TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

オーナーズブログ

波乱万丈。

0100.JPG小生が小学校の低学年の頃かなぁ、主人公が波乱万丈という名前のアニメがあった。

幼い記憶なのであまり鮮明に覚えてないが、とにかく金持ちで個人でロボット所有し、個人で戦っていたようなストーリー 何と戦っていたかは覚えてない。

何故、この話? 自分でも良く分からないが、夢に出てきた。最終回は以外に主人公は死に、執事が、最後お屋敷の門におおきな鎖と南京錠で閉める、そして足で音頭をとり、オープニングの音楽に合わせ片足でステップを踏む・・そんなシーンが浮かぶ夢だった。

 

 

多分、それであたっている。

アニメの名前も思い出せないが、

何故か次の日から心が変わったような気がする。

震災から3ヶ月が過ぎた、町は今もガレキだらけで変わってない。

2万4千人以上が無くなった。 写真はパリだが、夜景なんて今の宮城には観れるところなどない。

受け入れろ!そういう気持ちに シフトしてきた。 そういう3ヶ月です。 会社は、震災前の状態に

完全に戻りました。設備もすべて復帰です。クルマも遠方から、購入してくれるお客様で、ありがたい。

 

幼児期はきっとショックだったのだろう・・主役が死に、召使のお爺さんが生きる。

でも、今は違う。 寿命が分かっている年寄りが一番先頭にたち、

ガレキ撤去をしている。絶対、そこに町が戻って来るまでは生きてない

それを、知っていても ほんとうに一生懸命です。

 

自分の子、孫が しっかり生きて、町を復興させ、幸せに過ごせる それを夢みているのだろう。

今に、写真の夜景に負けない町を 子供達よ、築いてほしい。 先祖が残した綺麗な日本と物づくり

これを日本人は絶対に忘れてはいけない。

 

小生、誰に向かって言っているのか、意識してはいない、今回のお題は 初めての本牧埠頭でのお話・・・

なんて考えていたけど、今日は突然、こんなブログを書こうと思ってしまった。

 

整備の質問など、電話が多くなってきて、少しは弊社も世の中に浸透してきたかなと思う。

だから整備ネタのブログではなくなる・・・。

小生にとって、ブログとは 分かってほしいと言うより、

心に感じた報告なのかもしれない。

 

0008_1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地区は 町には戻らず、国有林にする方向で考えているらしい・・

大丈夫、また魚が集まり、子供も集まる。

そして、町になる。

 

小生はそう思う。