TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

オーナーズブログ

カウンシル 特典。


8月5日から 始まる カウンシルに

弊社は4台、持ち込みます。


このスペシャルな3日間にふさわしい特典を用意!


プライスダウンを致します!

もちろん、行った人しか、分かりませんよ。

だから カウンシルのスペシャル特典なんです。


2016080201.jpg
こちらの車輛は

世界限定600台

アドベンチャーリミテッド。

2016y モデルです

700マイルの極上車。

新車と言って問題ないくらい

パーフェクトなユーズドカーDef90。






2016080203.jpg
すべては見せません。

程度の良さは 現地で確認!
















2016080204.jpg
パンダカラーが実に素敵で大好きですね。

ユーロンホワイトがベースになっております。

パーフェクト!!














2016080206.jpg
知ってますか?

ただのケータハムじゃないよ。

レーシングフレームに載せ替えた

スーパーライトモデル。

危険過ぎて、すぐに輸入を

止めてしまった歴史がある








2016080205.jpg
カーボン&カーボングレー

R500。

このクルマが世界で一番

レーシングフィーリングを味わえます。

こんなスタイルなのにサーキット走行をしていない

ので、スペシャルなコンディションのままをキープです








2016080207.jpg
すべてがスペシャルなクルマばかりです!。

そんなクルマを4台も持って行くのだから

間違いなく楽しめるイベントになるような

気がして来ましたね!

明日は定休日ですが、休み返上で

準備致します。

休日出勤とは言え、準備だけですよ。

駆け込み修理は出来ませんから(笑)





十分、暖気した感じです。

木曜日に出発です。



途中、ゲリラ豪雨が無い事を祈ります。

着いたら 足元に金魚が泳げるくらいの水が溜っちゃ、シャレにならない



どれを出すか? まだ悩んでおります 当日 決めては ダメかな?








いよいよ、今週木曜日から

搬入が始まる、オートモビルカウンシル!

もう、全開モードに入っております!とにかく車輛が仕上がらないんだ。

今、まさにこの時間からの作業だ!やっぱり 休み前に納車してあげたい一般修理もあるしね。



いつもと違うショーに少し期待と不安が・・・

期待は マルシェという フリーマーケット?と言うのかスワップミート的と言うのか・・・ミニカーやアンティックなどが

即売品としてディスプレーされるみたいです!ヴィンテージシャツとか、昔ロゴのTシャツとか?結構、楽しみ。

来年は小生もマルシェに参加してみたいと思っております、今年はマルシェ用グッズを英国に行った際に

購入してこようかなぁ~



不安は来場者数・・・主催者側は3日で2万人と読んでいるが、全然だったらどうしよう・・・とかね。



とにかく、馬力を出して 頑張ります オートモビル カウンシル の成功のために。

今週はもう書けないよ、 でも 1ヶ月、書かない事もあるからね もう慣れているか?

死ぬ程は頑張ってないから安心してくださいね 夏バテも まだまだ東北では早い時期です。


マツダはロードスタークーペを発表するらしい

マクラーレンも出すのかな?

そうなるとトヨタも?



待ってろ!幕張

4台、持って行くから!。





ディフェンダーの新車供給を断たれ、ランドローバーに関して今後は中古車にて対応するようになりました。

正直、中古車は別の意味で新車と比べて精神的なプレッシャーが増える。

要するに 整備故障などの負担が無いとは言えないし、リスクも新車と

比べれば、増える事は間違いない。



ブリディシュレーベルはランドローバー&ジャグワーがメインです。

でも、割合についてはディフェンダーが大半を占めておりました。

中古車で程度の良い物を探す! 英国内ではホント、大変な事なんだ

ディフェンダーでどろんこ遊びをしていない、事故を起こしてない、冠水していないか?など色々あるからね

販売店が、見もしないクルマを買って クライアントに薦めるなんて・・・小生ではあり得ません、でも 正直に

言うと そんな売り方でお客様が納得してくれるなら 小生も わざわざ、行く必要も無く現地パートナーに

任せた方がよっぽど楽と言える(費用と時間の節約って!?)小生はどんなに面倒でも中古車の購入は

現地に出向き、クルマの匂いまで確認したうえ、気に入った物だけを購入するように心がけております これは

本当に大事な事なんです 日本に到着してから綺麗にするよ!って言う会社もありますが、ベースが本当に

しっかりしてない物を修繕したとしても限界があると思う。 だいぶ長話になったが、英国で、セレブか、一流の

企業が使用していたカンパニーカーを狙って輸入している、それでいて英国でも超貴重な3rdレンジのTD-V8です。

以前も紹介しましたが 4年弱しか存在しない、しかもヴォーグそしてオートバイオグラフィーを厳選して輸入開始です



2016080102.jpg
フェイスリフトしました。

車輛は2009yモデル。

貴重なオートバイオグラフィ

ルーフライニング&ピラー全てが

ブラックに統一されております

グリルはカーボン調のデザインです








2016080101.jpg
テールランプもリフトチェンジ。

ナンバーベースも国内仕様に

変更しており、見た目では

これがディーゼルとは思わない。

走れば、ビックトルクにすべての人が

魅了してしまう!、そんなクルマです。








2016080103.jpg
直前直左の改善も済んでおります

ヘッドライト、グリル、バンパー、フォグランプ

すべて新品での供給です、もちろん

クラッシュ&ダメージは受けておりません

走行距離も低走行と言って良いかと。










2016080105.jpg
革の張りなどはヤレた感じはない。

ステアリングはピアノブラックコンビレザーを

新品で交換致しました!これだけでも

結構な金額なのに・・・まだまだ、手を

入れ尽くしております。










2016080104.jpg
左右独立型 ヘッドレストモニターです

純正でインストールされているんです。

オートバイオの証とも言えるかもしれません。














2016080108.jpg
タイヤは新品に交換済み。

ホイールはキズ修正をし、イン&アウトを

すべて純正カラーで塗装をやり直しました。

キャリパーも純正でブレンボですが これも一端

外し、再塗装をしてから組み直しを致しました

ローター&ブレーキパッドも新品で売約前から交換。

もちろん、前後です。

パッドも低ダストタイプを選びました。




2016080109.jpg
センターキャップ&バルブも新品。

リヤキャリパーもフロントと同じカラーに塗装。

リヤローターもベンチタイプで新品交換です














日本人だからこそ、

日本人が安心して乗れるクルマ造りをこころがけております。

すでに、100万円以上の修繕を施し、新車のような感覚で乗って頂けると思います

もちろん、メカニカルな部分や足回りなども同様に仕上げております ご安心を!弊社は見た目だけの修繕は致しません。


年間の輸入台数も10台はかなり難しいだろうか TD-V8 ヴォーグ オートバイオグラフィー・・・!!。

価格は近日中に弊社HPか、カーゼンサーなどで確認できると思います、円高還元価格宣言だ!!



これが、SUV。 これこそが SUV。

皇室ご用達の鉄馬に是非、

またがってください!

小生の愛馬を。