TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2016年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のブログ記事

オーナーズブログ

英国ビルダーを視察。




またまた、話は2月に戻るが・・・

ロンドンから2時間半程、離れた所に1BOXを専門とするビルダーがある。



ここも今回、初めて訪れた。

作業をしている内容は日本と変わらない。


日本は多分に・・・ドイツやイタリアのショーを基盤に

見よう見まねで始めたのだろう・・・キャンピングカー文化。



バカンスやホリディなど、そんな文化を持たない日本はやはり他の

先進国からみたら ただのマネ事の延長にしかまだ思われて無いかも。

日本はまだまだ海外からみるとキャンピングカー市場は発展途上の状態だと思われているのも事実。





弊社には スペシャルなエンジニアが居る。

だから、整備事については 心配もしていないし、あまり多くを書く必要もないが

小生も同じ事をしていては 将来的に沢山の引出を持てないで終わると思う事が不安と考える。



取引先のオーナーが話していた事を思い出す・・・

僕は正直、自動車会社を経営しているが自動車を深く勉強する気は無い、メカも分からなければ加工や製作も出来ない・・・・。

でも、その分野でスペシャルな人間を知っている、スペシャリストをいかに集めていい仕事をしてもらう!それが代表者の仕事だとね



確かに全ては否定できない・・・ 何もかも内製化にする事は小さな会社には不可能に近いかもしれない・・・でも、どうやって

造るかなど知りたいのが小生なのだ そのための英国ビルダーの視察となった、自社ビルダー工場が建てられるか?どうかだ。




2016042313.jpg
工場の中はいったてシンプルです。

ただ、型紙となるベースが所狭しにある。

色々な要望に応える為に必要なんだろうね。

今、1番 注文を受けているタイプは人だけの

トランスポートだけでは無くウエルチェアが乗りこめる

タイプだそうだ。









2016042315.jpg
バンプストップと

ショックストロークを変更して

タイヤハウスのチョップドを施す。

確かに!ハウス内部を使い切る程

バンプしたら 大変な事になるだろう。

この加工によって少しでもシート高など

調整できるようになる。







2016042312.jpg
こういう加工は

日本人なら問題無く出来るだろう

でも、これに生地を張り付けるので

あれば、難燃材証明なども必要となる。

でも、海外で施工し 一度海外で登録を

済ませればすべてがクリヤ-になるだろう!

何故なら、日本の安全基準はEU基準に

右並えだからね。







今、メーカーが不正をしている状態です。

街角調査で ディーゼル車を とっ捕まえて NOX調査をしたら 多分、EURO5 だろうが EURO6だろうが

確実に OUT!でしょうね、 先月もEURO6(日本基準ポスト新長期規制値) の車輛を持ち込んだが、もち!

そのままではNOXをクリヤーできませんでした、要するに今は何が本当なのか?さえ思える事態なのですから!


自社でどこまで 造れて どこまで 対処できるか? これに尽きると思う、メーカーはただの提供メーカーであり、

販売店は どこまでリカバリーができるか?に絞られて行くと思う、だからこそ 他人任せではなく、誰かのせい?

でも無く クライアントと一緒に 造れる、乗れる、遊べる



そんなクルマ造りを楽しみたいですね。

その為の視察です。






2016042314.jpg
天井にLEDで間接照明。

スピーカーを埋め込み。

サンルーフを取付。

ピラーにも内張り

ちなみに

これは車椅子を4台積み込み

その他に6人乗車する為に加工している

そんなクルマを造っているそうです、これも

楽しい仕事のひとつになるかもしれません。



では、また。