TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オーナーズブログ

札幌&帯広。


英国より 戻った

次の日には 帯広へ納車に出かけました。(9月25日)


Y様の納車です。

北海道に納車に出かけるのは 約 1年ぶりでしょうか・・・


前回と同じ 90 ディフェンダーです。

本当に北海道には良く似合うクルマです、そして比較的 小生の場合 90の納車が 多い。


2014102410.jpg
帯広は雨と聞いていたが

札幌は快晴です。



でも、帯広と札幌では

きっと 天気も変わるんだろう

そのくらい、北海道は広いんだよね。





2014102409.jpg
天気がいい・・・・

寝台列車が通り抜ける。


でも、飛行機が遅れ、

帯広行きに乗り遅れ

天気がいいのに遅れるんだね。

飛行機って。




納車が近づく頃には

予報通り、雨が降ってしまい・・・ちょっと残念な納車になりましたが 無事 終了です。

帯広駅まで 送ってもらいました。  少し 強引だったかも?(笑)

雨だった事と どうしても 行くところもあったから、顔に出たかな? Y様 すいません・・・


帯広に行ったら 是非! ぱんちょうの 豚丼を食べて下さい!!

メニューは 簡単! 松竹梅 で 梅が 1番豚の量が多い。

逆なんだね~?と、聞いたら お婆さんが梅さんだとか?

ホントかな。

2014102406.jpg
肉より

タレがポイントかな。

美味しく頂きました。

時間が無い事と、相席で

常に待ち客がおりましたので

急いで完食!小生の帯広の旅の

最終目標は達成です!


この後、札幌に戻り

1年前に納車した お客様と再会です!!

1年前から 札幌の寿司をご馳走になる 約束をしました!

さすがはランドローバーを愛する紳士です 約束を守ってくださいました!

2014102407.jpg
とても 雰囲気がいい

こじんまりした 小奇麗な店。

楽しく、おいしく 時間という

料理を食べました!

もちろん、料理自体も

おいしいのですが、





気持ちの良い人との食事は こちらも気持ちがよくなり、何でも


美味しく感じるものです。


2014102408.jpg
寿司はもちろんの事

このくじらベーコン(自家製)は

絶品です。


また、行きたくなります

そして、食べつくしたくなる店です

W 様 本当にありがとうございました。












でも、北海道 全体の経済は かなり 厳しい状態だと思う。

札幌に 北海道の人口の約6割が集まっているのだと聞いた・・・



小生が思うには 北海道は 札幌、函館、旭川 この 3都市しか残らないんじゃない?。

小子化だけが 原因ではないと思う・・・ 燃料費もかかるうえ、閉ざされる地域もたくさんある・・・


何故、青函トンネルは 初めから 新幹線を走らせない・・・ 誰かが ヒトラーのように 押し切って革命でも

起こさない限り 北海道は 本州と同じ日本にはならない気がする、 何故、ドーバートンネルのようにクルマと電車を走らせない?


船は苦手・・・クルマで北海道に行けたら・・・と思う そう思う人は少なくない きっと 本州から 人が入れば 

問題も入ってくるだろうけど・・・でも 無くなってしまっては もともこもない。



北海道にだけ アウトバーンを作るとかね(冗談)。

同じ日本人が住むのだから 街が無くなる事は避けたい。




小生の独り言ですけどね。


















結構、大変でした。


ディスカバリーⅡのエンジンで、 よく聞く症状に

カタカタと音が出る! オイル交換をした直後は カタカタが消えるような気がする。

そんな、話 聞いた事ありませんか? 決まって ディスコⅡなんですよ、しかも後期型に

多いのも特徴のひとつです・・・まるで タペット鳴りの音に良く似ています、 これを読んで、

ドキッ、とした ディスコユーザーに 是非!見て頂きたい 記事です。

2014101404.jpg
この写真なら

良く、ランド屋が日常茶飯事に

作業している事なので 不思議では

無いのですが・・・

問題はこの先に進んで行かなくては

行けないのです・・・出来れば、

踏み込んで行きたくない領域です。



2014101403.jpg
ここまで バラしました。

もう、オイルパンもプッシュロッドも

タペットも・・・そして ど真ん中に刺さる

カムも オイルポンプスポルケットも付いて無い。

ここまで見せても 多分 カタカタの原因は

普通、分からないと思います 何故なら、

普通に見る角度では目に入ってこないから。



2014101401.jpg
オイルポンプのスポルケットがパキッと割れています。

この症状については もうすでにブログに書いて

いる人が居ますので 多くは話をしませんが、

次に見せる写真は まだ 記事になって無いと

思います。

と、言う事で 小生 久しぶりの整備ネタです!





2014101402.jpg
コイツは タペット。

そして これが カタカタの主原因です。

このメタルベアリングは通常カムホルダーに

圧入で付いています。

そこには小さな穴があり、油圧をコントロール

しながら、オイルギャラリーを通って行くのです。





それが、奥から2番目のみ メタルベアリングがズレ、タペットでキレイに削り落としております。

小さな穴も同時にズレる為、 油圧も上がりません・・・オイルポンプが先か?、それともカタカタが先か?


原理を理解している ランドプロショップなら 分かると思います。


こんなの 初めてです! ランドローバーをやっていれば、良くある事ですか? 信じられない現象です。

エンジンが 馬鹿なのか、 ベアリングに欠陥があるのか、それとも オイル管理に問題があるのか?・・・・。


多分、カタカタ言っている ほとんどが このメタルズレです!しばらくすると 音は消えます!削ってね。

久しぶりに 笑っちゃったね、何故なら このメタルベアリングの部品供給はあるのに(社外品もでているくらい)

サービスマニアルには 載っておりません、 作業要領が無いのです! しかも来たベアリングは オーバーサイズです。


えっ、カムを削る? メタルを削る? NCで? それとも 感による手作業?


ここから先は 企業秘密です! ディスカバリーを本気で直し、本気で乗りたいお客様にだけ 教える事にします。


セカンドオピニオン的に 弊社を選んでください。





体がぶっ壊れる前に クルマがぶっ壊れちゃ、マズイだろう・・・



走れるところまで 走る。 では無く

乗ってる自分が どこまで ついていけるか? じゃないかな。













ミニチュアのような世界。


ランドローバーショーに行けば、

必ず買ってしまう ミニカー。

ショーの当日 土曜日は 悩んでいる暇もなく、衝動買え で OK です

良い物はすぐに 無くなっちゃいます  手に入らなかった時は 運命と割り切り 買えた時は 優越感と思う。


2014101202.jpg
物凄く 小さいサイズなんだけど・・・

(比較する物を 置けば良かったなぁ)

これは セットでは無いけど、3台まとめて

購入です!小生、ランドマニアじゃないよ!!

でも、こんなの買って来るのは マニアらしい・・

実は 4台乗ります このサイズは1/73かなぁ~

箱がボロボロで・・・でも お気に入りなんです!。



2014101201.jpg
こんなの 沢山あったけど、

現金の持ち合わせも少なく

ホント 我慢しながらの購入です。

スーパーカーは 日本のミニカーショップに

置いてあるけど、こんな 庶民的な、

外国車は日本で見たことないかも?(笑)





2014101301.jpg
これは、フランスのデパート。

芸術の街だから? こうなのかな。

まるで ミニチュアのように 細かい装飾。

今回、ベタな観光に見えるが、クルマを

見る途中でオペラに寄ってみたんだけど







2014100301.jpg
フランスに行ったのに

宮殿をみる時間すら無い場合、

せめて オペラの中を見て帰ってください。

目の前のカフェで食事して、ちょっとだけ

時間を 作ってさ、お奨めします まるで、

ミニチュアのような細かい世界が見れます。

ちょっとだけ、お金取られるけど・・・ね。






話が飛んでる 訳じゃない、 昔は 本当に時間をかけて 細かい仕事を

して来たんだな、と 感じます 日本だけじゃなくて 世界でもなんだ! なってね



大量生産の時代なんだから

細かい事 言ってられないと思うけど

せめて 自分の世界だけは こだわって行く事を 再認識した 世界でした。



来年は 是非、 ドイツにある ミニチュアワンダーランドに行ってみたい・・・

何故か、ミニチュアは 男心をくすぐります。




 












行ける所まで。



おっ、 妙な レンジローバーを見つめている日本人がいる。

関東エリアで ランドローバーにお乗りの方は 知らない人はいないくらい、名の知れた方です。

レンジャースのオーナーですよ!


2014100602.jpg
みなさん、この場で言いますが

今年のインターナショナルショーも

日本から来たのは2人だけです。

あんなに、ランドショップが日本にあるが、

この場所に来た日本人は2人だよ・・・・

ありえないよ、本当の情報は行かなきゃ

リアルタイムに分からないのに・・・行けてこそ

ショップが本当に必要な情報が得られるのに・・



2014100603.jpg
今の時代、グーグルマップで世界が見れる。

世界のTV番組も スマホでリアルタイムだ。

英国で日本のドラマやニュースが携帯で見れる!

たった月$10-で。

でも、情報がまとまる前に 情報を仕入れ、

その世界観を匂いで感じる。

これだけは 行かなきゃ無理じゃない?




2014100601.jpg
こうやって、ショップオーナーは

常に新しい情報とリアルに変わる

自動車社会をリュックをしょいながら

勉強しているんだ。

忙しくて・・・とか、 お金かかるよ・・・とか

そんな セコイ理由でランドショップオーナーが行かないの?





確実に時代遅れだし、古き良い物を守って行けない

そう、思う・・・ お客様が大事だからこそ、行くべきです! 地球の反対側だけど。




良く、若くして・・・生意気だとか、 もともと ランド屋じゃ、ないくせにとか、 言われたよ。

でも、人の倍 英国に足を運び、 ひとの倍 情報を時差ボケになる暇も無くなるくらい 走り回って収集して。

こう言う リックで英国を歩き、ランド情報をリアルに集める男が 居れば 日本でのランドローバーショップは大丈夫です。




この写真、 見せましょう! ベールに包まれた 車輛をベロッと脱がしてきました。


2014100605.jpg
90のフレームをブッタ切り!

エンジンは GM製 6.2L

ミッションは 6AT

ボンネットもフェンダーも

超ロングノーズです。

馬鹿でしょ?

でも、小生じゃ、作れない。



だから、馬鹿って言えない。

ディフェンダーをどう乗るか じゃないと思う   行ける所まで  行ってみないと 見えない事もあるんだよ。

きっとね。









2014100604.jpg
レールがあるから 安心です。


もう少し、行けそうな気がします。





結構、ディフェンダーの別の楽しみ方を

見つけた気がします。




小生、詩人ではないが こんな天気が良く しかも 外国じゃぁ・・・気分も HI です。

ノー、イングリッシュ! 言いながら 電車の扉を閉め忘れた事を ごまかす・・・・。





ドアは自分で開けるもの。

そしてドアは自分で閉めるもの。




当たり前な事だけど、 電車&タクシーが全て自動ドアなんて 日本くらいかもよ。










沢山の出会い。


9月もアッと言う間に

過ぎ去り・・・早や10月です。

カレンダーも残すところ 3枚になりました。

ようやく、ランドローバーの輸入も安定して入ってくるようになり

2月、3月にオーダーしていた車輛が 毎週、日本に到着している状況です。



9月は16日~23日迄 イギリス&フランスに足を運び、色々な方から頂く情報や、今後の対策などの

ミーティング、 ランドショーの視察が 今回の目的でした。


やはり、人との出会いやお取引がなければ こんな 安定的に車輛輸入などできなかったと思う。

輸入をしている事は 特別な事ではありません、でも人との出会いは特別な事だと小生はいつも感じてます。



何から情報公開したらイイか、分からないくらいの経験や目で見てきました事を、少しずつ この場で公開します。


2014100303.jpg
時は9月20日

小生が訪英中、1番天気が悪い日だった。

滞在中は物凄いイイ天気でしたが、この日は

ロンドンを出る時は雨・・・

そして霧に包まれておりました。

でも、会場に付く頃には雨は止み、

何とか楽しめそうな雰囲気で、安心。




2014100304.jpg
大人は無理だね!乗れないよっ!

だって。

ちゃんとウィンチも動くそうだ。

こんな幼少期を過ごしていたら

日本のように自動車離れの大人は

出来たりしないだろうな・・・





2014092701.jpg




大した作りじゃないけど

たまらなく 発想がカワイイ!

犬好きが多い国だなぁ~。







2014092702.jpg


新しい商品等や

アイデア、などなど 

モリモリです。

ここで公開せず

実車で発表するつもりで~す。





まだまだ、ディフェンダーは健在です。

こんな文化を持っているディフェンダーが本当に終了するのかが、今だに信じられません。

工場関係者とも 話をしましたが 現在、ランドローバーは世界的に売れているそうです、毎月の生産台数も

今以上に増やしたい・・でも、手作り仕上げ、しかも販売台数の5%も満たないディフェンダーは邪魔な存在だと言ってます

メーカーオーナーが判断する事だから・・・そうだよね、だって どう考えても 売れているイヴォークやディスカバリー、レンジローバーの

方が モノコックだし、ラインに乗せて造れるし、ラクチンで儲かるなら 投資場所は そこ! になるのは自然な流れだよ!?。


車を輸入する事

新商品を輸入する事

新しい商品製作のヒントを得る事

そして 人との出会いを大事に 再会する事



これが、小生がイギリスに行く 目的です フランスにはやはり小生と同期するものは無かったけど

見てきた事が何らかの形で反映すると思っております。



イギリスから帰ってきた次の日には 帯広(北海道)納車でした。

沢山、納車待ちのお客様がおります・・・これでも 日本では最速の自信があります。




もう少々、お待ちください! 必ず 小生が責任をもって お届けいたします 


色々な出会い!が 好きですので。