TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オーナーズブログ

GENROQ 1 JAN 発売。


11月26日に発売になった ゲンロク。
いつの間にか 2年間 毎月 広告を出しております。

あっと言う間でした・・・ ディフェンダーが本当に終了してしまいます。
よって、弊社の広告も毎月・・・とはいかなくなりそうかな・・・まだ分からないけど。


2015112901.jpg
もう、2年も前から
騒がれている NSX。

今年のジュネーブとフランクと
2本立てで出展していました

ついに アメリカにてインプだ!。

初代NSXのお披露目は
ジャパニーズフェラーリと言われ、
とにかく比較され尽くされた。


今度のNSX
ジャーナリスト達はどう評価する?


車輛のスペックや操縦性などに
ついては この雑誌に書いてあります!
でも、小生語で言わせて頂くと、こうなる。






技術&物作りの日本 しかも ホンダ! 今じゃ 空までぶっ飛ばす乗り物を生み出すメーカーだ!

グダグダ ジャーナリストに言われ、誰もが乗りこなせて、エブリデースーパースポーツと言われた・・・
アキュラ の値段は約15万ドル ポルシェ911 GT-3 よりも安い!何故だ?
世界一のF-1を走らせるホンダが 売れる値段設定か?

日本が誇る技術を安売りしてはダメだと思う?!
日本市場は 2000万は超えて欲しい!フェラーリを買うか、NSXを買うか!その位じゃないと、
許せない パワーも600PSは超えろ!500PS じゃAMGの世界観と一緒になるよ!、ホンダ は
そんなレベルじゃ無いだろうに?もう4年以上費やしてきたNSX!国内仕様はもっとギリギリまで

攻めて欲しい、攻めなきゃ。


今度は とことん違う と言うところを見せてもらう。

期待しています・・・。

メイド イン ジャパン を。


輸入車好きなんだけど、
小生 日本人はもっと好きだからね (笑)











HERITAGE LIMITED EDITION&Def事情。


11月15日。

注文から5ヶ月という 異例の最速スピードにて

仙台に到着してきた!

2015112204.jpg
ヘリテイジ リミテッド エディション。

世界限定400台の車輛です。
弊社ではトータル 3台程 入荷します。

細かい写真などは後日 改めてアップ
致します。限定車は造れそうで造れない
とても、微妙な部分に違いがございます

でも、小生がここで お話しするより 雑誌
などですでに 注目されているでしょうから
web や 雑誌にて調べてみて下さいませ。



2015112203.jpg
限定車である リミテッドプレートはありません。

何台目なのか・・・もしかして500台とか
造っていたりして!(笑)

実はこの車輛は売約済みでして
限定車でありながらもカスタマイズを施します
何処をどうするのかは、何時か近いうちに
完成形を見せますから。






ついでに 同時入庫してきた Wheel の紹介です。

2015112202.jpg
コンテナに入れて 送ってもらいます。
空輸ですと運賃が£1,000-です!。

New レンジローバー4 のデザインですが
装着車輛は 3rd レンジローバーに装着です。

センターキャップは純正キャップと入れ替え出来る
タイプでして、サイズは20インチと22インチの2種類。

20インチですと やはり 足が短く感じるかも・・・
22インチがベストです。





ディフェンダー事情について

最近、直前直左ミラー の改善作業を行っております

いままでは バンパーの先にミラーを取り付けて 車検を取得しておりましたが
あまりにも 見た目が悪い為 外しているユーザー(いらないので外して!)が多かったのが現状でした

現在、
弊社で販売している車輛 すべてのユーザー様にミラーの取付をお願いしております 遠方のお客様については
郵送で送る対応も行っております 車検を迎える車輛のお客様は フロントカメラ&サイドカメラの 取付相談も受付
しております 雨漏りが、非常に多い車輛ですのでミラーにカメラを取り付け、ドアの中に引き込むのもリスクは高い
と言う話しも聞きます・・・そのあたりも色々と話しあいながら末永く乗る為の最善の方法などクライアントと決めて
いきたいと思います。


でも、年々 法改正が行われ・・・どんどん デザインを無視しなければいけなくなってきました。
カメラを取り付けするのは1番シンプルかもしれないが・・・モニターが必要になるし・・・

ダッシュ周りはシンプルでいたいと、こだわっているクライアントにはモニターを付ける方法は申し訳ない。

どうしても 日本とヨーロッパでは 安全性を考える視点が違うんだな。

純粋にメーカーが造り上げた車輛デザインとパワーを楽しめないのは
残念です。


2015112201.jpg
22inch

価格 ¥98,000-(税別)

センターキャップ&ナットは純正再使用。

最近、3rd もお手頃プライスになって、

カスタムを楽しめるようになってきた!

今後は3rd の新しい提案も

考えていきたいと思う。














入口と出口(始まりと終わり)が大体はあるのが普通です。

通過して行かれるより ハッキリとしている方が小生は好きです。
何の話?と思うだろうが、取り方次第では色々と含んでいる話です。



2015110801.jpg
フランクフルトセントラルステーションです。

日本の駅と違って スタートとエンドがある。
こう言う駅がとても気に入っているんです。


ここから始まってここで終わる。


どうも、ハッキリしている方が小生の性格上、
ピッタリするのかな。でも、人に当てはめるのは




なんか・・・難しい。
・・・いつから 始まって いつで終わる。

割り切れない方が楽な時だってあります  とてもお世話になった人との永遠の別れとか・・。
長く人生を 生きていれば もちろん、出会いと別れがあるのは自然な事かも知れないけど。






2015110802.jpg
ようやく、新しいスタートを切る人も
ここが切り替えるレールポイントだと
言う人もいるでしょう

この2枚の写真ですが
どちらがスタートでどちらがエンドに
見えますか? それについても

ひとそれぞれ、味方は違って、
当然な事。






何を話したいか?自分でも良く分からないが なぜか・・・ようやく 新しいスタートに立つような気分です。
そう言う気分になった事、ありませんか?




今日、納車する 3rd レンジローバーはもう、12年前になりますが、リフレッシュして再スタートを致します とことん、
好きな事だけをこのクルマに施して仕上げております 色とカラーリングや内装のコーデとか!年式や燃費とか
そんな事じゃ 無くてね。


11月に入って少し 頑張りたい事が 見えてきました。
この車輛もその頑張りたい事のひとつになるのかな?

2015110804.jpg
レンジローバーロゴの ブラックバッチ。

オリジナルで 販売しております。

グリルはソリットブラックでコーデです。
 









2015110805.jpg
ボディカラーは ナラブロンズ。

ブラック部分は サントリーニ。

フェイスは中期にリフトアップ。

スタットレスタイヤで納車です。








2015110806.jpg
内装はカロサイバーナビ。

レザーはグリーンがベース

カスタマイズを楽しむ!と

言うより、心が落ち着く

事を優先して製作した






乗りたい色だったようです。

MLからの乗り換えなんだ、MLの方が新しいが落ち着かなかったみたい。

好きな色にしたかった、気に入るよう仕上げたからリセールは考えて無いと言う。

最後は廃車にして欲しい・・・誰かに乗ってもらうのでは無く・・・使い倒して エンド したいそうだ。



2ヶ月前・・・だけど 同じように 使えるところなんて ひとつも無いクルマが小生の元に帰ってきた。


人生と共に駆け抜けたクルマを 小生が看取ったんだ・・・。


始まりがあって終わりもあるしスタートがあってゴールがある。

クルマの仕上げ方もそうするように・・・

なって行くのかもしれないな。



英国 ナイツ ブリッジ。



小生には全く縁の無い駅です。

地下鉄の駅 ナイツブリッジ で降りて ブラっとしてみようかと・・・


今日は最終日だからね。(夜には日本に向けて帰ります)

ロンドンで 有名な デパート、ハロッズがあります! ハロッズだけではありませんけどね、まぁとにかく

世界の高級ブランドメーカーが全て揃っている街です あ~っと言う間に ハロッズは見終わりました。

チョコレートだって ちょっと考えてしまうくらい 高額な物です。ハロッズで買うと言うステータスなのか・・・

いくら英国好きでも 興味が無いものには 時間はいらないと実感できました。



2015101703.jpg
どのくらい 歩いたかな。

とにかく 歩いた。

今日1日は完全にOFF。

気に入った景色を見て

まわる。







ポンドが下がらない! 現在、1£は¥190- です。

何だかんだで ¥200-として計算した方が良いかも

英国でも 中古市場はあります、新車が£32,000-もする ディフェンダーが、3年も経てば£21,000-で売っています。
もちろん、程度の良い悪いはありますから 一律 同じ値段では無いけど・・・でも単純に¥420万します!
日本に持ってくる費用や、ガス試験や輸入消費税や、港の使用料や・・・¥100万以上はかかるよ、
そう考えたら今、弊社で売っているディフェンダーは適正価格以下かも?(笑)

いよいよ、底が見えてきた ディフェンダー。

新車が買えるのは 在庫オーダー分の完成待ち か、 英国ディーラーが売れると思って過剰にオーダーした余り・・・
英国ディーラー展示車って言うのもあるだろうが・・・プレミアムプライスなものばかり・・・です。

スタンダードな価格は期待できないよ、どこも付加価値をつけて高値を付け始めました。




でも、弊社はギリギリまで 旧定価で 頑張りますので、

世界最古?の最新ディフェンダーを手に入れて下さい! 


2015110108.jpg















寒くなってきました。

東北はスタットレスに交換・・・と言う イベント?があります!

今年はスタットレスタイヤの当たり年のようで すでに予約が入っており

ありがとうございます!こんな 小さなお店で購入して頂ける事は

本当に感謝です。



降ったら混みます、そろそろ 交換しても良いかもしれませんよ。



SHOW って。



今年も イギリスの知人に会ってきました。
相変わらず、みんな元気でなによりです。

定期訪問をしながら 何が増えて何が減ったのか・・・見て感じる事も大事だと。
2月にまた行く予定ではあるが、新しい事に挑戦する為の準備になる もちろん、
ランドローバーやジャグワーは止めないし、多分このまま続けて行くだろう・・・でも同じ
事の繰り返しではダメだと思う より快適によりオリジナリティを追及する事を目指し、

取り扱うクルマは同じでも
進化をやめない事を心に決めて これからも新しい情報を提供して行きたいと思う。



2015110104.jpg
とにかく、晴れ男です。
毎年、行くが雨に当たった事が無い。

雲 ひとつ無い天気、イングランドでは、
1年を通して数える位ですよ 晴天は
3年前に1度、このショーで台風のような
強い風に当たった事があるが、雨は、
振らなかったなぁ。







2015110103.jpg
天気のおかげもあって
この数年では見た事が無いほどの
入場者数です。

英国人も楽しみにしているのでしょうね。

毎年来て、感じるんだけど
肥満体形が増えたなぁ

大丈夫かい?(苦笑)





2015110105.jpg
写真は沢山あるよ。
でも、目新しいものは少ない。

これは見ての通り、Defのフロントバンパー。
今はフォグを内蔵し、ウィンチも インサートして
ワイヤースイッチも 移設出来る、すべてが!

この中に 集約されている究極バンパー。







2015110102.jpg
今回、初出場のショップ。

この他に3社程度あったが
このショップの完成度に少し、グラっときた。
ATも良く出来ていて・・・メーターもデジタル化

ディライトとニューデザインの限定車用のヘッドライト
が絶妙でした 進化だね、この面構えはさ。








今年も この SHOW に影響されたまま 来年のオートサロンに突入です。


2015110101.jpg
来年を最後にディフェンダーの出展は終了かな。
新型が出てきて、また世界が注目したら・・・
分からないけどね。


現在、製作中の2台があります
特に目新しい事はしていないけど、完成度は
増している感じが伝わると思いますよ、う~ん

だって カッコイイからね~。







お金、かかるでしょう?と言われます。

でも、オートサロンに来て 初めてディフェンダーを見た!と言う人たちは少なくありません。

もちろん、日本にも老舗と言えるショップもあるのでしょうが・・・

まだまだ 分かってもらえてないのが 現状です。


何年もこのクルマを続けて行く為にも 若者達が乗る 目標(候補)の1台になればと!

影響力なんて ほんの少しなんだろうけど・・・


オートサロンの土俵に立ち、今までみたいに なにこれ? なんて言うクルマ?

なんて、聞かれないよう 3台 出してお待ちしてますよ!

日本の車検制度 ギリギリを攻めようと思う (笑) 。