TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オーナーズブログ

OVER FENDER.

x-6-2.JPGのサムネール画像 x-6-1.JPG

 

  

 

 

 

 

 

 

かかってこい!

そんな言葉が聞こえてきそうな、グラマラスなボディ、ハーマン。SUVをここまで武装すると、かなりいやらしい気がする。

でも、小生はこのブリスターフェンダーは嫌いじゃない、小学生の頃からオーバーフェンダーが大好きだった。何でもかんでも。

ブリスター。

ただ、若さの基本はスタイル重視!そのこだわり以外は何も存在しない 大人は別だけどね、駐車場とか税金とか。

 

写真なんか見ると、ダクトが多い分、いっぱい虫が入ってきそう・・とか、せっかく4WDなのにエアロが低いとか思う人

それとも、駐車場に困るだろうなぁ、とか考える人?そう、思っている人はつまらない大人の仲間入りだよね多分。

 

さぁ、梅雨も折り返し、こんなクルマで砂浜を入ってみたりさ?、わざとオートキャンプに行ったりがこのクルマの 使い方。

イコール、演出かな。大人でしか出来ないし使い込んでこそ、また愛着。が生まれるってもんだろうさ、もったいない?

なら、ブランド品を買う時点で、もったいない!フランス人より、スイス人より、日本製の方が確実に良いし、優れてるよ。

現在、中国ではロレックスと同じ機械式時計が¥350?で作れる、みんなはロレックスだったらメイドインチャイナでも買うか?

好き と言えるものは金額では見出せないものなんだ、思い出だったり歴史に感動したり憧れの人が愛用している

理由もあり、。

 

 

 

そんな、人生を楽しめたらいいなぁ・・・と思う今日この頃。

いつまでも雨は続かないし、晴れない なんて無いと思う。

今は大変な時代 でも楽しむ事が違法ではないんだから、

 

とことん こだわることはいいことだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


国色?日本の色。

dbr-2.JPGdbr9.jpg dbr9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

まるで、口を開けた さかなじゃないのか?と思うほど、色とその造りが一致しないクルマだった。アストン

何故、グリーンなのか?やはり英国はグリーンが国色か?ジャグアー(ジャガー)に任せていられないのか?。

アストンまでもがグリーンか・・そう思いながらシャッターを切る。でもカッコイイ! この面といい誰にも似つかない

スタイルといい、文化でさえ感じる作りではないのか、。 日本のGTカーはいったい何がベースなのかすら

良く分からないのに、はっきり主張できるクルマ。ショーを観に行っても本当に 少ないと思う、何処の国

のクルマ?そんなのが最近はやたら多いのだ、ベンツも例外では無いだろうし、BMだって同じ事だろう。

 

そろそろ、我慢も限界だろ?

18万台売れたクルマ?要するに18万人が同じクルマに乗るって事だろう・・いつも 小生は口癖のように

言っているのだが、みんなと同じクルマだから安心、みんなと同じだからエコ。ではダメだよ、それじゃクルマ

社会が腐ってしまう、ベンツもBMもツインターボのハイブリットとか、NOS付きハイブリットとか作ってよ!これが

 

小生の願い。

 

ディーゼル(ヂーゼル)のハイブリットをヨーロッパでは開発中と聞いている。

もうすぐ、世界のトップであるトヨタが崩れる、そんな日が来るよ・・・

 

もう手遅れかもしれない、世界は日本製を買わなくなるからね、

早く気が付け!技術援助?技術流出だよ、足元が溶けている

 

のが、分からないのか?。

 

馬鹿だよな、輸出大国が、

一番ダメージを受けている。


EURO STYLE.

BMW1-1.JPG bmw1-2.JPG

bmw1-3.jpg

最近、ようやく、ディスクの前に座れるようになった。

 

実は、先週からギックリ腰ビックリ腰?だっけ?どち

らでもいいのだが、ひどく痛く寝ているとき以外は

仕事どころではない。それでも、小生は 頑張って

行ってきました!東京  お台場 ビックサイト!インポート

カーショーに。 しばらくの間は インポートカーショーの ブログ

が中心に、なるかもしれないが 今まで通りに お付

き合いしてください。  (好きな写真だけになるけど)

 これがスタディの135iのデモカー。以外にバランスがいい。

最近のトレンドとも言えるルーフブラックやボンネットブラックなど

を盛り込みながら、鉄板と言われるエアロで武装。内装

なんかは、言われて気が付く位にまとめてあったなぁ

bmw1-32.JPGスポイラーのフィッテイングなどは、あまり仙台との違いは

無い、でも色使いや、原色の使い方なんかは上手

だった。しかも 今年はやたらミニとBMWのオンパレード

だ!その中でも別格なBMを探すのは一苦労です。

 

そして、来週より、弊社は再編成をし、パワーアップ!

ホームページまでもが新しく生まれ変わります今まで

ランドローバーに興味が無かった人も是非、今後のカー

ライフ選びの一台に追加してほしいそんなホームページ

にいたしました。 これからも ますます凄いクルマを

世に出せるよう、頑張りますのでどうぞ、宜しくです。

 

7/1日は定休日だった!2日からの ホームページも、

寄り道して行ってね。・・・・相変わらず写真と内容

が、違うのは直らないようではあるが・・・・・・・・・。

 

 

 


H.D 100TH.

bike4.JPG納車準備中のH.Dです、えっ車屋さんでしょ?とっ

聞こえてきそうだけど、 小生の場合はエンジンさえ、

ついていれば何でもこなすくらいの勢いがあるのだ

 

FXDL, 100周年記念のアニバーサリーモデルハーレーだが、

フロントはパフォーマンスマシンの6ポット、リヤは同じくパフォマンスの4ポット、シート、CCバー、マスターシリンダー、ホース、マフラー、

ハンドル、などなど、フルに各部を変更し、納車するのだがもうしばらくかかりそうかな、だって車検取れなきゃ

カスタムしても、日本じゃ意味が無い。車検かぁ2年に一度の行事みたいなものかな(小生の場合は違うけど)

小生にとっては、車検は ただの通過点としか考えていない、2年に一度の整備で 良い訳ないだろうに!

こうやって、カスタムする事が良いと言っている訳でもない、フルストックがカッコ悪いとも違うが、ノーマルだって一年

一度は最低でも、診てもらってください!クルマは話せないのが普通だから!(小生はいつも話ししてるけど)

 

blogdata009.jpg 正直、バイクは得意では無い でも 弊社ユーザーの

声は基本的に何でも聞いてしまうのが、小生です

 

クルマが好きか、興味があるだけ、の区別はつくさ、

本当に信頼関係で成り立ってきたのだと、バイクを

観てそう 感じた。だってさ、バイクやります!何て

言った事ないのに、好きに やらせてくれるって、

これって 信頼関係でしょ?えっ、強制してるの?

 

 

どっちでもいいや。

だって、カッコいいから。

 

 

 

 

 

 


BMW E/G.

0001_10.JPG

ランドローバーに 力を貸せ!そんな言葉が聞こえて

きそうな、モアパワーを与えるエンジンユニットの写真です

これが 直6ディーゼルターボ&インタークーラー付きエンジン

M51 !.

2トン以上のある車体を動かすのに2500CCと言う

から、これには驚きだ、なぜ、ジャパンモデルは4000、

4600CCしか設定が無い?排気量が小さいければ

税金だって安いし、エコにもつながると思うんだけど。

 

0001_9.JPG東京都知事!へんな規制つくっちゃたからかも!? 

でもこのエンジンはそんなに新しい訳でもない、現在は

V8ディーゼルなんかもあるし、プラスしてツインターボまでも

存在してしまうから 凄さ倍増って感じかな!・・・・。

月曜日に納車になる ディーゼルレンジローバー。ですが、

オーナーになる方はとても小生の言葉を理解してくれる

付加価値。よく出てくる言葉だが、このクルマこそが、

弊社しか提供出来ない付加価値ではないだろうか。

決してモデル年式から言って安くない、下手したら

初期モデルの現行型レンジが買えてしまうかも・・・。

でも、この車輌の意味はもっと凄いのだと考える。

 

これは小生とユーザーとの間にある信用が生んだ、

クルマ。

 

限りある 資源ではあるが、もっと、この世には、

ハイブリットでは体感できないいいクルマが沢山ある。

 

一生は以外に短いもの、もし、そう感じたのなら

弊社に足を運んでみてください。

 

 

 

 

 


美学。

bentley1.JPG

ベントレー。英国のプライドとセンスがあふれているクルマ。

 

ウッドの色や使う場所、形、すべてに 美学を感じる。

なぜかと言うとわざわざ曲がっている場所にウッドを

貼っている、平面に貼った方が楽なはずなのに・・・

もちろん、日本の技術もかなり投入されているが、

だからと言って、日本の香りを感じさせない造りが

小生の心に火をつけてしまう。やっぱりセンスの違い

なのか、こだわる視点が違うのか、 もしかすると、

日本人とは目に映る色が違うのかも?まで考える。 

bentley2.JPG

色の使い方にまで、英国のセンスが出ていると思う。

フライングスパー、・・・。これが世界最速のファーストクラス

マシン!そう、これは駆けぬける楽しみを与えてくれる

最高のリムジンセダンだろうね!

 

女性はクルマの美学なんて理解しづらいだろうが、

男は、かなり 美学 と言う言葉に弱い しかも、

それが職人によるものって聞いた途端、プレミアが

ついてしまう位だろうな、そのぐらい 弱いのだ、。

美学かぁ、理屈ぽい 言葉かもしれないが、きっと

こだわる事自体に美学があるのだと思う要するに

大量生産なんか、考えないのも ある意味、美学。

 

日本人では 絶対造れないだろうね、こんなクルマ。

 

bentley3.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


L.S.D

DSCN0631.jpg通称、ランボスタイルドア。ランボルギーニカウンタックやディアブロ、ムルシエなどにも使用しているランボルギーニの特許とも言えるドア、これがBMW専用として発売している。

 この作業は,完全に ボディワークショップとの 共同作業

でないと絶対無理な作業である。ただ付ける事すら

絶対無理。

 

 

この商品の説明及び是非チャレンジしたい方を募集いたします。

キット内容としては、海外製品にしてはまあまあ良く出来てる。

ヒンジ左右、ドアの重さを支えるショックアブソーバーただ長い配線、

ドアストッパー、そして、ワーニングデカールなどが キット内容ですね。

でも、消耗頻度も考えており、通常は開閉が45度範囲開く。

それ以上開けるとダンパーの力で上に押し上げられる仕組み

そこが、ちょっと感激した、普通の体系の方はわざわざ上に

あげなくとも、乗り降りは可能では無いだろうか?多分・・。

 

DSCN0630.jpgでも、バラす量はハンパでは無いため、やはり納期はかかります。その分完成の歓びもかなりでしょう。

ミニ用などもあります!結構出てますよ、 在庫はありませんが商品到着に1ヶ月程度だと思います。

是非、この夏カブリオレとコラボしたら?確実に注目度アップでしょうね、夏の短さを考えると今がちょうど!

 

夏 じゃなくても、いいけどね。

 

過ぎ行く夏の短さ、今から、

考えてみるのも遅くないよ。

 

 

 


地下鉄。

underground1.jpg

英国では、アンダーグランド。米国ではサブウェイであろ。

英国が多分 地下鉄の元祖だと思うが、どうかな

第二次世界大戦中は、もう使用していたのだから

確実に日本や米国なんかは目じゃないだろう・・。

 

右横に見える電話ボックスだけど、このデザインは、

何から採ったか 分かるかい?

何かに似てないか、そう、墓石

日本では棺おけに似てるかな。

  

2008_09eng002.jpg

この、かまぼこのような電車が英国の地下鉄です。

大柄なイメージがあるが、中はホント狭い、だってトンネル

自体が小さいのだからしょうがないか、当時は鉱山

貨物列車として使われていたようではあるが・・・・。

それにしても小さい電車だったなぁ。(かわいいけど)

 

  

どんな物にも、必ず意味がある  小さく造る意味。

墓石のデザインである電話ボックス これにも意味が。

 

意味ある事を する。

意味ある行動をする。

その車を、選ぶ意味。

 

意味の無い、車選び

 

この写真を撮った意味。

 

必ず意味を持て、必ず。

こだわる事は大事な事。

 


P38 RANGE ROVER&BMW.

RANGEROVER1.jpgこの車輌は見たまんまのレンジローバー、通称P38と言われております。

だが、2月に訪英した際に購入してきた、これぞ本国モデルのP38です。

日本の場合、通常 ガソリンエンジンのみの設定となるがこの車輌は違う。

新車時からBMW製の直6ディーゼルエンジンが装着されているのだ、!

 

 

もちろん、エンジン以外はほぼ国内と同じ、唯一違うと言えば、フォグランプがある位置にオイルクーラーが電動ファン付きで装備されている。

rover2.jpg 

その為、最上級グレードをチョイスしてもファグランプは装着されない(社外品は別)。

あっ、もう1つ言い忘れていたけどメータースケールはマイルですよイギリスは、以外?

今、ジリジリ とガソリンが上がってきております、でも軽油は20円?30円位、

安くない?燃費だってガソリンエンジンの約1.8倍は 伸びる、超優れものです

 

小生は、SUVと言ったらランドローバーしか考えられない、でも毎日乗り回すには、本当の良さ が薄れてしまいそうな気がしてしまう

やはり理想は、ミニとレンジ、とかBMとレンジ、ジャガーとレンジの夫婦で2台パターンなどが理想だな?。維持費さえ無視すれば誰でも

可能ではないか?

まぁ、今の世の中ではとても無理かな、自動車税は高いし、保険料だって安くないしね(2台分って考えれば)でも 違うと言う方も。

燃費や、スタイル、スピードだけで選んでないよ、その車が持つすべてがいい・・・と 言う方も居るでしょうね、だから面白いんだと思う。

燃費で車を選ぶような人は絶対小生を理解する事は無理だろうけど、プリウスチャンは10万台突破だってよみんなお金持ってるじゃん

でも、正直、カッコ一緒で、燃費がいい!ならディーゼルはアリ?では無いでしょうか?(ディーゼルターボだしね。)家族も納得かもよ!。

 

このP38は即、売約となってしまった為、店頭にはお目見えする事はないが、写真などで、これからもご紹介していきますね!。

rover3.jpg 

 

 

 

 

  

不景気、って何故、起こる?何故、流行が生まれる?

時の過ぎ行くまま・・あるがままに、生きて行くかい?。

 

自分にあった物と一緒に。

質実剛健。

 

 

 


タイミングベルト。

0004_2.JPGこの写真、何の車か分かりますか?実はアウディA4アバントです。

作業内容は大した事ない、タイミングベルト&ウォーターポンプの交換。

なのにここまで分解してしまう、コンデンサーは外さない方向ですが。

事故車なみだよね、厳密に言えばヘッドライトの光軸だってズレるし。

整備性が良いのか?悪いのか?小生はいささか戸惑います。

 

BMWやBENZなどは タイミングベルトは存在しません、昔、BMWが使っていた事がありましたが、BENZは始めから使っていない。

ベルト交換はホント大変です。チェーンだったらこの手間がいらない(絶対ではないけど、たまに伸びる事もあるよね)し工賃も高い。

 

これを観た方は整備性が悪いと思いますか?それとも、確実な作業だと思いますか?・・どちらを選んでも間違いではないと思う

何故なら、車はプラスチックを使ったり、ゴムを使ったり、もちろん、鉄やアルミも使う、長い頻度で使用していれば 経年劣化がおきる、

外す量が多ければ リスクも多いだろう・・。でも狭い所で無理な工具を使い、タイミングのズレなどの心配するようならいっそ、・・・・・・。

 

結局、伝えたい事は、やはり専門店で行う事が間違いないのだ、最善の方法と最良の工具達で作業をしてもらう、これこそが1番

この後、アダプテイション作業も行う、専用テスターが無いショップはどうするのだろう?弊社はアウディについてはグリコのおまけ程度のテスター。

でも、初期位置のコーディングも出来ちゃう、でも、出来るとか出来ないとかじゃなくて、自動車の本質から外れていると思うんだ!。

 

バッテリーを交換したらランプが点くとか、助手席のドアを開けずに荷物を積むと着座センサーが・?とか、ちっとも楽しめ無くなっている。

昔はシートを平気で変えたり、ハンドル変えたり、アルミホイールは今も昔もとても高額だったのでステアリングホイールから変えるのは定番でした

ハンドル変えればこれまたランプ!

小生、テスターを使いこなす方だが、小生が治すのではなく、テスターが治す。

そんな気がして止まない、もし専門店スタッフがこのブログを読んでいるなら、

 

テスターは必要不可欠である事、間違いない!

だから、社長に無理言って買ってもらおうよ!

もう感で治したり、良くここ壊れるみたいだよ

 

とかではダメです!