TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オーナーズブログ

WHEEL.

2013042102.jpg現在、22インチはSUVにとって聞きなれている

サイズです。

ARTを今回、弊社ユーザー様にご購入して

頂きました。

 

もともと ブラックのコンビネーション 設定は

ありませんが、たまたま 問い合わせを

した時、これから塗装に入るよ!との事。

であれば、お客様の希望に合わせ黒を

コンビネーションしてもらった。

 

わがままな話ではあるが、装着車輌の

カラーにコーディネートするのもちょっとした

オリジナリティがあっていいですね。

他の人とちょっとした違いを演出してもらえた事に、お客様も大変 喜んでくれました。

 

このWheel、どうですか? 特別 軽量スペックはもっていないし、洗うときも手が痛いしねぇ・・・

 

でも 小生がお客様にお奨めするポイントは みっつ あるんです。

 

まず、メーカー担当者が 色んな意味で ある程度 わがままを聞いてくれる事。

次は 同じwheel を履いている車輌にめったに会わない事(笑)。

最後は、ヨーロッパデザインでありながらチューナーの色が強すぎない事。

 

このみっつです。

 

どうしても、ヨーロッパデザインの場合、チューナー名がステータスな為、エアロなどのコーディネートを求められてしまう。

もちろん、BBSもOZも とても良いwheel ではあるが、クルマで言ったら BENZ、BM みたいな物です。

 

弊社は他社との差別化をはかる意味もあり、 この車輌にはこの発想はないかなぁ~ と感じる部分を大事にします。

その為、PCD チェンジャーなどの製作もできますので、興味のある方は 是非 ご相談ください。

たとえば、SUVなどでフロントハブが大きいので飛び出すのがちょっと・・・そんな場合 センターキャップを装着できる高さまで

チェンジャーで調整、Wheel もオフセットで調整、すっきりなデザインにも 出来たりします。

 

最近はオフセットって言わず インセットとか、バックセット、バックスペース などの言い方がありますが、基本、昔と変わりません。

 

 

現在は・・・

ステアリングホイールを交換できない時代ですし、アルミホイール にこだわる事くらい、必要ではないでしょうか。

 

2013042101.jpg

弊社はディーラーとは違う

弊社にしか、出来ない事。

バリュープライスを考えてあげる事。

データーをお客様と共有してあげる事。

 

このWheel もバリューを考えて

お客様にご提供しました。

 

外国では中古車店と

メーカー系ディーラーも

同じディーラーといい、区別は無し。

 

 

 

弊社は中古車店ではありませんので 車輌在庫はほとんどありません。

でも、お客様が求めているものを新車から提供できる体制を取っております。

クルマが好き、とにかく好き 人と違った楽しみを味わいたい人、そんなお客様がいる限り、弊社は生き延びて行けます。

 

弊社は

カスタマイズを楽しむ方の ディーラー です。

 

すみません・・弊社はディーラーのような整備工場ではございません。

 

入庫台数が何台とか・・・整備待ちで・・・

そんな話 聞いてもつまらないでしょ。

 

 

 

でも、お馬鹿な故障情報は

面白いけど。

 

 

 

 

 

 

 

 


ロケーション。

 

 今週、水曜日・・・ 通常であれば 定休日だが、今週は納車できるタイミングが

水曜日しか無かった為、休日出勤です。

 

積載車で福島まで・・天気がとても良く、山の色も濃く感じる そんなロケーションロードでした。

納車した先のお客様宅の ガレージ と途中とてもきれいな 桜 に感動し、気づいた時には 1枚も写真を取れずじまい。

しょうがなく、ノースヨークの写真で何かをつかんでください。

 

4013040801.jpgイギリスと言ったら やっぱりロンドンを

イメージしますよね。

そのロンドン周辺には山らしいものは

全く無い。

とにかく 北に上って行かないと山を

観る事は出来ません、通常 4,5日の

観光であれば、こんな山を観る時間は

無いでしょうね。

いい、ロケーションでした。

 

こんな山に何しに?って感じでしょうが

この山の中で、弊社が輸入している

部品を作っているショップがあります。

 

 

WEBさえ、あれば こんなところにウェハウスがあっても問題ない、NETで何処にでも世界発信できるよ、

日本人はこの町では見たことが無い・・と言ってました。でも小生はそうは思わない・・・

どんなにNET社会と言われていても、人間的に問題があれば、輸入はしない。

ひとはやはり、商品のクオリティも大事だが プラス コミニケーション をとらなきゃ!

違うかな・・・?

 

 話は戻ります。

4013040802.jpg本当なら福島の桜を

紹介するところだが

カスタマイズしたディフェンダーの

写真すら撮ることなく

 ご帰還です。

 

でも、小生 また気持ちの良い

お客様に出会いました。

やはり、クルマはきっかけです。

 

 

色んなお客様の考え方や趣味など聞いて

共通点が多かったりするとますます話しも

盛り上がったりする事がまた楽し。

 

 

今回、短い時間でしたが、色々と話ができ、充実した納車でした。

 

 

 

若い時、バブルだったけど、勉強の毎日。

最初からすべて揃っていた訳じゃない、苦労して・・・苦労したから 楽しさを感じる事ができてきた

この歳になって ある程度 お金にも少し余裕がでて、今 ようやく 色んな事ができ、手に入れられる環境になってきた。

そう、言ってました。

 

小生も同感です、苦労はあってこそ、良き人生を感じる事ができるのでしょう。

生まれた時から 宝くじがあったような人生なら、何が楽しくて、何がつまらないか、分からないしね。

 

 

ロケーション。 自分が立つ位置をしっかりと考えて行こうと思う。 

(小生はお客様に生かされている事だけは分かっているつもり)

 

次回はWheelの話でもします・・・

 

このブログ、

以外に同業者もチェックしているんだって。

 

たいして面白い事 書いてないし

しかも、クルマの話はめったに出てこない。

 

まぁ、気にせず 何でも書いていきますよ これからも。

 

 

 

 

 

 


RANGE ROVER EVOQUE.

 

このところ、サービス業務に追われていて

全く、整備ネタを書いていないが、整備ネタと言うのは

数を多くこなしている所が断然、ネタ話は多いだろう・・小生の場合は普段の整備ネタは

そう言う専門ショップに任せるとします。

 

でも、変な修理の時は 時々書かせて頂きますがね・・・

変と言えば、この間 Aクラスのドライブシャフトがハブ手前でボッキリ折れて(と言うかねじれ切れた感じ)

走行不能で入ってきたり・・・W211のショック内部より カタカタと異音がでてたりした車輌もありました。

 

 

でも今日は変わりネタではありません。

2013041403.jpgレンジローバー イヴォークです。

話すネタは サービスモードを知っていますか?

と言う事です。

今回のサービス内容はブレーキパッド交換です。

低ダストタイプに交換します。

 

弊社には専用テスターがあるので、

サービスモードに設定して作業を行います。

 

何、パッド交換でテスターですか?

と思う方は時代遅れといわれますよ。

 

 

 

2013041402.jpgこの写真で分かりましたか?

サイドブレーキが電気式の車輌は要注意です。

もちろん、イヴォークだけではありません。

 

VOLVO、JAGUAR、その他色々と、

装着しております。

 

このソレノイドがサービスモードを必要とする

理由です。

 

 

 

 

パッドを外した瞬間!ギユーンとドリルパンチが

飛び出して・・・あぁ~と思っている暇無く

ピストンがニョキニョキと、元に戻すのが大変に

なります。

 

そうなる前に必ず 入庫するショップのスペックを確認してください。 

もちろん、マニアル(専用テスター無し)でサービスモードに出来る方法もございます。

でも、それは 受け入れるショップが勉強すべき事なので、専門店であれば、知っていなくてはいけませんね。

2013041401.jpg

 

 

せっかくなので、パーツクリーナーでキッチリ

清掃です。

鳴き止めシムは再使用しません。

ロックする突起が無い為、ローターに

干渉するからです。

 

 

 

 

 

 

 

ホイールに付くダストが少なくなり、黒く汚れる事が減るのかな?

お客様の指定なので、まだ使った事はないのが、本音です。

 

 

このように

色々な車輌が相変わらず入庫してきます。

何か、気になる事があいましたら、さらりと アップして行きますので。

 

 

 

 

 

今月は、県外納車が何台か控えておりますので、時間がある時にでも、納車情報もアップして行きます。

 

今日の仙台は絶好の花見日よりです。

来週にはもう少し、北に進むかな?

 

 

 

 

 

 

 


トラブルと責任。

自動車業とは?

いわゆる サービス業です。

サービス業は 正直 色々なトラブルが起きる。

望んでいる トラブルなどは無いが、最近は人為的ミスによるトラブルが増えてきた。

 

最近 あったトラブルについて話をします。

 

自動車の故障や商品違いなどは見抜けない販売店の責任でしょうか?

それとも 自動車を作ったメーカーの責任、又は受け取った側の確認不足が一番の問題で

販売側には責任が無いのでしょうか・・・? どちらにせよ、本質から外れていると小生は思っている。

 

自動車製造メーカーの責任、 商品の発送先の責任、それとも 故障する事を見抜けない販売店の責任、

受け取る側の責任・・・・ そう言う問題ではない。

 

一番 迷惑しているのは、お客様。

 

信頼と信用だけで、クルマを買って頂き、そしてアフターパーツも購入してもらっている そんなお客様に近い小生だから

誠意を持って 謝る。 それはメーカーだろうが、輸入元だろうが、同じ 誠意を持って謝ることからすべてが始まるのだと

小生は思う。

 

部品の場合などは

製品不良ですか?代品送りますよ、 箱とか壊してませんよね?

それが先に言う事なのか・・・。

 

到着後すぐに不良品かを確認しないのが悪い?

2日も経っているじゃないですか?

 

信頼して、注文していたが、信用せず疑ってかかるが 普通?

 

輸入車を扱ってたら、当たり前にあるトラブルですよ!

そんな事も理解しないで、輸入車の取り扱いできますね。

 

それが話す順番では無い。

 

素直に謝れない人間は 何故か決まってトラブルやミスが多い。

 

リコール隠しでメーカーが危機的状況に落ちた事もある。 素直に謝る事ができなかったから・・・

間違いは誰にでもあるが トラブルが大きくなるのは、すべて会話からが主原因だったりするものです。

 

 

 

 

弊社、お客様には少しでも、輸入車を維持する為のリスクを減らす事に努力いたします。

 

パーツにもランキングがあるし、中古車にも程度の違いがある。

タイヤでも1000本造って200本程度しか世に出ない、

電子基盤も1000個造って2個使うかどうか・・・

 

厳選された部品の中でもユーザーの手に入る部品が悪かったりします。

 

すみません。 さすがにそこは 小生・・見抜けない。

でも、逃げたり、責任転換はしません。

 

 

必ず、トラブルを解消する事を第一優先します。

弊社のクオリティアップにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、

これからも ご愛顧 宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


輸入と経済。

もう少しで1ヶ月近く、書いていない事になりそうだ。

 

小生、現場作業を普段からするので、中々 ブログがアップデートしない時は

現場仕事がたまっているか、難題を抱えている病んだ車輌が入庫中かの どちらかです。

 

毎年この時期はタイヤ交換なども重なる為 しょうがない時期と思ってくれたら助かります。(サボっている訳じゃないよ)

 

ここ2週間、全く 海外のアカウント先と話をしていなかったが本日、為替レートを見てビックリです!

今日、送金したドルレートは100円ですよ。 ポンド送金は無かった為、チェックはしていませんが 

多分凄い事になっているでしょう・・・

 

弊社は輸入車を取り扱う専門ショップ。

少しは先を見るためにも経済ニュースは見ておく必要がある。

そこで最近、小生が考える これからの経済は? そんな賢い言葉では書けないが自分なりに

自分の声で話しておきたい。

 

この所の為替、アベノミクスだけが原因では無いと思う  もちろん株価があがり、円安になれば物価上昇はする。

でも、バブル と言われる時代でさえ、アベノミクスがとなえる物価上昇率2%!までは行かなかった。

バブルは株価があがり、円安になり、特に努力もしないのに何故か金がある・・・そんな方達が、

お金を使ってくれたおかげで経済を活性化する起爆剤になった。

 

でも、今回は違う。

アメリカが復活です ついにひとり勝ちする勢いなのでは無いでしょうか? それは、

今回のデトロイトショーなどでも良く分かる。コンパクトカーなんか、本当はいらない!

そんな勢いさえ感じる大型車種のオンパレードでした。

 

なぜなら、アメリカの経済赤字の約60%以上が貿易によるものだから。

そして、軍事予算も莫大にかかっている でも、軍事予算を今後30%

下げる事が実現しそうなのです。

 

この2つが、アメリカを強くする要因でしょう。

 

では、根拠は?

何故、また大きいクルマを作り始めた?

それは、シェールガス&オイルがキーになるようです。(原油のようなものです)

 

ダイハード4 の映画を見た方は気づくかもしれませんが、ガスプラントをサイバーテロ攻撃するシーンがあります。

1拠点でアメリカの3分の1の電力をシャットダウンできるのです。要するにそれだけのパイプラインがアメリカには存在します。

 

アメリカは電力のほとんどを火力でまかなっている為、電気代が高い・・・その為 海外に工場を移し・・・

アメリカの中での雇用も激減した。

 

今では中国に工場を作ってアップルを生産。そして、安定した火力発電を保持する為に

海外から来るタンカー輸送の安全をはかるため購入先のプラントをアメリカの力をもって

テロによる破壊を食い止めてあげている状態。 それで軍事力が必要となる訳です。

 

 

要するに シェールが見つかった事、 そして今からパイプラインを作らなくても 今のパイプラインを利用出来る事

アメリカの資源を使うので、他国の安全保障を削減できること などなどメリットが盛りだくさんです。

電気代も安くなれば 工場をアメリカに戻せるし・・・ 最高のシナリオですね!

 

インドは 中国と仲が悪いし、アメリカ人は日本技術を高くかっている、そしてヨーロッパはボロボロ・・・

これからは何処とアカウントすればいい・・・やっぱりアメリカ? 

 

 

最後に強く言いたいことがあります。 どんな時代になっても、ほしいと思う時に購入しないとダメだと思います。

仕事も今日終わらせようと思ったら絶対今日中に終わらせるべきです、明日には延ばさない事。

明日は明日の仕事がありますから! 経済だって明日、上がるか下がるかは分からないよ。

 

でも、円安はもう少し進むと思います。

買える時に少し無理しても買う。

それが、経済効果にもなるし

 

日本も変わります。

 

そんな事も考えてなきゃ いけない歳かもしれません。

 

 

 

そう言えば、中国が一番 シェールを持っているらしいが、

砂漠のど真ん中の為、輸送コストがかかり過ぎるという事で断念しているようです。

今からパイプを流すは大変だもんね。