摩擦によって

温度上昇も引き起こし・・・・。













作業はとても整備性がよく、デフ自体の交換はさほどひどくは無い。

だが、ここからがブログネタになる話です。


このベアリングは単体での部品供給が無いのだ!出たなゲトラグ!BMでも聞いた事がある事を思い出す。

国内ではデフASSYの供給しか品番が無い・・・オーバーホールリペアキットなら?と探したが全くそんな情報は

存在しない・・・では、アメリカに聞こう!と問い合わせましたが、アメリカはもっと最悪でミッション付きになると?

ますます、大変な事に!?恐る恐るアメリカにこのデフの値段を聞くと!?200万円オーバー!だってさ・・・

じゃぁ、フロントデフASSYの国内定価は?? 120万円でした・・・現実的な値段じゃない・・・

クライアントの気持ちを考えたら 何とかしたい。


色々調べてみるとフロントデフを外し、2駆しているブログなども見た!(笑)

それは違うだろう!と独り言。



最終的には中古部品を探し、解決です。

ターボ用のデフなんか、そうそう無い!でも、神様は居るんだな!と思う。

この車輌の年式の偶然と ターボ用では無いが、フロントデフが見つかり、そして組み替えがきいたこと。



これで、また思う存分、ポルシェライフを楽しめますね!



勘違いしないでくださいね、安くなおったっ!とは一言も言ってませんよ!(笑)。

120万円のデフだって!ちょっと~定価設定が間違ってないか?と、2度程 聞きました。




大きさは軽自動車のデフより小さいかも(爆)。

ゲトラグめ、いつもコイツに悩ませられる。

20161010011.jpg


















ディフェンダー、TDCIのユーザーに必見のアイテムを紹介します。

小生、時々ディフェンダーに乗る時があるのだが、いつも思う事がある。

右腕に当たるエアコンダクトが無いなぁ~?結構、ハンドル回りが暑いな~って。

ダッシュボードのデザインを考えれば、右側ウィンドゥ近くにダクト(吹き出し口)は無理だろう・・・。


そこで、調整式ダクトをドライバー側に向けて走行する事が多い、時計の両脇にあるダクトが真っ直ぐを向いているから

大丈夫!後ろは冷えるでしょ?と思いきや、何で!センターダクトは調整出来ないの?と 言われます、寒いのかな?


2016100407.jpg
これ、どうですか? ん?何が違うのかって?

実は新商品なんですが、時計の両脇にある

フラップが可動するんです!。

ヒーターパネルは付属ですよ。

もちろん、取り付け済み











2016100406.jpg
この写真でわかりますか?

2DINキットを取り付けしている方は

時計の下の部分をカットして提供します。

でも、カットしている場所にズレがあると、

隙間が開いてしまうので、写真か何か

分かるようでしたら、施工して出します








20161004051.jpg
写真下手?分からない?

そんな事ないでしょうよ!

センターパネルはグロスブラックのみの提供。

色はオプションで変更可能です、どう?

風に当たり過ぎで肩が冷えひえ?。

とか、思った人は絶対に

感激すると思うなぁ~。









売り物ですが、本日 到着商品の為、

値段はまだでした。

専門店ぽいでしょ?

たまにいいよね?

こう言うブログ。










シフトノブのこだわり。



弊社のオリジナルシフトノブと言えば、手縫いで製作するレザータイプのみだが・・・

今回は英国に行った際に買って来て欲しい!と頼まれた商品のご案内です。


201610041-01.jpg
最近、英国でも勢いのあるショップTMD。

以前は 中古車店でしたが、今は

カスタムパーツのサプライヤーです。


7年くらい前に2台程、買った事があるが

今はパーツのみを購入している。

LROショーに出展しているのは分かっていた

直接、買えば 運賃も税金もかからない?

そう、思って買って帰ってきました。





2016100402.jpg
完成度は抜群な商品です。

マニアルミッション側は純正を外し、

純正のように差し込んでロックするタイプです。

純正と付け替えるだけの商品で、フィッティングは

文句の付け所がありません トランスファは写真

のようにノーマルシャフトをカットするようになります。

カットする位置にも意味がありますので、注意!






2016100403.jpg
こうやって、サンドイッチにします。

ホワイトの部分も多少削って

痩せさせますが・・・

しっかり削ってしまうと固定が

出来なくなりますので0.5mm

程度の隙間が開くようにする

そしてサンドイッチすれば

キッチリ固定できます。




2016100405.jpg
シフトパターンも表示してあります。

もちろん、トランスファー側も同様です。

細かいセッティングも出来て表示位置の

向きも返られますし、グリップの角度も

調整できます(トランスファー側のみです)










整備ネタやトラブルシュート、テスター診断など、色んな作業を行っておりますが

やはり、カスタムパーツは テンションが上がります!書いていて楽しいですね

整備ネタはやはり、苦労が多く・・・その苦労を思い出してしまうので・・・・


こんな感じの事をご紹介します。


でも、工場も狭く、クルマは大きくなる一方だし・・・

そろそろ、限界だなぁ~工場だけでも引越しを考えないとなぁ~。


値段ですか? 安くない商品です。

弊社のレザーシフトの倍はするよ・・・。

付加価値、付加価値!!!です。




ブリュッセル VOL2.



ブリュッセル南駅は

日本で言えば品川駅になるのかな?

品川なら東海にも東日本にも乗れるし、地下鉄もあれば、羽田にも行ける。

そんなイメージでこのブログを読んでもらえれば 理解しやすいかもしれない。


20161001022.jpg
これは南駅の地下になりますが

地下鉄の駅では無いんですよ。

地下トラムって言う、普通のトラムは

地下にはもぐらないんだ、日本で

言う、路面電車だからね!

今回はこの地下トラムで移動する

このトラムの駅、右手側は南駅!左手側は

違う駅となり、両側のドアが開閉する仕組み。





要するに左側のドアから出ると 南駅の地下道は通れない事になる。

考えられているんだろう・・・左側のエスカレーターに乗ると上の階にも別な

乗り場があるが右側は南駅にしか行けない事になる。


キップの買い方は簡単、キオスクと書いてある窓口に

5枚パックを買えば、十分間に合う(歩ける人はね)

5枚で約€9程度です。

市内なら端から端まで1枚のキップ(カード)で行ける。

出口には改札が無いのでそのキップは乗り口を通ればただのゴミとなります。

キップの回収はしない・・・だからポイ捨ても多い・・・よって改札はゴミが多くなるって事。




20161001033.jpg
坂の下にあるセントラルステーション(中央駅)

駅裏の坂を上ればそこにはトラムが走っている

駅の隣にはバスターミナルがあり、歩きたくない人は

バスを利用しよう!、小生の場合は歩く事が好き

なので、駅前を真っ直ぐ歩いていけば、15分で、

グランプラスまで行ける。









20161001044.jpg
途中に有名な協会がある。

名前はググってしまえば1発です。

アニメーションミュージアムの前を通って、

アーケードを抜ければ、そこはグランプラスです。













1.jpg
これがアーケード。

両側に色々なショップがある。

とにかく、ブリュッセルは食べ歩きの町。

大阪の方が似てる?かもしれないな

食べ物はおいしいですよ!。











20161001011.jpg
さすが、本場だけあって安い!

と思いきや、ワッフルにシュガーが

かかって€1でした!(笑)。

バナナと生クリーム、チョコレートを

かけてもらい、€4だってさ。

¥500-くらいになるのかな。








自動車屋のブログじゃないよね?

まるで観光ブログです!。

この日は日曜日だから

勘弁してください。


今、小生の頭の中はデモカー製作と来年、何を輸入するか?で、いっぱいなんです。

基本、好きなクルマしか輸入しないし、デモカーもディフェンダーと決めてはいるのだが・・・

まだ、頭の中をイメージが走ってない・・・駆け抜けるイメージが沸かない・・・そんな時は

気分転換は必要ですよね?仕事を楽しむ為にも、気分転換をし、旨いものを食べ、


良く寝てみること。


休憩が小生の場合、何分では無く ワンディ! そんな 日曜日にしてしまった・・・

20161001055.jpg





















ブリュッセル VOL1.



9月18日 日曜日。

この日は朝8時56分発のユーロスター(新幹線)に乗って イギリスからベルギーに行ってみた。

最近は ロンドンなら日曜日も大体は営業しているが、自動車関連の企業はほぼ、休み・・・全滅です。

なので、ここ数年前からは日曜日は自分の休日として使うようになり1人で過ごすようにしております。


ユーロスターは基本 日立製 日本の技術で走っている。

室内はやはりヨーロッパセンスです 新幹線とは違うが、USB充電やコンセント(GB)があるあたりは

日本人によるプレゼンかもしれないな?。ここ数年、よく利用しているユーロスター 中々ですよ!。



2016100104.jpg
たった2時間10分弱でブリュッセルに

到着しました。 でも、時差が

あります!1時間。

なので、到着は正午12時を少し

回ったあたりです。

もちろん、小生は日本人なので!

勝手にEU圏を行き来できません。

必ず、パスポートは必要になります。





2016100105.jpg
雰囲気はあまり良くない(南駅)

ユーロスターのチャンネルターミナルは・・・

少しは明るい感じがするのだが、

アクセス用コンコースはかなり分かりづらい。

余談だが、英国を出発する際に出国の

手続きだけで、ブリュッセルではパスポートを

使わないから、手に持って歩かない方が

いいと思う。(南駅の治安はかなり悪い)





2016100103.jpg
いくら日曜日とは言え

正午にしてはかなり、人が少ない感じです

ここは南駅の駅裏と言っていい場所かな?

この駅裏側に出るのはお勧めしない(笑)。

ちょうど、正午なので、グランプラスを目指して

トラムに乗って中央駅を目指す。

今日は日曜日、バスやトラム、地下鉄が

すべて乗り放題、フリーサービスディらしい





2016100102.jpg
中央駅からグランプラス(広場)まで

ゆっくり、歩いてみた ディフェンダーを発見。

石畳が似合うよ!とは言えないクルマだが、

やはり、存在感が他車をはじき飛ばす程

なにか、パワーを感じる。











2016100101.jpg
グランプラスにはゴディバの1号店や

パリでマカロンと言えばラデュレだが、

このブリュッセルにもある。


スタバはアメリカだが、もちろん

このグランプラスにもある。

相変わらずの晴れ男。

最高の天気でした。






フランス語は全く、読めない。 読む気もないが。

ドイツに比べて・・・言わせてもらうと英語がある程度通用する国です。

電車の乗り方など、次回にでもご紹介しておきますかね!

でもロンドンだけで十分、ヨーロッパは感じられると思いますが

ちょっと、違うヨーロッパも見たくなったら?

ブリュッセルは日帰りできます。