TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オーナーズブログ

ライフスタイル。

前回、

映画の話を少ししました。

そう、映画ファンは 結構、多いんだね。

でも、年齢にもよる? それとも 世代によるのかな・・・

 

弊社、ユーザー様からの反応が多い為、もう少し続けて 話そうと思う。

定休日の水曜は スタートレックを見てきました 新作だと言うのに10人程度のお客様です(レイトショーは新作でも平日は少ない)

 

エンタープライズ号、最高です!スタイルが何とも、カッコイイ! 

宇宙戦艦ヤマトで言えば 第3艦橋・・ハーロックで言えば ドクロ面のアルカディア号なみ!

その スタートレックですが、ちょい話すと 地球での歴代の宇宙船の模型が会議室に

飾られているシーンを観た瞬間!アメリカ人のしゃれが伝わる・・・アポロからエンタープライズまで・・歴史の流れを感じさせるシーンです。

スポックがブチ切れるシーンは結構見ごたえあり 是非、戦艦ものが好きな男子、見に行くべきです(SFと割り切って観て下さい)

 

ところで、またまた 80年代のお奨めを ひとつ!(そんなにこのブログ読んでる人いないと思ったけどリクエストに答えてます)

 

すごく、くだらなく感じる映画かもしれませんが、大人になったら真似しようと思ったくらい、何度も 観ました。

 

印象に残っている シーンは ふたつ。

 

ひとつは 誰も乗っていない電車の中、立ちっぱなしで 座わらない シーン!(2枚目俳優って言う体系じゃないけど)

正直、まねしたね!今じゃ我先に座りたがる歳になったけどね、空いているのに座らないところが最高です!

 

理解不能でしょうか? 男にしか分からない映画かもしれません。

 

もうひとつはスプレー型のホーンを 鳴らす シーン です。(こちらの俳優は最近でも良く出てきます、すっごく若いので、ウケルかも)

単車好きなので、あの スタイルに憧れました・・・サスペンダーをしてみたけど、全く 似合わず・・・お坊ちゃマンでした  小生は。

 

いつも観ている時より 少し ボリュームを上げて

是非、 楽しんでください。 音楽もいい・・です。

 

 

小生は 80年代の音楽が好きなので、入り込みやすかった 映画です。

しかも、この映画 アメリカ西部劇映画を現代版にしたんだけど ひとりも死にません。

ひとりも死なない 映画なんて ラブロマンス意外、考えられないと思うけどなぁ・・・アメリカ映画では。

 

1984年の 映画です。

※とても短い映画ですので、どちらかと言えば ミュージカル的な感じで観てください。

 

 最高です。20130831.jpg

 ジャックナイフを使うシーンを真似して・・・

手が傷だらけになった思い出があります。

 

 

 

 

 

 

 

 


ライフスタイル。

 

今年の夏休みは いつも通り 3つの趣味を満喫した。

ひとつは 映画鑑賞。 ふたつ目は単車。 そしてみっつ目はボートライフ(釣り)。

 

その中の 映画鑑賞での事を少し話します。

 

小生の場合、映画館が自宅から5分程度の場所にある為 夏休みに限った訳ではないが、

月に最低でも3度は 足を運ぶ。 しかもこの夏休み時期は 観たい映画が沢山放映されるので、

映画ファンには7月、8月は忙しい時です。

 

1番 最近で 観た映画の中のセリフに もう、ブログは 死語だよ、 使わないって!と主役の娘役の子役が話す、

そんな シーンが あります。 そうなの? ブログって 減ってるのか・・・ (映画 ホワイトハウス ダウン)

YouTube が今の常識ですか? 小生もそろそろ時代から離されてきたかなぁ?どうなんですか 皆さんは?

映像も見せてあげられるし、リアルに生の声が聞こえる事は 正直 どうかなぁ・・いくら、自分が写す映像だから

あまり本人が登場するのは少ないようだけど?

 

そんな小さな事に敏感になりながら、映画を観る。 今日も間に合えば、映画館に寄って帰ろうかなぁ・・

決して 一人好きな 小生では無いが 映画はやはり映画館で しかも、ひとりで観るのが1番だと思う。

 

本当に観すぎるので、ストーリーがごちゃ混ぜになる時もシバシバです。

 

よく、お奨めは?とお客様から聞かれる事が最近は多い。

DVDで自宅で見るお勧め、教えて?と、聞かれても・・

正直、難しい・・・。

 

そうだ、 せっかく 自動車屋のブログだから、 古くなってしまったので見つかるかは、分からないけど

 

今でも、覚えている シーンがあるお奨め映画をご紹介します。(イタリア好きの方には申し訳ない映画です)

 

自動車がらみの映画 ノーマンズ ランド。 主役が チャーリーシーン。(とにかく若い!人気MAX!の頃かな)

 

80年代の映画です。

 

チャーリーが言うセリフが・・・小生の頭に今でも残っております。

 

俺は、ポルシェしか盗まない・・・イタ車はクズだ!・・・とはっきり言うシーンがある。

 

盗んできたイタ車の車種は覚えてないが、ポルシェがとにかく 好き! そんな方にお奨めの映画です。

昔の技術なので、思いっきりスピードを出す映像は スーパー早回しだけどね!(今ならちょっと笑える)

 

 今は、ダウンロードですぐ買えたりするんだよね、61cOPF9BBnL__SL500_AA300_.jpg

 

小生も 今から探して 観て見ようかな・・・

懐かしいなぁ・・・

この映画の影響もあって、

1987y 911 カレラを無理して買った。

でも、タルガを買って 失敗・・・・・ここは

日本と言う事を忘れてた、そんな事まで思い出す・・


過去。

 

あっと言う間に 夏が終わります。

やはり、お盆も過ぎますと風が変わってきているのを感じます。

 

今年、半分以上 過ぎて 振り返ってみると 色々な場所に行き、色々なお客様に会い、

そして色々なクルマを納車させてもらった。何処に納車したかは、省略しますが、

本当にクルマが好きなお客様ばかりだった。

 

 

乗り物とは、ただ売れるものを作ればいいだけじゃ ダメだよ それは、進化とは言わない。

そう、小生が思う気持ちが同じな方達でした。

 

出会いを通して ファッションでクルマを選ぶ事が1番!それでいいじゃないかなと感じてきた・・・

どんなに一流メーカーで好きなブランドでも 自分に合ってなきゃ、買わなくていいし、

それは見ていても 素敵には 見えないのと同じかも。

 

もちろん、身の丈に 合わないクルマでも ダメだし、

欲しくもないのに奨められて乗るのもナンセンスです。

 

 

過去と現在では センスも クルマに対する考え方も変わってもいいと思います。

ただ、過去を振り返って ここだけは 妥協しない、ここだけは・・・をもって クルマを選んで頂ければ

こちらとしても、性格と同期し 一緒に過ごして楽しめるクルマを色々な人生の場面に提供して行きたいと思う。

 

今年に入って30台目のディフェンダーは 福島県 須賀川でした。

 

ガレージライフという雑誌が 自分のバイブルです。

 

そう、お客様が話します・・・最高のガレージでした。

 

でも、最後にこれだけ拘った建物を作ったけど、遊び足りない作りになった・・・と言っていた

しかも、何を残し、何処に向かうか、まだ 答えが出ていないとも話す。

 

 

小生も何となく分かります・・・ 自分は未だに 何処と無く中途半端でクルマを乗っている気もしますし。

 

 

新旧なクルマが 過去 という ブログテーマでは無い

これからも 新旧 問わず、色々なクルマを扱えるようサービスも含めて進んで行きたい。

 

 

輸入車とは メンテナンスフォローまで考えて行く事が販売店の責任です。

過去の失敗があるからこそ 対策も出来るし予防も出来るようになるから。

 

 

海外から輸入して 売ってくスタイルだけなら、誰でも出来ます。 帰国ついでにクルマを持ち込む話も最近では かなり多いし。

コンテナ船だって、プライベートで動かせる訳じゃないし輸出する側だって頼まれれば ビジネスなので断る理由も無い訳ですから。

 

 

 

弊社は現在、ディーラースペックテスターだけでも、7社を準備しております。

要するに過去を振り返り、見切れない車輌は取り扱わないスタイルに

変えてきております ですので、弊社が取り扱う車輌には 

弊社オリジナルのワランティが付くと言う事、一生付き合うつもりで乗る!

そんな思いの方でも 小生が生きている限り、お付き合いします!

 

過去の話をしながら 現在を一緒に楽しめるそんな

会社を目指すだけ。

 

買い付け、輸出準備、国内到着からの通関、その他試験、すべて ランドローバーが大好きなチームで動いています

 ビジネスという言葉だけで片付けられない人間でこの仕事をやり抜いて・・・

それも 過去の失敗があっての事です クルマが好き、自分仕様が大好き、そんな方がいる限り

これからも 過去を作りながら 継続していきます。

 

 

 

 

売れるクルマに乗るより 売れなかったクルマの方が 可愛いものです。

でも、それに気づくには、過去を知らなきゃね。

 

 

残り4ヶ月になった 2013y 

 

今以上 に 楽しんで行きましょうよ。