TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

オーナーズブログ

Defender Boss。



2015y から ディフェンダーのボスが変わりました。

何処の国のモデルでも 同じ事ですが 何故?このタイミングなのか、は 分かりません。

何処が変わったのか? この場を利用してご説明をさせて頂きます 大した事では無いけど 

理屈が分かると便利かと思いますし、メーター内のチェックランプについても ご理解ができますね。


2015072801.jpg
右側が良く使う 2014y迄に

ある48スプラインボスになります

左側は 同じ スプラインですが、

形状が変わった2015yのボス

他にも モトリタ用のボス なども

ありますが、今回はナルディ用に

使っているボスとの比較です。



2015072802.jpg
一回り大きく見えますが(右)

ブーツなどの装飾をするとさらに

大きくなっちゃいますね~でも・・

シャフトの太さなどは一緒なんです。

変更になった理由は トラクションです

TC のコントロールが出来るおかげで

ボスが変更になったと言う事です。



2015072803.jpg
この小さなモジュールの中に

ピニオンギヤーが 2個入っています。

このモジュールがハンドルのすぐ下に装着

されました!ギヤの役目はお分かりで?

整備工場ならわかって当然!オーナーは

知らなくて当然! そんな部品ですよ。

スピードと回転を見ている この部品・・・。



通常はこれにヨーレートセンサーが別に付いて ハンドルのステータスを見るのだが

ディフェンダーにはそこまではいらない?あまり頭の良い造りではないようだ。

でも、この部品が装着された事によって 従来のボスを加工しなくてはいけない・・・しかもスプラインのテーパーも考えないと

このモジュールを押し潰してしまい、内部で誤作動を起す、ピニオンと言っても磁力を利用するからギャップのズレは致命的だ!


良く分からない・・・通常 最終型が良い、とされているが 電子部品の追加によってリスクも 増えてきているのも 事実です。

TCランプの誤点灯やABSの作動不良などは この辺もこれからは トラブルシュートの項目追加になるだろう そう言う時代です。

なるべく、社外品を付ける際には、専用部品の設定がある場合は専用部品を利用して カスタムを楽しんで下さい!ユーザーが

専用テスターを個人的に持てる訳でもありませんので、リスクは最小限!カスタムは無限に!そんな感じで!! 


最終ディフェンダーライフを 楽しんで下さい!!。










FORGED。



フォージド! 最近の自動車雑誌には 必ずと言って良いくらい

この FORGED WHEEL 広告を目にします。

FORGED とは? 昔で言う  鍛造の事です。




WHEELには 大きく分けて3種類あります、鋳造、鍛造、ビレット この3種類がメイン。

そして、形状は ノーマルとリバースリム  1ピース、2ピース、3ピース この位分かっていれば、ほぼ制覇です。



一昔前は 鍛造と言えば BBS だったが・・・現在のBBSは、ちょっと元気が無い まぁその分 他メーカーが

かなりの勢いでデザインのバリエーションを増やしそして個性を尊重するかのようにWHEELカラーも選べるようになってきた。

これが、最近の FORGED(鍛造)事情なんです。


2015071703.jpg
2年ぶりに 自分のクルマに手を加えました。

WHEELはBC FORGED。

メーカーにこだわりは無いが古くからの友人の

会社で取り扱っているWHEELなのでこれを、

選んだ!サイズは F 9,5J R 11Jの21インチ。

Tire F 255/30-21 R 305/30-21 の ロッソ。





しばらく、乗っても いなかったので 走行は18500Kmではあるが、 前後 ブレーキパッドを交換、エアバックランプの点灯修理、

Tireプレッシャーモニターのキャンセルなど施し、前回紹介した New バーダル オイルも注入済み 後は 走るだけなのだが、中々・・


2015071704.jpg
リムカラーやディスクカラー、センターキャップカラー、すべて

選べます 自分責任なので 結構悩ましい・・。

小生はヘアラインタイプ調のリムカラーを選びました!

ピカピカした感じはあまりGB車は合わないかと。

ディスクとセンターキャップはフラットシルバーをチョイス!!。

Tireについてはそこまで太くさせる必要もなかった

のだが、やはり2の数字より3の数字に憧れが・・。




2015071702.jpg
フロントは 約10mm 出しても まだ余裕アリでした。

リヤは ベストな状態です 逆に22インチを履いたら、

フェンダーハウスのアーチデザインとタイヤ外形のデザインが

アンバランスになりそう、21インチの選択はベストですね。









2015071701.jpg
BC FORGED 。

デザインは豊富にあります。

ご興味のある方、ご相談下さいませ。

実際、純正より 格段にバネ下荷重は

減りました!あとは 走行時のバランスです。

300Km程度、走行後、増し締めなどもして

インプレッションです 1000Kmほど走ってから、



また ご報告いたします! (いつになる事やら・・・)



こう言う WHEELのチョイスは 専門店ならではです。

逆に 市場に少ないクルマで 中々 選べるWHEELも少なくて・・・と 悩んでいるお客様がおりましたら

遠慮なく、ご連絡くださいませ 色々ご提案が出来ると思います!そう言うプランニングもクルマ売り以外に


必要では無いかと 考えております。











オイル。



エンジンオイルのうんちくは とてつもなく キリが無い。

なので、小生 何がイイですよ!とは言いませんが、エンジンオイルの

メンテナンスはとても大事な事ですよっ!と だけ、お伝えしておきます。 



小生は この24年間バーダルをメインに使っております 凄いこだわりがある訳ではありませんが、なんて言うか

床屋みたいなもので あちこち 床屋を変えず 一度 気に入ったら、そこだけ・・・そんな気持ちに似ています。




でも、24年も使っていれば、 何度か エンジンオーバーホールも出てきます、ホント バラしやすいよ、質の良いオイルは。

ヘッドボルトが折れる!なんて事はほとんど記憶に無い、 エンジン内部も 洗浄効果が効いているせいか、スラッチも

無く、非常に クリーン!そこがお気に入りで使っておりました  ズバ抜けて 高性能では無いかもしれないが・・・

末永く使うとそのひそかなポテンシャルに気が付く!そんなオイルです、と 言う事で今のオイル事情について一言です



成分など 言われても 分からない人は多い、 セミシンセ、ハイブイエイ、シンセティック 科学合成・・・何の事?と思って、

普通だと思います そこを理解するのはショップ側だと思うし、ショップ側が薦めるものを使っていれば万が一の時も

責任の所在がハッキリしているので安心!そんな感覚で イイと思うが、自分はどの位置でクルマを走らせるか?は

きちんと伝える事も 大事なんです、週一 飛ばすタイプか?毎日 渋滞の中を走るのか? 高速は使わないけど

毎日、通勤で100キロ越えをしているとか・・・その使い方によって エンジンオイルの選び方も変わってくるだろうから!




最近のエンジンオイルは0W-30 とか 5W-40 とか やたら シャバシャバ したオイルが 主流ですが、正直に言うと

エンジンにはあまり良く無い事なんです、確かに燃費向上にはなるが延命にはならない!エンジンに負担をかけず、

なんて言うが 粘度が低いせいで 摩擦抵抗が多い 燃費をとるか、それとも 寿命をとるのか?どちらかです。




2015071705.jpg
このオイルは最近輸入したらしい。

バーダルプランニング社長の一押し!

これ、入れてみてよ!それから

だな?過去のオイルが良かった!

なんて言うのは!そんな感じで

薦めてきた・・・初めて使うオイル。





2015071706.jpg
いくらハイパワーをもっているディーゼル

エンジンでも、このスペックは

使用出来ないかも。

熱量をおさえて、そして 何処までも、

走り続ける為のオイル!そう言ってよい

オイル じゃないかな? 10W-60 です

小生が試してみます!10Lほど使うし。




SYN PULSAR Racing FULLY SYNTHETIC SAE 10W 60

API SM / CF PAO+ESTER C60




取り扱うか?は 小生のインプレッションで決めたいと思います! XTCを凌ぐ ハイスペックか!

現在、XTC 定価¥3,700- 弊社ユーザー価格 ¥3,000-にて販売中!ただし 在庫が無くなり次第、提供終了。


15W‐50を使っていた頃もあった・・・

ただ、硬い柔いの話では無いけどね。


















JAGUAR XF VOL2.



前回はリヤブレーキを組み込んだJAGUAR XF だが

今回は フロントを組み込んだ画像をお見せ致します。

こんなブレーキシステムを組み込んだら どんだけ止まるのか?はたまた 世の中の視線は・・・

綺麗な足にどれだけ振り返ってくれるか?それが気になって走りたくてたまらなくなりそう!


2015-71602.jpg
弊社は

まず、足回りからご相談に

乗っております。

ファッションで言うなら 靴だよね。

小生もそううちの一人なのだが

靴には こだわりがあります!

次が クルマで言う 機能の部分

ブレーキなのか?ナビなのか?

時計なのか、バック なのか?





そんな感じで クライアントには お奨めしながら カスタマイズを楽しんで頂いております。

何度も、何度も、何度も 言いますが ディラーで購入できて ディーラーで整備が受けられて、ディーラーに無条件で

入庫できる車輛はお奨めしておりません 個性を尊重し、走りたくなる事が前提で組み立てられる車輛販売が

弊社の 売り!?だと思っております 費用対効果は別として 造りだせないものは無い、そう断言できるよう

日々努力もしています。

2015071601.jpg
ブレンボ F‐50 キャリパー。

350㎜フローティングローター。

別注 ボディ同色ペイント。

コンチネンタル DWS Tire。

235/35‐20。

こんなの付いてたら、

乗りたくてたまらなく

なります。






最近、トヨタが 重い腰を上げてきた。

芸能人を使ったクルマCM、若い時代に乗りたかったクルマのCMや・・・ 若者の気をひくクルマCM。

そして 摩擦は熱だ!と言う CM。ここまで来た! ようやく、エコ以外に物を言う状態になった。

ニッサンのエコカー・・・リーフ!これに向けて 高速道路上に電気スタンドの施工も増し、環境に取り組んでいる姿勢だけは感じるが?

でも、ユーノスが発売から 物凄い成績を残している記事は見ましたか? 予定目標の10倍ですよ 二人しか乗れないクルマが。

無理やりハイブリットにしている大排気量車や無理に燃費を稼ごうとする軽量車、どうなるの?と 思ったが、変わってきそうだ!


若者は このブログを読んではいないだろうが、

これからのクルマのデザインは確実に 今の若者が考えて行くようになる。

何処かで、誰かが弊社のカスタムを見てくれて、そのインスピによって何かのデザインの起爆剤になればと。



小生、爺になって 今のキャラバンやハイエースで送迎されるのは 嫌だ! もっと、フェンダーが ブリっとしてて

もっと、もっと、デザインに こだわった そんな 介護用送迎車で ディサービスに行きたいものだ! (笑)。


次は 約2年ぶりに手を加えた 小生の車輛を

ご紹介いたします。
















マッチング。



現在、あらゆる方向から

ジャグワーのマッチングを取っている。

X350に KAHN とか、 XFに全く違う 車種のホイールなど 色々です。

全国紙にも載せているジャグワー広告ですが、みなさん!見てますか?


Tran Speed 08 を。

MOTOR HRAD 16 も 相変わらず 広告を出し続けておりますが。

雑誌との マッチングも考えて 広告を使い分けているのだが、ジャグワーはやはり反応が薄いかなぁ・・・って。

今まで インポーターも ジャグワーに対しては 本腰を入れ損ねていた感もあるしね、日本市場ではジャグワーは

まだまだ、時間はかかるのかも・・・イイクルマなんだけどね、小生 諦めず続けて行くよ ジャグワーのカスタマイズをね。


2015071301.jpg
東京には1台デモカーを置いてあるのだが、

弊社にはノーマルストック しかないのが現状。

東北地方用デモカー製作の着手に入った!

まずは ブレーキ!どんなに イイホイールを

履いても ブレーキが疲れた錆色の

キャリパーじゃぁ、まずいだろう?

クルマは 足元からきちっと

組まないとね、ただの、

張りぼてになっちまう。




2015071303.jpg
まずは

おしりから、イヤ、後ろから始まります。

純正ローターにスリットを追加して、センター

ディスクをガンメタに塗装仕上げを施す。

チラ見で 見せていますが、PCDを

チェンジしてある スタットボルトも

12mmから14mmに強化。

ホイールはBenz、Audi用を

チョイス!




2015071302.jpg
このブリッとした感じが 最高です。

多分・・・車検は通らないかなぁ~

30度の角度コンパスでボディから計測したら

アウト~ツ!と検査員は喜んで言いそうです

実にイイ感じで 後ろの組み付けは終了!。

あとはブレンボをフロントに組み込んだら、足は

終了です。車高は今回は変えず 

R-スポーツを楽しめるよう

残して インプですね。







今月は 代替えされるお客様が 普段より 多く ホント 忙しくさせて頂き ありがとうございます。

週末も多数ご来店頂きホント感謝ですね、代替えでご来店なので その当時販売させてもらった車輛が帰ってきます。

ホント、イイクルマたちが グッドコンディションで戻ってきて また新しいクライアントと回り逢えるよう さらに、リフレッシュ させます!


下取り情報もWEBなどに出したいところではありますが、

なかなか、手が回りません・・・相変わらず 人不足でして。

もっと、若者達が 興味をしめしてくれて、いつか 買ってやる! 

そう思ってくれそうな車輛づくりを これからも進めて行きます! 




明日は予想最高気温

34度だって、死亡だな。





Jaguar、到着です。



ジャグワーが到着しました。

初めて 日本の地を踏んだモデルでは ないが、やたら船が遅れて イライラした車輛でした。

弊社が日本市場の中で唯一 ジャグワーブランドで持ち込んでいる XF SPORT BRAKE。


このXFの最上級グレードが到着です。


実際、日本仕様と条件が変わるのか?附属オプションに違いがあるか?現車を確認するまでは

多少、不安ではあったが 全くもって パーフェクト!な装備及び質感に安心しております。

英国車のインテリアは本当に 家具を選ぶような 感覚で 飽きのこない、派手さの少ない、

内装になっている ステッチの入れ方や 皮のコンビネーションなんかは やっぱり日本人には

無い、なにか別なセンスを感じます。




今日は 朝から W222 S400 ハイブリットを 納車をしてきた・・・ 新車と言う事で小生は、紹介した 立場ですが。

でも、もう 5年前からお付き合いさせて頂いているので 今回も 小生に 新車購入の話を 真っ先にしてくれた。

やはり、内装は ドイツ車と 思わせる質感であったが 今が旬!そんなデザインでしたよ、担当者も 最近のベンツは

新車効果が半年もたない・・・と言っていました 常に新しいものを出していないとVWやAudiなどに取られてしまう、

そんな事まで話しをしてくれた  長きにわたり維持するステータスはもうベンツに無く、

5年~6年サイクルで代替えするお客様が一番多いんだって。

しかも もうW124やW126、W140を修理できるメカニックも 

宮城では居ないよ・・・まで言っていました。



2015070501.jpg





ポートフォリオの200Ps!

ディーゼルターボです。

標準で19インチ。











2015070502.jpg



ジャグワーのエンブレムが

立体デザインで追加されました

ルーフライニングはアルカンターラ。

ピラーもアルカンターラ。











2015070503.jpg


センタースピーカーも

超一流ブランドスピーカー。

ダッシュボードもレザー張り。

さりげなく ステッチはクリーム。

ウッドの色合いもウォールナット。










2015070504.jpg

メモリー付パワーシート

スマートキー&シートヒーター

オールレザーシート&HID

そして

これにミラーリングでナビを

取付する予定です。

2DIN 加工は現在制作中の為

次はミラーリングに挑戦となります。






多分、円安は止まらないと思う。

このままで 居れたらまだ まともじゃないかな。

£は ¥200- $は130- この辺でちょっとだけ 落ち着いてくれれば 輸入してもイイクルマと言えるものがある。

今なら費用対効果も得られるが、これ以上 為替が上がると!乗ってみたらバリュープライスが合わない?と言われそう。

こんなにするのに 何だ!この乗り心地は?なんて声が聞こえてきたら 正直ショックです・・・今ですよ、英国車の買は!




この先は 車体価格が莫大に高くなるでしょう・・・カスタマイズも同様です、

為替レートの変動によって高級部品になってしまうパーツは 意味が無い。

意味と付加価値をえられ、費用対効果のパフォーマンスが高いものを

選んでください。


ジャグワー XF スポーツブレーク 2.2L ターボ ディーゼル 200PS ポートフォリオ

車輛価格 ¥8,180,000-(税込) 諸費用別 3年車検付(ナビ,ETC別)

全国でも 弊社しか取扱いのない スポーツブレーク。

超!付加価値ですよ(笑)。

すいません、この車輛は

売約しております!