TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オーナーズブログ

時間という時代。

0002_5.JPG もうじき、走りやすい季節が終わろうとしております。

東北は 一ヶ月もしないうちに雪が降るかもしれません。

本当ならスタットレスタイヤなどの紹介をすべき時期でもありますが、ブログは相変わらず、個人的ネタと感じた事が主軸となりそうです。でも、何とか、皆様のおかげでこの不況中

経営し続けている事実を改めて思いながら季節の移り変わりも同時に感じております。突然何を言い出すのかい

と、思うユーザーもいるだろうが、やはりしみじみと、クルマ好きが減ってきたと感じている!クルマや単車が趣味?・・

 

現在、色々な楽しみ方があり、趣味趣向もアナログからデジタルまである時代。

この間、TV を観ていたら、TV-CM ベスト3をやっていたんだけど、その、

コメントが、もう今の時代には2度と来ないCM だと言っていたことが気になった。

 

新幹線で人を待つ、ただそれだけのCM だが、どの列車で来るか、それとも

到着に間に合うか、すれ違ったら・・と色々な想像が飛び交う、今は携帯電話

や携帯メールがあるので事前に連絡は当然のこと、だから何時来るか分からず

待つなどありえない。待ち合わせの間に時間つぶしのように携帯を使う時代、

 

時代はデジタルが進み、生活はとても楽になり、情報も自宅にパソコンがあれば、

何でも知る事ができる・・・そんな時代で今、小生が言う、特化した付加価値

は、現代人には伝わるのかが、多少心配になる。みんなと同じクルマ・・みんな

と同じ、趣味・・それが現代人の共通している事であるならば小生はこの時間

 

には、乗れない。

 

もうじき、使い捨ての時代は 終わる と感じている。

そう思いたい、思っていなきゃ、修理工場は消滅する。


カスタム。

0005_1.JPG 0006_1.JPG 0002_1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

これって、仕事には見えないよね。

でも、仕事です。弊社がお付き合いしている業者の社長様から依頼を受けた立派な仕事なんだ。

多分、ベース製作に1年はかかっただろうと思わせる単車 それを乗り手側にさらにカスタマイズする。

ティグ溶接を施し、オリジナルフレームを造り、そして エンジンをかなり過激にボアアップする・・これこそカスタム

クルマだって負けてはいられない。そう思わせるほどのマシン。ただの改造車じゃない!ちゃんと走る

 

これが、小生が一番大事と思うポイント。

 

カスタマイズは大金をかければ良いと言う訳では無いがでもオリジナル&加工こそが原点。簡単に言うと

大径ホイールをはいているのにブレーキキャリパーを塗装でカスタムするなんて、・・・・それは、カスタムでは無く

ドレスアップ程度?くらいで 分けて話をしてほしいって事かな。カスタム  この言葉に負けないクルマ

を小生も造る。上の写真のような改造ではないが、まっすぐ走り、きちんとコーナーを駆けぬけ、ハートが

ときめく加速と、が感じられるクルマ。それが小生の目標である。何で造ろうかな?と考えているのが、

 

ただ 楽しい。

bike15.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 


問い合わせ。

0003_18.JPG

0001_27.JPG

こんな事はあまり無いのだが、只今ベントレー&ロールスロイスが入庫中である

どちらも レストアレベルの作業になりそうではあるが、やはり現在の仙台事情では受け入れ先が非常に少ない為におこる現象です。

正直、上の写真は今から37年前のロールスロイス。下は最終型ターボRです。

小生はいつも言っているが、弊社はあまり整備ネタのコメントやブログは書かない、英国車を扱うショップなのだから、英国の技術発想を学ぶつもりでどんなクルマも拒んだりしない。

 

まぁ、さすがにすごい、何がって、そりゃ付いてる部品の発想だよ、

かなり現在の車に生かされてると感じる。でも、正直・・弊社で治せるのか?とも考えた。

クルマを扱う。と言っても色々な分野が存在する・・板金だったり、内装のリペアだったり、・・・

そんなスペシャルな人たちの力を借りて、クルマは完成して行く・・。だから人間と一緒と感じる

 

今、弊社も改革の時期なのかと感じている。

ワールドワイドにならなくては?と考えた時期 。

技術がある!などとうぬぼれた時期・・・・・。

ひとりでも、やれると自信に満ち溢れた時期

 

でも、

何も変わらないのは、 小生はクルマ 馬鹿だ!と言う事。

エコと言われても、ガソリン不足と言われても、若い人達がクルマ離れしていると言われても、それでも、

クルマが好きでいる事。少しも心が時代の風になびいた事は無い。小生にはまだ信じられない・・・

クルマより携帯電話のほうが大事と言う若者が。コミニケーションツールがクルマでは無く携帯やメールなんて

 

上の写真の時代にもスペシャリストが存在したんだよ 最高の技術と最高のセンスをもった人間が絶対

いたのだ。年寄りから学ばなければ小生だって絶対に治せない。歴史を作ってきたひとを尊敬し

そして、技術を惜しみなく伝える。そんな会社にして行こうと 考えさせられた2台であった。・・・

 

 

当時のクルマに現代パーツ融合させ、完成度上げたりしているが、

でも、それが本当に良いのかは分からない・・・センスって本当に大事だよねっ、ひともクルマも。

 

 

 


新蕎麦。

0035.JPG小生は 大のそば好きである。

とにかく、何処にでも食べに行くくらいのそばフリーカー。

このお店は、天皇献上そばの経歴がある事で有名なんだ。

一人で山形に行き、そばだけ食べて帰ってくる。これが今の季節の楽しみ方です。

 

愛馬で山をかけぬけ、

愛馬で季節を感じる。

クルマでは感じる事ができない 肌で感じる 温度変化。

もうすぐ、冬が来ます、寒だらし、と言うそば粉もありますが、

今は何を食しても最高の季節。 自分にとっての最高の乗り物で、

季節を感じるのも 良いかと思う、整備に行き詰まると仕事を忘れ 愛馬に乗る。

体を休めると 次の日に神が降りてきてトラブル箇所を教えてくれるんだ、と言うスペシャリストがいる・・・・・

まさに小生も、そうかもしれない、季節を感じ、過ぎ行く時間をたまに、ゆっくり感じるのも良い気分転換になる

  0025_1.JPG 

 

これからの季節、どう楽しむかは

自分次第。

走る・・ただそれだけで気分が変わる事がある。

そんな乗り物が好きだから・・続けて行くよ。小生は

 


DRB Ⅲ.

0011_4.JPGこれが、DRBⅢテスターである。ペップモジュールも装備されて、波形まで確認できるユニット。相変わらずテスター好きの小生ではあるが、こいつのスペックはまさにディーラースペックである。2004yまでをフルサポートする、それ以上の車種については現在 スタースキャンで対応するようだが、こちらについては 不安定な供給になっており、近いうちに 新しいテスターに変更されるらしい。

 

最近は 必ずと言うくらい、必要とされている テスター。

ディーラー撤退が増えてきているこの時代、長く乗る事を 

最大のエコと思っている人たち。に少しでも協力したい。

そう思い、購入を決めた。 少しでも小生と同じ思いで、

長く乗る事こそ、真のエコと感じている方は是非、弊社へ

近日中にクライスラー事業部として、立ち上げる予定でおりますので、

準備が出来次第、ブログ&雑誌でご報告いたします。

 

ところで、

相変わらず サービス部門はありがたい事に忙しい毎日を送っております。

最近は加工や、お客様からの特注部品の製造まで手がけている次第。

 

もちろん、 ミッション&エンジンのオーバーホール などは、 現在もやっております。

なんでこんな話をするかと言うと、オーバーホールが出来るショップが激減中なんだ。

今もベンツがミッションオーバーホール中、この車輌、県外のお客様ですが探したあげく

仙台に到着。近場はすべて、リビルト、もしくは新品のみ の対応しかしない。

ミッションおろか、ステアリングギヤボックスをRECONと書いてあるのに 新品の在庫が

ある!と言って売ってる ネットショップもある。

 

古いものを現在も変わらず造る!なんてことは

絶対に無い。  (作ってもらうならあるかも?)

 

(OEM。)いう名前で新品があったりするが、

エンジンやミッション、ギヤボックスはオーバーホールが出来ます。だから、ドイツも英国も

必ず、オーバーホール品を今もストックしてるんです。これが日本車のように、ラック

なら別ですけどね。だから、オーバーホールをして、少しでも エコに協力している

プロショップをみなさんは探すべきです。

 

長く乗ってこそエコでは無いのですか?と言う技術のある店を。

 

自分のショップはそこまでの技術があるかは?

お客様が弊社に来店して決めてください。

クルマを愛していれば分かるはず

 

注1

(reconとはリコンディションの略 日本ではリビルトと言うが英語では無い)

 

 

 

 


始動開始。

0009_3.JPG 0006_14.JPG0008_6.JPG

 

 

 

 

ようやく、腕も本調子と言えるくらいなり、 小生の愛馬もほぼ完成と言える状態である。

かなり、希望通りの仕上がりに満足している。

とにかく、軽く、とにかく、すり抜け、とにかく、

止まる。

 

これが、小生の条件。

良く出来てる。

細かい詰めは やはり、

いまいちな 友人だが。

でも、

自分にこの愛馬は完全に同期していると感じた。

 

単車は,

早くなければ、だめだ!と言う事も 再認識させられたかな。

カスタマイズはセンスと美学だけではダメ、乗れなきゃ、意味がない

駆けぬける歓びを感じてこそ、カスタマイズの原点ではないか?

 

さぁ、いよいよ 本格的にHP&BLOGも始動しますよ、今、

最新商品や、オリジナルパーツの紹介が出来るバナーを製作中

 

ご期待あれ!。