TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
TECHART
JAGUARパーツカタログ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オーナーズブログ

春の高校野球。

小生は、あまり野球などは見ないのだが、今回に限り別である。

 

今回よりはじめて導入した21世紀枠、システムは良く分からないが小生が住んでいる目の前にある

高校が出場しているのだ。

決して、スポーツ選手推薦高校と言うわけでも無い 普通の公立高校です。もちろんベスト4入り

するなど、想像もしていなかった。いやぁ?何んだか、うれしい 母校でもなく、親戚、友人の子供が

通っているわけでもない、でも とにかくうれしい・・・そう思える日でありました。

 

 

仕事は? 暇な分けがない、いやっ違う 仕事は大した事は無い?

道路と陸事が大混乱、 月末のしかも 年度末!なのだから。

何故、 3月に年度末がある・・いつから? 何故、新学期は1月からじゃないんだろう??

 

自動車みたいに作動原理で理解する小生の頭脳では理解不可能です、 早生まれってほんと損。

発育には差が出るし、知能だって3月と4月じゃ1年近く遅れる・・・免許だって 最後の最後ですよ。

 

あれっ、何故か、月末の話から  早生まれは損、の話・・・・

 

 

 

明日はお休みします。(定休日)

応援には行けないけど、

頑張れ!利府高校!! 

 

 


HERITAGE MOTOR CENTRE !

2008_09eng075.jpg

現在に至る自動車の歴史を知る為の

ミュージアム!

 

自動車の発祥の地、って何処なんだろう?・・・

小生も良くわかっていなかった。

 

でも、小生の言葉で はっきりと言える事は、

スポーツカーではないだろうか?

1ボックスでもセダンでも、ステーションワゴンでもない・・・

ただ走る、 誰よりも 速く、誰よりも 遠く、それが自動車の原点だと思っている その事を考えさせてくれたのが、 ヘリテイジモーターセンター である もじどうり ヘリテイジなのだ。

小生が自動車の歴史を話すにはまだまだ若い、でも、50年前の人間がハイブリットを知ったら、たった

50年で ここまで進化するとは思っていないのでは?なども考える 要するに自動車の歴史は技術

の歴史に比例するのだ。

 

そう感じさせられた ミュージアムでした。

 

是非、 一度見学する事を オススメいたします。

 

ちょっと 遠いけど・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


 

DSC_3998.JPG

 本格始動は4月なのですが、いつの間にか、

もう、3回目になってしまいました。

 

ユーザー様のご依頼で、現在、135i のパワー

アップに取り組んでおります。

 

写真は弊社での作業ではありませんが これから

輸入していただく、インタークーラーの装着の様子

 

現在、ユーザーに もっとも効果があり、変化が現れ、しかも ドイツ車としての永きにわたるお付き合いが可能な商品構成を検討中。

 

早いもの勝ち!のような商品が出回っております デタラメなインプレッションや、データー、などなど

本物を見極めるのは難しいでしょうが・・・・・

 

ちなみに写真はショップ社員の車輌に装着し、これから 色々なデーター取りが始まるようです、

そこまでやっていただける ショップは以外に少ない。

 

やはり、ショップ選びは車輌選びと同様に非常に大切なものではないでしょうか?現在、商品に触れることなく、Webで売れていく時代、便利ではあるが 何かさびしいと感じてしまいます。

 

DSC_4109.JPG

まだ、定価などは決まってないようですが、ユーザーからはオーダーをいただいております。

 

弊社も良いものを見極め、より良い商品をユーザーの為に発掘に努力していきたいものです。

 

 

 

 


自己紹介!

CIMG3110.JPGのサムネール画像

写真に写っているのが、このブログ作者 本人。

 

弊社の代表でもあり、仕入れ担当でもあります

が、

でも1番自分らしい・・と感じているのはトラブル

シュートをしている時、かもしれない4?歳です。

 

もう、かれこれ 2数年 輸入車にドップリつかっ

ております。

クラフトマンシップと良く言われている ドイツ車をこよなく愛する でも、最近は変な車ばかり作る

イギリスにも興味をもっている、真っ直ぐでいて、でもいつも物足りない、と感じているのが 小生。

 

写真は2月にイギリスに訪英したとき、自分に良く似た、クリスという方が、経営しているショップで

撮影したもの。

お爺さんの代からランドローバーの工場に勤めて、その影響で、クリスはランディのレストアショップ

経営をしているそうです。 フレームからエンジンまですべてNew!しかも40年前のボディを乗せる

そうだ、小生が言えたぎりでは無いが かなりの 変態 である

 

こだわりこそ最高の 美学 が、とても好きなのが小生である

 

 

イギリス人って、7つの海を征した 海賊でしょ?  悪い人種?

ドイツ人って、言ったら やっぱり、  メッサーシュミットでしょ?

 

いつの話?・・・ やっぱり若くないよね。

 

 

 

 

 


4月より本格始動!

はじめまして、これから 少しづつではありますが、

普段 感じることや 自動車に対しての 思いなど

このページを利用して 配信したいと考えておりますので宜しくお願いいたします。

 

小生、普段はエンジニアとしても仕事をいたしておりますので専門用語などが出て

きてしまいますが、その辺はご理解してください!

自動車用語は訳せない事が非常に多いのです。

 

 

自動車は合理的な生活品、と思えない方の為に、

駆けぬける歓び!  を、提供していきます。