TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オーナーズブログ

小さな旅の始まり3日目。

00391.JPG今日は朝から電車での移動が主です。

行き先はオックスフォード駅のひとつ手前です。

朝、7時に準備開始、地下鉄を2本乗り換えてパディントン駅に到着。もちろん下準備はWEBにて時刻表をダウンロードして出発の1時間前には到着です。

去年も国鉄を移用して離れた町に行きましたので多少は慣れたかと・・・。

でも、チケット売り場が変わってる?あれ、と 思い落ち着いて回りを見渡すと どうやら勘違いのようで、去年きたのはヴィクトリアでした!慣れた気になっていたのに急に不安に。それなりに並んでいるところを探し、きっと ここが切符売り場だろう?・・って確信も無く30分並んでいました。

ようやく、次は自分が買う番になった時、ここじゃない!と気づく。 この列は日本で言えばびゅープラザみたいなもの。イベントチケットと国鉄がセットになっている売り場でした。どうりで言葉が色々で、時間がかかる列な訳だ・・ヤバイ!時間が・・と急に余裕がなくなる。もちろん何度も行き慣れた人ならパディントン駅とヴィクトリア駅は全然違うだろうが・・小生には正直気づくのに時間がかかってしまった。そして間違いない、ここだ!と思える列に並ぶ。まるで銀行で並ぶATMみたい。機械が人間になった感じです。

やっと自分の番。 往復でチケットを00000駅まで お願いします!注文すると、係りの人が最高の笑顔で、発音が違う!もう一度!と言う。そしてまた注文!するとまた違う!と言われ、ちょっとムッとしてまた言う。また発音が違うと!何処が違うの?と聞いたら発音以前に駅の名前が違うんだって!最初から言って欲しかった。でもアポ先から聞いてメールをもらったので間違い無いと思っていたのに・・何て事だ!。もう時間が無い・・プラットホームナンバーを聞く!ここでまたじらすのだ!きっと小生がタイプだったのかもしれない・・・ようやくナンバーを聞いて3分前に乗車しました。もう・・帰ってもいいかなぁ~と思う。

 

0020_1112.JPG

 

話、変わって。ここが最古の大学と言われている

有名大学。

名前はググちゃえばすぐ出てきます。

小生、歴史や文化には正直詳しくない・・クルマバカだから。でも感動します。デカさ、では無く、人間が作り上げた時間の歴史に・・。

ここを拠点にディーラーとサプライヤーを訪問します。観光は?時間が無いから無理。でもいつかまた来ます。仕事抜きで。現地の人は学生ばかりで何も無い所だよ。と言いますが何となく仙台に似てるような街に感てしまった。 

 

0011_11.JPG

 

 

 

ここは、オックスフォードの有名な市場。

入り口は普通の人では分からないと思う。ほんと狭い路地。

入るとそこは別世界でした。あぁ~ゆっくり観たい。

けど、無理だなぁ~おぉ~刺身とか売ってる!

とてもマグロには見えないけど。

 

 

 

 

 

 

0007_11.JPG

 

 

 

 

なんとなく、気になって撮影した。

なんで撮ったのは覚えてないが、

意味がある場所ではなかったかな。

 

 

 

明日は 週末の為、仕事を忘れて、フランスに行ってみようと思います。

とりあえず、新車オーダーの話も出来たし、弊社と取引しているサプライヤーにも会えたし。結果 オーライです。

帰りの切符も手元にあるしね。パディントンは終着駅だから 寝て行ける。 混んでなければだけど?。

世界の車窓 をイメージしていたが、まどろむ ことなんか出来ず 少年少女が騒がしい、

雰囲気なんてありゃしない。

 

でも、昼に食べた 黒酢入りの中華がうまかったなぁ~。

そう、イギリスで一番うまい 食べ物は きっと中華とスムージーかな。 

 


小さな旅の始まり 2日目。

0066_111.JPG2日目は朝から 雨です。 

一応、日本ではスタッフが一生懸命仕事しているのに寝てる訳には行かないよね。なので朝8時から行動です。

レンタカーを借り、ロンドン郊外のLRショップを片っ端に観て回り、良い出物と目新しいものが無いかをとにかく探す。

これが、英国での仕事です。

隣の写真は? そう、あの有名な007に出てたボンドカーです。 実は仕事を早めに切り上げ、以前 来た事がある自動車博物館に 足を運んだのです。

以前 来た時は 車輌を貸し出ししていたようで数が少なかったが、今回は所狭しに並んでおりました。

小生が思うには、個人コレクターのクルマを乗らない冬の間、無料で預かり、

タダでインドア保管するのだから、飾ってもいいよね?

くらいのお話で置いてあるのではなかろうか。

0060_1112.JPG

 

 

こんな、クルマ ばかり 気になってしまう・・。でも、来年は小生のジャグアーも17歳になるので、そろそろ?いいかなぁまだ早い?!気になっているのはレンジローバーディーゼルなんだけどね。

 

 

 

 

0065_11.JPG

 

 

コイツもアストンです。

クーペ ラインの代表みたいなクォーターです。

 

 

 

 

 

0061_1.JPG

 

 

 

 

いつまでやっているのか?は確認してこなかったが

ヘリテイジモーターセンターの敷地内で ランドローバーの凄さを体感できるイベントをやっております。がっちりコースを作り、山あり谷あり、川あり水溜り有りで、ひっくり返りそうなコースを専門のドライバーが付き体感できます。これは是非、みなさん行ける人は体感してください。実は小生、初めて英国に行った時、ソリハルの工場で体感しました。!有料でしたが、とても楽しめましたよ。 美味しくないサンドイッチ付きのツアーだったけどね。いい思い出です。

 

 

 

0021_11.JPG明日は オックスフォードに行きます。

国鉄を使って、終着駅まで。

細かい話は3日目で。

 

 

この写真、そのオックスフォードの大学の校内で撮った写真です。ここが、世界で1番か2番目に古いと言われている大学です。 あの、ハリーポッターで生徒全員で長いテーブルに座り、食事したり話を聞いたりしていたシーンの撮影現場ですでもしっかり有料なんです。この続きは次回と言うことで。


小さな旅の始まり。

0101.JPG今回の訪英で、何回目になるだろう・・

もう5回目でしょうか。

出発の日は仙台も東京も朝は雪模様でした。珍しく新幹線で大宮を過ぎたあたりでさえ薄っすらと雪景色です。

もう、英国までのキャノンボールのお話は以前もしたので今回は省略いたします。

今回の目的はメーカー直系の新車&輸出の専門会社とのアカウントオープンが狙い。

たまたま、新車のオーダーを頂いた為と中古車の買い付けが出来ればなぁ・・が本音です(簡単に言うと)

英国という国も結構いい加減な所が見えてきた。

最初はやはりジェントルな国のイメージであったがさすがに5回目となると

システムのいい加減さを理解し始めた。何故って?だって新車取り扱っております!と言いながら行ってみれば、新車に近いクルマと言う意味です、と言われ32000マイルも走っているクルマを見せられるし、シロが欲しいと言えば、シロにします と 言われます。本当の新車は無いのか?と聞けば、ディーラーにはあると言い、英国人に確認を取ってもらうと、シロなんか英国では造って無いと言われる。 もう最初から言よ!とさすがに小生、日本語で激怒する始末です。(やはり、日本人は最高です。)こんな話より、まずは スケジュールをお話いたします。1日目 午後3時過ぎに ヒースロー空港到着です。 夜は日本から持ち込んだ米とレトルトでおしまいです。

2日目から、本番です。

まず、手始めにレンタカーを借りて中古車店廻りです。 でも 2日目からハプニング、レンタカー会社に電話したら、担当者が休みでクルマもなければ迎えに行く事も出来ないと言われ、地下鉄とバスを使い、とにかくレンタカー会社に行きました。(今回の旅ですが実は最初からハプニング続きなのです。本当は出発の飛行機にも乗れない話になっていました なぜ?って e-チケットで予約したのだが、名前の入力を間違えた事に気づかず、そのまま成田、パスポートと名前が違うので発券できないと言われ、当日チケットを買ってくださいだって!3倍以上するチケットなんて替えないよ!とおおもめでした)結局なんとかなったけど

 

010611.JPG話の脱線はいつもの事です。

でも結局、英国にも行けたしレンタカーも借りれたし、レンタカー使ってランドローバーショップでミニカーも買ったし、何だかんだと結局目標達成の2日目でした。

3日目はパディントンに行き、オックスフォードまでの切符を買います。ここでもハプニングです!この続きについても次回のブログでお教えします。

4日目は 初めてのフランスに行きました。セントパンクラスからユーロスターでドーバー海峡をくぐり、パリへ!そこでもハプニングというより、文無しです!

開き直ってポンドは持っていたが両替えすること無く、フランスには びた一文、使ってやらねぇ!と

思いながらただ、ひたすら歩き。

5日目はルーブルでレンジが無いかと飲まず食わずで朝の9時から午後2時近くまで観てまわり・・・

観光客が絶対観て回るだろう・・と言うコースを小生も観て回り・・最後はモンマルトルの丘に登り、・・・

パリはスゲェと感じて・・・また英国に戻る。そんな旅です。 細かいご報告は後ほどでいいよね?

キーボードをたたく方も疲れたけど、読む方も疲れたでしょ。

それでは、最終日だけ晴れたロンドンの写真を添付します

 

実は初日からずーと天気が悪く、晴れたのは帰る日だけ。

数 多く、行けばそんな旅にもぶつかるさ、だから 旅は

 

面白い。

 


Range Rover 4.6 30th

レンジローバー、 ブリティッシュレーベルをプロデュースしている限り、

4x4 SUV となれば、必ずお奨めしてしまう。

個人的には唯一、身近に感じる事ができる

英国車ではないかと思う。

 

意味があって エアサスを武装し、意味があってあそこまでヘビーな重量にし、

意味があって、皮質にこだわる。 一見、アメ車より?とも感じた事があったが、でも 違う。

そう、確信するのが 2nd レンジローバー 30周年 アニバーサリー エディションです。これは小生が

一番 惚れ込んでいる(レンジローバーの中で) と、言っても 大げさではないかもしれない。

ようやく2台目が弊社に入庫し、2ヶ月を費やし、仕上げ直ししました。 若干、オリジナル と

異なる点もありますが ほぼ、オリジナルに戻せる範囲での変更にとどめながら仕上げました 

 

 

変更点のご説明。

0003_111.JPG

まず、アルパインHDD NAV モニターをインストール。そしてさらにCD&DVDの再生できるデッキ。もちろんi-pod対応ケーブルもセット。

地デジも4チューナーにし、当たり前!と言えるETCをセットしました。

 

 

 

 

 

0003_411.JPG

 

ステアリングは純正に合わせて、2色の皮を手縫いで仕上げます。もちろんステッチはヨーロッパステッチで縫い上げます

日本の皮巻きハンドルとヨーロッパの皮巻きでは本当にミシン目もステッチ間隔も違います。ここは ヨーロッパで押さえておきたい点ですね。

 

 

 

0009_311.JPG

 

 

キレイに仕上がってます。

自分で言うな、って言われそう。

お客様が感じる事です。 でも、

この仕事は小生では無理です。

 

 

 

0018_111.JPG

 

 

ボールジョイントも上下とも交換し、ついでに専用工具で、センター出しをします

もちろんついでにオイルシールとデフオイルも交換です。

 

 

 

 

 

001311.JPGめったに使わない スペシャルツールです。

しかも耐久性もいまいち。

この程度の仕上げは仕上げとは言いません。

ですから、ここに紹介しきれない程、手を加えております。それを自慢したい訳じゃではないのですが、是非 このクルマに興味がある方はアニバーサリーを観に来ていただけますか?小生のこだわりが伝わるクルマになっております。

 

たまには 営業ブログもいいでしょう?このクルマに乗ってくださる方を 本日より募集いたします。いつでも観に来てください。いつでも、あります。 

さぁ、クルマのメンテナンスもそろそろ

春に向けて準備しましょう。

 


入庫状況。

今年、一発目の大掛かりなカスタマイズをご紹介します。

ベースはパナメーラターボ、約2,100万円 そのベースにかなりの装備をぶち込みます。

 

002.JPGマンソリーのワイドボディパーツ。

ランプ関係もすべて変更し、タイヤホイールも変更です。新車の乗り心地を体感する事無くすべてをカスタマイズします。幼児期の頃よくプラモデルを造ったが、まるでその延長!形成を整え 合わないところはパテ処理し、すべてをフィッティングしてから外してまた取り付ける。 ホント この作業はクルマが変われど作業は50年前と何も変わらない。手間暇かけて いくら?のお話です。とは言え、金額もハンパじゃない、レストアのレベルにもよるが、ここ20年前くらい前のクルマをレストアする以上の金額です。

現在の入庫はホントさまざまです。最近非常に多くなってきたのはステアリングレザーの巻き直しや、オンダッシュしか取り付けできない車輌へのナビゲーションインストール作業やら・・でも、ようやく自動車に対する感心と言うか個性的な時代に戻りつつあると言うかクルマを楽しみたいと言ってくれるユーザーが多少ではあるが戻ってきているような気がします。プレッシャーもあるが、ユーザーとカスタマイズする話はいくら時間があっても足りないね

101.JPG

 

 

こちらは、2ndレンジのフロントパネル。

もともと純正オプションでナビ設定があったが、今回はアルパインの現行オンダッシュモニターをインストールし、30thアニバーのメイプルウッドに変更します。若干色の違いがあるが全体のウッド色が変更になるのでさほど眼立たないかな? 気になる?

 

 

 

 

 

ステアリングの張替え何かは、最高の出来栄え!ですが、

画像を無くしてしまったので、またの機会にアップします。

 

話は変わるが、

今週 出張から帰ってきました。 日本ディーラーが 他国に負けっぱなしで新車もままならない為、

新車オーダーしてきたり・・などと色々な場所に行き、話をしたりと かなりの情報収集ができました。

フランスにも行ったのだが、そこで!スリにあい、飛んでもない思いもしました、

この続きはまた小さな旅の題名で、お話いたします。

 

パリ。初めて行きました。 

ナポレオンって本当に凄いヤツなんですね!

ヤツ と言える相手ではないが、ほんのちょっと 身近に感じた 旅でした。