TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オーナーズブログ

来月、訪英してきます。

毎年の事だが、年に一度 訪英に出かける。

まず、 何故 英国?と思うユーザーもいる と 思いますので 簡単にご説明いたします。

当ショップは ドイツ車メインの オートデザイン と 英国車メインの ブリディッシュレーベルがあります。

正直、小生はドイツ語がまったく ダメでして、英国ですと 英語圏と言う事で 気が楽!。

それに 同じ、EU 圏なのでドイツ車のショップもかなりあるので一石二鳥ってことかなぁ・・。

ただ、仙台からだと 遠いのがネックですね、現地ホテルまで移動時間が20時間程です!。

 

今回も またまた ランドローバー のイベント見学を1日取っております。 そのイベントについて

ご説明いたします。英国ではランドローバーは国車です。 日本で言ったら相撲位の国民に

愛されるクルマ、の為 ランドローバーだけのイベントを1年の中で3回行われます それが7月、

8月、9月 と たて続きにやります。まぁ向こうは ホリデーがあるのもこの季節ですから、

人が集まりやすいって言うこともありますが。 去年とは違う、ショーを見学しながら、取引

先への訪問も 同時にこなそうと思います。 日程については8月27日~31日まで。

超、弾丸スケジュールですが何か買ってきていただきたい!

何て お客様がおりましたらお電話 お待ちしております

何でも買ってきちゃいますよ!そうだなぁアストンマーティンとかがいいなぁ

小生のカードで買えるかなぁ・・・カードばピカピカ 光ってないけど・・・。

 

0001_80.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツのキッチリ した走りと すこしユルイ走りを 融合させられるのは きっと日本人だけ。

だから 小生は ドイツとイギリスのコラボを続けて行きたい、20年~30年後の自分の車

これが 自分のステータス。 そう言えるクルマを スタッフ一同で考え、プレゼンして行きます。

 

まだ、1ヵ月も先の話ですが・・。

 

 

 

 

 


BREMBO.(Brembo)

0001_79.JPGブレンボってどこの国でしたっけ?

フェラーリの特許とも言えるくらい親密な関係のメーカーでしたか?いや、ランエボにもインプレッサにも付いていますからどこの国の製品なのかが完全にボケかけていると思わない?

最近じゃ、ベンツにもブレンボです。ドイツと言えばAte じゃないの?AMGキャリパーはAteでしょ!英国ジャグァーと言えばAP じゃないの?こんな事言う小生はマニアかい?流行に乗ることの方が大事なのですか・・わざわざブレンボにAMGのロゴまでいれちゃって!あっ、弊社にある C36 DEMO カーもまさにその流行にのってた。でもイタリアってデザインは凄いよね。ホント、誰かが言ってたけど美術品って感じだよ。

 

 

0002_57.JPG       575でした。このクルマなら OK です。赤ってとこも 575 なら許してもらえて当然です。

 

 

 

0004_29.JPGブレンボじゃなくておチャラケで所さんのようにアメンボとか入れたらいいのに。

しかもこんな純白な575なら絶対許してもらえると思うし、絶対そう書いて無いとハナカラ伺うよちなしだろうよ。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、7月も3分の1が終わった。これからが暑さに耐えなくてならない季節。人もクルマも過酷な条件を

突きつけられる。 エンジンだけでは無く、ブレーキも点検してくださいね、スーパーカーに限らずどんなクルマも

とても大事な事です エアコンだって今からが必要不可欠。

不安に感じているお客様がおりましたら遠慮なく

お問い合わせくださいませ。

 

 


0003_46.JPG多分、小生と同じ位ではないかな。

何がって、そう生まれた時代がだよ。

と、独り言 を言う。

もう、40年以上も経つ。しかも生まれた時の時代のクルマなんて何が調子いいか!何て分かるわけ無い。でも入庫した以上、やるしかないだろう・・・と、担当マイスターと話す。基準が分からないし、資料もないし・・・でも、仙台にはまだ、現役で当時新車のジャグァーを診ていた人物が居る。要するに40年以上現役でツナギを着ているって事です。

ありがたい!と言うより 凄いと思う。

 

当時、日本は スバル360 が カナブン のように走り回っていた時代に

このクルマは 4輪ディスクブレーキでツインカムの6気筒のエンジン、しかも内装は

ウォールナットをフンダンに使い切る。贅沢や高級車と言う前に手間と時間を

かけ、作り手のプライドさえ感じほどの完成度・・・

これこそが日本が目指したことなのだと思った。

 

アンティーク なんて言うな。その人物にとっては何も変わってないのだから!

いつも 同じツナギを着て、いつも使う工具に囲まれ、いつもの時間に・・・・

シャッターを閉めてきただけの話。

 

その時代は時代で大切な歴史。

必要ない 歴史なんて無い。

 

小生・・・まだまだ 青二才って事です。

自動車の歴史の中に立てば本当にまだまだ カケラ でしかない。

100年だよ、すべての基準は! 100年・・・生きてないかも。だから自分の歴史は

アンティーク にはならない って事だよ。 みんな、昔はねぇ・・・・なんて話は無しだよ。

0006_16.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知り尽くすこと なんて 出来るはずが無い。

きっと 死ぬまで 学習し続けるのだろう・・。

 

 

 

 


0002_55.JPG新色と言っておりますが、違います。

いつものウォールナット柄に半つやのクリヤーをコーティングいたしました。いつもはハゲてこないようにクリヤーで保護いたしますが、あえてつやを半分だけにしてみました、いかがですか

見慣れて無いせいもあるかもしれないが、小生には結構、アリですね。新鮮と言うより何か懐かしい感じです。

昔はクリヤーをとにかく厚く重ね、何十にも層を作り高級感を演出する家具がほとんど、でもその中でナチュラルウッドは手あかが気にならなくて良い、と言う事で多少ですが人気もあったのも事実。そう・・これはナチュラルウッドを意識しました

 

 

 

0001_77.JPG消し の感じが良くでております。

実はこのクルマはお客様の依頼では無く、勝手に小生がお客様のウッドを変更いたしました。 現在本国より自社輸入した車輌を徹底的に仕上げ中。

決して新しく無く、高額なクルマでも無く、付加価値を小生が決めているクルマです。日本でよく見る車輌だがエンジンが違う。えっ、ただそれだけでわざわざ輸入するの?と言われそうだが、そこが小生のこだわり。

これを理解してくれるユーザーが居る事がうれしい し、信用していただいてる事に答えなくてはと言う気持ちで手なんか抜けない。こういう車輌販売が小生の夢でもあるんだ。

 

 

これからも輸入をしようと考えております。

何か謎めいた話ですみません、車種も教えないしね、

でも、興味がある方は小生に質問あれ!何でも輸入するし、

何でも対応します。と、言う気持ちで!  お話いたします。

 

0004_27.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


WDB240.....

0003_40.JPG6月はかなり、バタバタ した月でございました。

入庫台数なども今年に入って初めてと言っていいくらい、ホント弊社を利用していただいておりますお客様に感謝ですね。

エコ替えより何がエコなのかが理解されてきているのでしょうか、。

ところで、弊社にはとにかく色々なクルマが入庫いたしますが、左の写真のクルマなどはどうでしょうか?マイバッハ

どんなクルマかと説明するときは?

同業者の方にはW240だからSLAMGを4ドアにしてリムジンにしたようなクルマと説明。

弊社ユーザー様には、カブトムシとクワガタムシを

足して2で割ったクルマと説明する。

 

とにかく当時、ナンダカンダで¥50,000,000-と言う車輌です。どこにその価値があるかは

購入したユーザーにしか分からないかも。もしくは、成功者の証、シンボル、ステータスかもね。

強烈に 加速し、強烈に止まり、強烈に快適なクルマ。 それがマイバッハです。

車検で入庫したのだが、陸運支局では測定不能でかなり四苦八苦でした。

何故って、ホイールベースが マルチ測定テスターの 3m20cm をゆうに超えるし、

スピード測定はフロントで測定するのだが、大型コースにはフロントを

回してくれるテスターは存在しない。でも測定しなくては

車検証は出てきません。 何とかそこもクリヤー。

そして最後にテスターにて色々なコードを消去し、

アダプテイション作業を終える。

 

0002_51.JPG速度も後部座席で確認可能。

すべて ウッド形成で仕上げられ、大型モニターも完備。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0001_73.JPG世界には色々なクルマがあります。 だから、弊社みたいな小さなショップには限界がある。専用テスターだって、マイバッハの為だけに 用意は出来ません、でもそれは世界中のショップが同じ問題を抱えている事なのです、でも応用力のある ショップは 診断の入り方を変えて進入します。要するに、最近のクルマは専用設計と言いながらも使えるところはとことん使うって事¥500万も¥5000万も原理は一緒。しかも使ってる部品も同じだったりします。 だからやはりステータスで乗る車でしょうね。

 

 

0003_44.JPG車検の時、パッドの残量を記入するのだが、どっちを測定すればいい?

転がり抵抗を考えればフロント側?

 

もの凄い、キャリパーバランサーが装備され

もの凄い対抗キャリパーも装備されている

小生、足回り好きなのでツイツイ目が。

 

 

 

 

0001_72.JPGこれは普通かなぁ~。えっ携帯ホルダーがボタンひとつで飛び出してきます!。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、ちょっと、めずらしい クルマ の紹介でした。