TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オーナーズブログ

ステータスとプライド。



ファイナルのアナウンスが流れだし・・・

結構、お問い合わせも増えておりますが、

購入先を選ぶのは お客様の自由です クルマに違いはありません(何度も言ってますが)





1台でも 多く 日本にディフェンダーが輸入される事が 小生にはうれしく感じます。

そりゃ、メンテナンスに得意 不得意 輸入に関しても 長年の実績、 ここ最近、 色々あって当たり前です。

メンテもアフターフォローも 輸入も情報量も すべて・・・なんて会社は 日本では インポーターを持つディラーの事を言います。





色々な商品を提供していますと、問い合わせも色々です。

つい最近は ダウンスプリングについて クレームです。

バネが遊ぶ! ズレて 車高が傾くと!

取付をしたバネを確認すると、やっぱり・・


取付 ミスです。


ダブルウィッシュでもない限り、ダウンする以上、ポルシェだってBMだって遊びます。

ディフェンダーの場合は ズレないように 純正でスプリングリテナーが 付いているのですが、

リテナーで固定せず スプリングを組み込みしていました・・・純正でもバネが遊ばないように付いているものを

外したのでしょうね、施工場所で。


小生、28年間 輸入車 だけを専門に仕事をしておりますが、ダウンスプリングキットに 説明書が入っている、なんてものは

見た事がない、そんなレベルでは パーツを開発してもパーツの力を発揮できないで終わる・・・最近はこんな話が多くなっています




メンテナンスやカスタマイズは自己責任で行ってくださいませ、車輛購入先が詳しく無い!そんな事は購入の段階で分かるはずです!

販売店、すべてが詳しい訳ではありません、それは責める事ではありません、インポーターでさえ、輸入を断念した車輛ですから。


部品の取付や、修理にお悩みの方は一度 販売店に相談をし、近くで治せそうなら、その工場へ!販売店が直接コントロールする

それが、イイと思います。







2014062702.jpg
これ、最近出来上がりました。

純正バンパーに かぶせます!

厚みを増やし、隙間を無くし、

中央の部分が台形になるよう

ほんの少しだけ、カーブを入れております。

純正のコーナーラバーも装着可能です。

ON 用のパーツかも知れませんが、

OFFでもイイと思います ただ、

オフロードコースを走りたい方にはご法度です






2014062701.jpg
デモカーも札幌カスタムカーショーに向け

最終段階に入りました。

マッドガードの製作が遅れ気味ですが

何とか 間に合うよう 作業中です。

この商品は 販売いたします。

業者様には塗装していない状態のままで

ご提供もできますが、純正バンパーに穴を

開けられる工場様に販売可能です!



もちろん、取付アドバイスが必要な場合、

きちんと対応させて頂きます。



なるべく 小生は まだ日本で提供していない&されてない・・・そんなパーツや車輛を取り扱って行きたいと考えております。

もちろん、基本整備ができる事が 本当の基本ですが・・・ディラーと違った提供とカスタマイズ これって基本整備ができるから

やれる事なんですよ、 キャリブレーションもでき、コーディングもでき、 ミッションのOHもでき、 できるからこそ、パーツが作れるのです。




このぐらい、自信がなきゃ、

工場なんて 作らないよ 自信があるからこそです。



この間、ステータスの話をしましたが 死ぬまで この仕事 続けて行く以上

ステータスとプライドも必要ですかね。



















間もなく、オリジナルカタログが 完成します。

メインは ディフェンダー です。



カタログと言っても たいした点数は無いが 本気でランドローバーとクルマの事を

考えたパーツです パーツ自体に オーラがあります!(開発者本人が言う事ではないか!)

オートサロンへ向けての 半年間・・・ バタバタ と 商品化する事を考える余裕もなく 過ごしてきたが


オートサロン後に 真剣に商品化をめざし 作りあげてきました。

昨日、スタジオ写真を取り終え、いよいよ カタログにして行きます。


新しい ディフェンダー スタイルを 目指し、 ON でも OFF にでも 振れる パーツ。


考えてみましたよ!装着写真は 札幌 カスタムカーショー2014y でお披露目になると思います!


北海道に納車しましたお客様全員に 招待券をお送りいたしますね! 是非、飲み明かしましょう!?



少しだけ

自慢のパーツを紹介します。

2014060903.jpg
これは LEDヘッドライト。

明るさもデザインも

アップグレードです

デイライトをライトに内臓しました。

デイライトの端子は ポジションに、

良く使う T-10 の端子で製作です

H4 端子に刺すだけ&T-10ソケットに

刺すだけです!





明るさは技術的に最高 レベルまで 上げております!(7インチサイズ)



2014060905.jpg
初めから 塗装済みです。

純正バンパーにかぶせて使えます!

フォグランプが入る所は カットです!

純正バンパーをカットしなきゃいけないが

今まで気になっていた隙間がなくなる事により、

バンパーとボディの一体感が感じられるフロント。

フォグランプは 2種類から選べます、ナンバーを

付けたくない!そんな気持ちになるデザインです





2014060904.jpg
外側が LED と LCI リング

内側は ハロゲン。


ハロゲンをLEDに変えて

ポジションぽく するのもアリです。


塗装済みですので 取付レベルは

そんなに 高くはありません。

メチャクチャ カッコいいよ、これ。





2014060910.jpg
これは 小生の自信作。

出口のデザインはアストン調です。

全体的に 太く 作ってありますよ。

左右にチップが101mmでセットされる

日本人の技術です、メグチップの中にも

パンチングネットが張ってあり、とにかく

小生の思いが詰まった ステンマフラー。

イタリアにもドイツにも負けてないと思う。




もちろん、110 と 90 は デザインが違う。

だって ただの輸入車販売店ではないのだから・・・こだわりが違う! 90は90 110は110です。


20140607.jpg
110 は これまた!!

こだわりのブラックコート

塗装じゃないよ ステンだからね、

熱で伸びちじみするでしょ でも、

剥げたりしないよ、泣ける所はね、

カールしている内側にもコートが

施されているところ、こだわりです。








まだまだ、お見せしたいが 長くなるので 止めときます。





小生は 日本人が好きです  だから 日本人が 作り上げる もの を 自信をもって 薦めたい。

毎回、同じ事を言っているかもしれない・・・・ でも ドバイ辺りで この パーツたちが 走っていたら・・・





泣けてくるかも・・・





これから ディフェンダーを購入する方、又は 維持している方、 こんな 部品を作るヤツをどう思いますか?



馬鹿でしょ? 


でも、こだわりが 乗り物ヤロー、 の宿命なんだ。

今までのディフェンダーショップとは 違う・・・ そう感じてくれたら ありがたいね。







ステータスを 忘れちゃいけない、

男はステータスをもっていなきゃ、

人生 楽しくないよ。








少し、難しい話が続くが

さらりと流して読んでほしい。

アイエスオーフィックスと言う言葉は 聞いた事がありますか?

安全性の世界基準です 自動車の場合シートベルトやエアバック・・・そしてチャイルドシートアンカー。

もともと、ディフェンダーは 車輛カテゴリーは ヨーロッパでは N1カテゴリー(日本で言うと貨物車)

乗用車は M1 カテゴリーです この数字は 一度 UKで登録すると 車検証と同じものが発行され

そこに 記載されております。


日本も来年 1月27日から かなりきつい条件を運輸局から下されます。


貨物を乗用車にするのは かなり難しくなると言われております、今でも色々改善が必要ですが

さらに厳しくなると言う事 下手したら ディフェンダーの3ナンバー登録は出来なくなると思います。

もちろん、色々 抜け道が 生まれるのかもしれませんが、費用がかかり、車輛価格も今 以上に

高額になると思います・・・


今の所 製造が1月27日以前と分かる方式だと以前の規定が適応される?もしくは1月27日迄に

日本にて通関を済ませているものか・・・どちらかが 適応になると思います。(輸入車は)




ディフェンダーを3ナンバーで登録する事が出来るのも 来年1月と思った方が良いかもしれません。


何故、こんな事になるのかは 同業者の問い合わせによるものです!

たとえば、うちは排ガスが取れない・・・とか どうやって3ナンバーを取得するのか?とか、

別の支局なら 車検が通るのに この管轄の支局は厳しい・・・とか。(そんな事、無いのに!)

メーカー系ディーラーも 面白くないからねぇ―、インポーターが輸入しないものが何故!登録ができるの?




結局、登録台数を伸ばせない・・・そして 買い控えが始まり・・・意味もないプレミアが付き

そんなに高いんじゃ 乗れない。遊べない・・・になり・・・ SUV は どう進化するのやら。



見えるなぁ

自動車の行く末が・・・・

あと、30年後には 今の人口の40%が減るよ、

男性の4人に一人が15年後には自分の側にいないんだよ、



もっと 広い心が欲しいね。


そう思わない? 思ってよ。




取れるところから取る、自動車の税金は安定的に取れるからね。

小生は覚えてるよ! レギュラーガソリンが 165円を超えたら 税金撤廃するって!

あと5円だよ、 きっと ギリギリで 政府が 何とかするんだろうけど・・・


今、トヨタ、ニッサンが 国内における ディーゼルエンジン投入を考えて開発中です!

2円安くても スタンドに列が 出来るんだろう? 30円も安くて しかも トルク有り じゃ、ディーゼルでしょ?



小生、12年前から 言ってますけど!ランドローバーは ディーゼルだって!


今に スポーツカーにも ディーゼルが載る時代が来るかも?








12気筒のディーゼルが載るかなぁ





まってろよ、アベンタ! 生きているうちに

スタットレスタイヤでも履いて 真冬、通勤に使ってやる!



人が減っても

・・・・・アベンタは 余ったりしないか・・・・













ディフェンダーの事情。


まるで、最近は ウワサばかりに 振り回され

何が本当か、わからなくなりそうな お問い合わせを頂きますので

ここで、今の ディフェンダー事情をお話しいたします、もちろん この情報を

信じて下さい!とは言いませんが 生産終了アナウンスを二転三転する情報とは違います。


当初から 生産終了のアナウンスは聞いておりましたが、初めて直接英国で 耳にしたのは去年9月18日です。

弊社がWeb 上で告知を始めたのは 今年になってから・・もちろん英国国内ニュースでは おととしあたりから

生産完了のニュースは流れておりました(メディア内での話)


ディフェンダーに限らずですが どの車種も 国内モデルと輸出モデルには必ず違いがあります。

それはトヨタやニッサンも同じ、アメリカモデル、アフリカモデル、EU諸国モデル すべて仕様変更があります。


ディフェンダーも 同じこと。


英国国内で販売されているディフェンダーはランドローバーUKが ランドローバー(ドットコム)メーカーにオーダーしたモデルです。

英国国内には大きく分けて3種類のグレードが 存在します もちろんミディアムグレードには ハイグレードのオプションは、

取付できない事になっており その逆でハイグレードを選び、使わないからと言ってシートヒーターやABS、TC(トラクション)を

個人の自由で 外す事はできません でもそれは 英国国内及びEU加盟国(WVTA)の同一規格を 持つ国の話です。


EU加盟国以外の国には違うディフェンダーがたくさん存在します。 

それは 先ほどの話と同じ、輸出国によって違いがあるのです。

生産終了のアナウンスは 国によって違いがあってあたりまえ。


英国国内で売られている車輛は ハイグレードを選択すると ルーフをホワイトには出来ません!

ミディアムグレードまでです ホイールもアルミホイールが標準です 後軸調整スイッチも標準です。

でも、室内のカーペットタイルは ありません ビニールのみ ラゲッジは アルミ鉄板剥き出しです

カタログに載っているものしか 注文はできません・・・・・・・・要するにわがままが言えないのです。


納期について (英国でのハイグレードはXSと言う)

今、ランドローバーポリシーが かなりきつくなっております 英国国内で買い付けした車輛は

必ず6ヶ月は英国に 置いておかなくてはいけません、なので 注文から製作、納車まで 4ヵ月

そして 6ヶ月間 英国にて保管 その後 輸出になります ですから納車に1年近くかかるのは

合法的な輸入をしている事になります(英国国内モデルが欲しい方はこだわりで良いと思います)


上記は何度も言いますが EU加盟国内の話です 

他国ですと ハイグレードを選び ルーフをホワイトにして 室内を 防音タイプのカーペットを張る事が出来ます。

もちろん、 ハイグレードを選択して エアコンを付けない、 ABS&ETCを外す事・・・何でも 聞いてくれます。

実際、右ハンドルで キロメーター仕様も 工場出荷時に選択できます。


何処の国の仕様か?それは問題ではありません 何処の国の仕様でもディフェンダーです




日本人が日本で使用する最良なディフェンダーをリクエストできる事が 大事なのです。


並行車は まるで クルマじゃない!そんな言われ方もしましたが

並行車はランドローバー社で 作られていない訳ではありません。

ポルシェは 並行でも ポルシェはポルシェです 鯛は腐っても鯛なんです。  

弊社はお客様のわがままを最大限 生かす事に お力を お貸いたします。


では、最後に納期ですが、以前も説明した通りです !


すでに2015yの生産枠に入っております、手作りの為 年間 生産できる台数は

22000台程度です この生産枠を超えて 作る事はしないでしょう・・・

何時? 多分 約束できないのが現状だと思います。

オーダーが却下された時点が

終了です。



長い話でした・・・ 次は ディフェンダーが登録の危機!のお話しです。

2014060803.jpg




















2014060804.jpg


スマートなデザイン。


久しぶりに 書こうかと思い、

PCの前に座りました。


最近の携帯電話事情、 みなさんはどう思いますか?

こだわりなんて いらないでしょう? スマート と言うだけあって どの会社も

板っきれ携帯です  まるで 高速道路を 束になって走っている ハイブリットと同じです。


小生、相変わらず ガラ系の携帯電話を利用しています 


不便でしょ? そうですね、(そう答える) でも 何が不便か 良く分からない・・・ 

そんな 1時間で100万円を稼ぐような仕事でもないしね。

ニュースと時刻表・・・そしてGPS・・・ 結構 使えてます



みなさんは 携帯を選ぶポイントは 何ですか? 


1番は コスト? なら ハイブリットでご満足ですね。

2番目 長時間使用できるもの  う~ん ガラ系も燃費はイイよ。

3番目 みんなと同じものがイイ・・・・・ 目立たないからイイのかな。

4番目 PCメールもネット検索も1台で出来るし・・・ 会社や自宅に戻ってからでも小生は十分です。


小生は ガラ系こだわるのは デザインです。

板型は 小生の場合、ダメです スタイル重視です! ボディラインに こだわりがあります ガラ系はメーカーごとに

こだわりをスタイルに 表しています 要するに 自己主張ができる訳です。


パワーも欲しいが デザインです クルマを選ぶポイントは使いやすさの前に スタイルでしょ? じゃぁなきゃ、

ディフェンダーは こんなにも 続かないと思う。(66年間)

2014060802.jpg
このエンジン!

プラグホールの数で分かりますか?

そう、アストンマーティン V12 に

なります。

プラグが12本 コイルが12個

インマニガスケットが  2枚

インジェクターも当然、 12個

インジェクター0リングも12個

たかが、コイルとプラグ交換で



相当な金額です。

12年経過して 26,000キロ でも デザインを見たら 時間もコストも流行も どうでも良くなります。

エンジンのデザインも今度お見せします、 こだわっています こだわってこそ、デサインとして生きてくるのです。


2014060801.jpg
弊社は現在、ディフェンダーの輸入を

しております、もちろんこだわっている

理由は デザインです。

今のデザインが変われば、輸入は

しなくなると思います。

英国より良質な中古車の輸入は

致しますが日本人の使用感とは

全く違う為 現地で車輛確認を

しない訳にはいかないと思う。



今、永久に残せるものを こだわって 手に入れてください。

携帯は消耗品・・・でも 小生も 直せない!と言われるまで 使うつもりです。

タブレットもI-Pad Mini も持っています。 でも 電話は電話であるべき、クルマもクルマであるべきです。

燃費計を みながら ニヤニヤしないで ガラスに写る自分のクルマを見ながら ニヤニヤしたいものです。




次はディフェンダーについて お話ししますか!

色々なお話しが出ておりますが、何処を信用するかは 読む方が決めてください。