TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オーナーズブログ

ディスコ3及びレンジスポーツにお乗りの方は

必ず確認してください。

 

ディラーはその症状を確認していると思いますが、リコールにも

サービスキャンペーンにも載ってこないようです。

 

 一体何の事ですか?

 

 突然、バッテリーが上がったり、 走行中にチェックランプが点灯し、フューエルセーブが入りスピードが出ないとか・・

勝手にドアロックが上がったり下がったりの怪奇現象や ハザードやヒーターなんかも鍵が刺さって無いにも

関わらず作動したり・・・・上記の症状が1度でもあれば、いや、無くても 必ず確認してください。

 

2013062801.jpgこれらの症状はエンジンルーム 内部にある

コンピューターボックスに悪さの原因があります

写真はトランスファモジュールのカプラーです。

腐食しているのが分かります。

 

弊社が販売した車輌全車が

腐食しておりました。

 

 

 

 

 

 

しかも全車、青のカプラーだけです。

見た目は完全に密閉しているボックスですが

配線の取り回しが悪い為、配線を伝って進入

してきます。

 

 

2013062802.jpg馬鹿なつくりで、カプラーが上から刺さります。

水は必ず高い所から低い所に流れるのを

しらないのか、英国人は?

ジャバラブーツとボックスで見えませんので

バッテリーを外してから、カバーを取ってください。

必ず、青いカプラーだけが 腐食しています。

トランスファモジュールだが、キャンシステムを使っている為

情報の伝達と 通過の役割を 果たしております。

全体、作りが馬鹿です。

 

 

 

 

2013062803.jpgこれはレンジスポーツです。

現在、2台入庫しておりますが

2台とも、こんな感じで腐食しております。

 

つい、この間 車検で入庫したディスカバリー3も

エンジンルームを洗浄したら 怪奇現象に襲われ

たどりついたのが、同じモジュールでした、テスター

なんて、見てもしょうがないくらいのトラブルコード。

 

あまり、小生は普段の仕事を

ブログに書く事はないがこの内容の

トラブルシュート記事は何処の専門ショップブログにも

書いていないようだった。

このモジュールの配線の数は大した事はない。

中を開けて腐食具合を確認してください。

大丈夫、元に戻せる程度の

脳みそモジュールです。

 

 

 

 

 

2013062804.jpg場所はこの辺です。

バックアップ電源アダプターで

他のモジュールのリセットは防ぎましょう!

コンピューターが多い為、むやみやたらに

バッテリーは外さないように!

是非、専門ショップで点検を受けて下さい。 

正常に機能していても、点検は必要です。 

何処が悪い?そこは 専門ショップで聞いてください。

必ず、原因はあります! 場所の特定を。

 

 

作動原理を理解しないと誤作動は直せない所まできています。

部品が悪いから交換する時代から、通信障害の時代に変わりつつあるのは事実。

 

バス線からキャン通信、そして光通信・・・まだまだ進化するのかもしれない・・・・

たった100年の歴史の中で 自動車の技術が・・・

 

こんなに進化してどうする?

 

 

 

50年前のクルマってどうだったかなぁ・・・・

 

 

 

 

戻れないのは分かっているけど、ここまで進化させなきゃいけない意味は?

 

 

分からない。

 

分からなくていい・・・と 思いたい。

 

でも、直せないとは言いたくないから 追いかける・・・・

それが 良いのか、悪いのか、

 

小生のモジュールでは答えはでない。 

 

 


募集したい。

自動車業界だけじゃなく

色々な業界が人不足ではないでしょうか。

 

ここ 1ヶ月は 人手が足りなく苦労しました・・・・

 

ブリディッシュレーベルは男子の数が小生を含め2名のみで行っております。

 

納車については 小生が担当しており、北海道から 九州まで、何処でもお伺いしております。

先週のほとんどが 納車&修理引取りで終わってしまい、ようやく 本日 デスクワークができる状態です。

 

忙しい・・・と言えば うれしい悲鳴に聞こえるかもしれませんが、単に 人不足なだけ、と言ったところでしょうか。

 

自動車業界は人気が無いのかなぁ・・・それとも 弊社はマニアすぎる車輌の為、募集しても 全く来る気がおきないのか・・

 

今後、どうなるのか・・ 心配です。 

 

ゲーム機も売れない時代です。  なぜなら スマホがあるから・・・

教習所が減る一方です。     なぜなら 免許がいらないと思うから・・・

ローンやカードがいらいようです。  なぜなら 携帯料金が高いからだとか・・

 

クルマを持っている人は オタク?とか言われるらしい・・・

そんな時代でもね、ヨーロッパはかなり 熱い!らしい・・

 

人不足で悩んでいてもしょうがないので

今年はフランクフルトショーに行ってきます!

 

えぇ~人 いないのに・・・と言われそうですが、辞める訳にもいかないので

来年の主力戦力になる 車輌及びパーツの発掘に出かけてきます!

 

 

決して ソーセージと地ビールを満喫する為にフランクフルトに行く訳じゃないよ。

 

言っておきますけど。

 

 

ところで、弊社は いつでも 募集中です!

 

男子、女子 問わず ご連絡お待ちしております

 

 

 

 

 

 

 

 


円安?円高?輸出?輸入?

最近の為替事情は 本当に落ち着かない。

円安なのか、円高なのか・・どっちなんだい!?と、キンニ君に聞いてみたいところだ!

 

1月よりうなぎのぼりで1ドルあたり30円近くも上昇し、半年経った 今は 10円近く下がる。

電気も燃料も物価も上がる事には 非常に敏感なくせに 下がることには渋ります・・・いつもの事だが。

 

ODAを使い、今度は アフリカに 投資する事を発表したが、さすが日本人。

偽善である事はみえみえだ。

 

物つくり日本 多分 アフリカ開発には 日本の技術が必要となるだろう・・いや使う事が 条件かもしれない。

開発に必要な重機は 日本製だろう・・日立やコマツを使うのが条件だったりして・・・。道路が必要となる事は1番初めお仕事です

重機やクルマを持ち込めば、メンテナンスも必要となる そうなれば 工場を現地に作り 物流を強化、そして日本の部品を低コストで

アフリカから世界へ!

小生の勝手なおしゃべりです。でも 日本は輸出国です 良い物は世界に発信すべきだし、多少の国力は必要だと思う。

その国力を使っている韓国が 大変な状況に突入しそうです・・・サムスンの株が下がりっぱなしです・・・国が一体となって

世界発信している サムスンはどうしたんだい?

 

キンニ君に聞いてもしょうがないだろうが、国力を持ってしても技術向上に日々努めていかなければいけないのかもしれません。

ただ安い液晶ではダメなのですか? そうじゃないよね?

 

 

今、円安、円高に かかわらず、色々な物を輸入し、そこからオリジナルを生み出そうとしております。

でも、ひとつ だけ 目標に持たなければいけないのは、 輸入したものより 良いもの作る事です。

コピー品と言われる事があったとしても 何処にも負けない品質にこだわらなければ、昔やってきた事と同じだと小生は思う。

 

安けりゃ売れる! そうじゃない、日本人が造ると そんなに安ってわけじゃないけど手間はそれ以上がかかっている。

そう言う商品を これからも専門ショップとして 配信して行きたい。

 

だから、ディフェンダーの価格についてもこのまま変わらないプライスで 続投決定です!

 

為替のリスクはブリディッシュレーベルが負担します!是非 この機会にご購入をお考えください!

 

いつの間にか、営業ブログになったけど、小生も日本人って事で!

いいかな?

では。

 


線引き。

自動車に寿命なんて無い。

そう 思いたいところだが、幾らメンテナンスに気を配っても 何処かで線引きをしなくてはいけないと思う。

小生の考えるクルマとのお付き合いはいつも こんな感じ。

 

ヨーロッパ車ばかり25年乗っています、でも まだまだ 人に語る程ではないけれど ひとつ 言わせてもらえれば

ヨーロッパ車とのお付き合いは15年がひとつの線引きだと思う。

 

走行50000㌔ごとに足回りの見直し、60000㌔は水回りとガスケット&パッキン関係を見直し。

この上記の作業を100000㌔でもう一度 見直す。

 

ただ、小生の場合、15年間で100000㌔ 弱な為 2度同じ作業をする事は数少ないのが本音です。

ガスケットや水回りは経年劣化を非常に受けやすいので、6年又は60000㌔を目安に考えるとクルマにとっても

致命傷になる事は少ないと思います。

 

色々なショップで、故障例をブログに書いております、それはすべてのクルマに当てはまる訳ではありませんが

早い時期に交換して悪い事はありませんので、予防接種と思って 頂ければ良いかと思います。

ひどく、インフルエンザで 困った方は理解できるかもしれませんね 予防の大切さを。

 

中古車を選ぶ時も同じです 新車から3年経過し30000㌔程度の車輌の場合は1度乗ってください。

そして どうしても 修理&交換の 必要な部分だけをクリヤし、走る。 

クルマは意外と走れば走るほど調子が上がってくる事が多いのです。

 

では、15年過ぎたら どうする?

そうですね・・・このクルマは残していくべきか?無くすべきか?ご自分で考えなくてはいけません・・が

ひとつアドバイスとしては ボディもエンジンも ミッションもデフもリフレッシュする気持ちがあれば、残して良いと思います。

 

オクタン と言う雑誌に こう言う事が書いてありました。(実は弊社、広告を出しております すごく読める本です

 

クルマとは 古ければ何でも 残していいわけじゃない・・・

 

残していかなければいけないか、を考えて 残している。

 

そう言う レストア職人の記事がありました。 (オクタンはヨーロッパでも出版しており、年齢層も結構高めに考えている本です

その職人の隣には E30 のM3 があり そして 愛車が 964 ターボ でした。

そっか・・・もうレストアと考えなきゃいけない車種の仲間入りか・・・と思いました。

 

カレラ2 カレラ4はもう20年を超えました。 でも市場は 80000㌔のカレラ2 MT は400万円の値がついております。

当時新車で 販売した記憶がありますが、確か900万弱だったと思う。

 

きっと20年経っているから、クラッチだって、オイル漏れだって 直しただろう・・・

メンテナンス費用も そこそこ かかっているはずだ。

 

新車登録から15年で、1度考えてみてください。

思い切って オーバーホールするか!を・・・

 

 

オートモーティブはオーバーホールの出来る

ショップです ご安心を。

 

 

 


そろそろ、弊社デモカーの 3rd レンジが完成します。

時間のある時に作業しておりましたので こんなに時間がかかってしまったのだが、ようやく終わりが来ました。

最終章 は やはり ブレーキで完結となります。  最近では大型ブレーキは結構、 見慣れてきておりますが。

 

でも、カスタマイズするには 正直、手軽な部品ではありません。ブレーキにそんなに出してどう・・・とかの問題になりますが、

ドレスアップには 必要不可欠なアイテムと言っても決して嘘ではないくらい、重要なカスタマイズアイテムではないでしょうか・・・。

いゃ、高額な部品だからこそ、憧れるのかもしれません。

 

2013060103.jpg今回はHASHIMOTOより届いた

ブレンボジャパン商品を弊社デモカーの

ボディと同じ色に同色ペイントです。

ロゴはどうしたの?と言う質問は

無視しますが、やはり綺麗な

デザインです ブレンボは。

3rdはもともと良く効くブレーキです・・が

デザインが今いち・・・・スーチャーに付いている

キャリパーも一応、ブレンボとなっているがよく観ると

ベンツの純正キャリパーと 余り代わり映えがない。

 

 

 

アフター ブレンボは違います。 小生、個人的にはフロントは6ポットならこのデザインが好きです!

4ポットなら ロータスデザインか、360デザインの方が良いのだが、

今回はブレンボジャパン推奨 キャリパーにいたしました。 性能? まぁ、効きます!交換する以上当たり前の事。

でも、効くだけなら エンドレス でも プロジェクトμ でも 一緒です。

小生が ブレンボに こだわる理由は、効きよりはデザインとステータスです。

 

本当に 昔は小さい会社でした ブレンボは・・・

納期もメチャクチャだし、オーダー忘れなんて しょっちゅう でした。(日本側の話ではありませんよ)

それが、今じゃ 世界を代表する レーシーなブレーキメーカーです。

 

 

 

2013060202.jpg右側がフロント用 左側がリヤ用です。

ベルハウジングもボディ同色ペイントです。

フローティングのドリルド加工は定番です。

ブレーキホースもブレンボよりセットで梱包

されております。

 

基本、セット品は専用設計により、

シム調整はいたしませんが、どうしても

ローターがセンターに収まらない時だけ、シムを

使います。

 

 

 

特に、大掛かりな作業では無い為、何処でも取り扱いの出来る商品かもしれませんが

ブレーキはとても大事な部分ですので、認証工場で行うのは当然ですし、認証工場又は指定工場以外での装着はできません。

 

 

 

 

2013060101.jpgどちらも、ベンチレーション付ローターです。

これから 3rd に装着です。

 

キャリパーの販売は3rdに限りませんので

ご相談頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は 弊社 110デモカーが

売約となりました! ありがとうございます。

北海道に嫁ぎますが、もう一日決心が遅ければ

九州に嫁ぐところでした。 デモカーはカスタマイズ好きには

たまらいと思います。

 

3rd も次期に 商品車となる時がきますので

その際は、何処に嫁ぐのか・・ ・楽しみでもあります・・

かね?。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


春も終わりです。

あっ、と言う間に5月も終わり・・・

また、ひとつ 歳をとり・・・・・

 

そう言う話では無いのだが、

オートモーティブは 陰ながらではありますが、輸入及びパーツ開発、そしてメンテナンスと

低いところを 安定しておりました。

 

この所 色々な車輌とめぐり会っておりまして、技術の進化に 戸惑う事が多くなってきた。

今さらではありますが カーオブ ザ イヤー の 結果はご存知ですか? 何と マツダが世界 3位の座を 獲得です。

 

マツダも何かから解き放たれたかのよう めまぐるしい 進化を遂げております! スカイアクティブの高評価プラス デザイン!

技術の進化を今回 証明した結果と言って良いのかもしれません。

 

1、2 位 は もっと意外です。 何故意外? 日本に住んでいたら 絶対 アウディか、ベンツ、又は BM かと思いがち。

でも 世界は違うようですよ。

 

クルマに求めるもの・・・クルマ好きのみなさんは、何処がポイントですか?

デザインですか?パワー?それとも ステータス?はたまた 全部がミックスしたクルマですか?

 

小生は 少しだけ 自分に合うクルマが何かが 分かってきました。

 

クルマ選びの 話の結末は今回 書くブログではなく、これから続くこのブログの中で少しづつ 話をしようと思います・・・

たまにしか(サボリまくりです) 書きませんが末永くお付き合いくださいませ。

 

 

2013052601.jpg

 

 

 

話 変わって ここは東京の0000本社ショールーム。

今回 弊社、ユーザーの注文により、業販して頂いた

ディーラーの前で 1枚 写真を撮りました。

 

普通は業販とかしない・・・かも知れないので

あまり細かい話は致しませんが、小生・・・・

正直、何でこのクルマが欲しいのか分からなかった。

とても、値段と見た目が沿わないような クルマです。

 

狭いし、大したパワーでもないし・・・完全に初めから

少し ナメ気味です。

 

でも、全く 小生の思いを覆す クルマでした。

この車輌を選んだセンスにも 脱帽です。

 

車輌は何だかんだでハードトップも入れれば

¥7,500,000‐です。

 

 

 

 

 

  

2013052603.jpgハードトップの塗装は仙台に持ち帰ってからです。

これから慣らし作業に入り、そして全塗装をします?

えっ、新車を!そうなんです。わざわざメタリックペイントの

オプションを付けて購入しているクルマを 全塗装をします。

 

走る!だけを考えるのであれば、このクルマは

アストンV8ヴァンテージよりスパルタンかもしれません。

 

 

 

 

2013052602.jpg簡単に言うと、レーシングカートです。

この クルマは。

1800cc スーパージャージド 220馬力

車輌重量は 1トンを切る軽さ。

これから、小生のガレージでカスタマイズが始まります。

何処まで 出来るか?分かりませんが、

自分の引き出しを増やす意味もあり

この車輌の販売及びカスタマイズを受けました。

 

 

もちろん、メンテナンスも出来て 当然な状態を作らなくてはいけませんので

大変ではありますが・・・

 

駆け抜ける歓びを 少しでもこのユーザーに伝えられるよう頑張ります。

 

2013052605.jpg1週間後・・・には1度

納車です。

慣らしが終わったあたりで

カスタマイズが始まります・・・

 

最後の道楽だ!と話すユーザー。

とことん 気に入ったものしてほしい・・

そう言われ、 

 

これから仕事をする 小生の方が 興奮した クルマでした。

 

最後・・・なんて言わないで、もっと 走りましょうよ。

 

小生も付き合いますから・・・

 

 

 

まだまだ、小生も知らない 楽しくさせるクルマが 沢山あるはずだから。